新生児の鼻づまり解消法!息苦しそうなときは母乳で対処するの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

新生児の赤ちゃんが鼻づまりになっていると、「もしかして風邪を引いた?」と不安になることがありますよね。新生児の鼻はとても小さく、風邪を引いていなくても、ちょっとした刺激ですぐつまってしまいます。そこで今回は、新生児の鼻づまりについて、息苦しそうにしている原因や、母乳を使う対処法などをご紹介します。

新生児が鼻づまりする原因は?母乳も関係ある?

疑問

新生児が鼻づまりしやすい原因はいくつかあります。そのなかで、代表的な原因をご紹介します。

鼻水が出やすいから

新生児は基本的に鼻呼吸をしていますが、鼻の粘膜がとても敏感です。室内の空気が乾燥していたり、掃除の後でホコリが舞っていたり、寒暖差があったりすると粘膜が刺激され、鼻水が出ます。

しかも、鼻水の分泌量は大人並みだとされています。そのため、鼻づまりを起こしやすいと考えられます。

鼻の発達が十分でないから

新生児の鼻は低く、穴も小さめなので、大人よりも鼻水がつまりやすい傾向にあります。つまり、新生児が鼻づまりしやすいのは、鼻水が出やすいのに加えて、鼻の発達がまだ十分でないことも原因だといえます。

母乳やミルクがまとわりつきやすいから

新生児期の赤ちゃんは、2~3時間おきに母乳やミルクを飲んでいるので、のどの周りに母乳やミルクがまとわりつくことがあり、それが鼻づまりのもとになることもあります。

母乳やミルクを飲みすぎだから

新生児は大人と違って胃が未発達であり、常に寝ている体勢なので、母乳やミルクを飲ませすぎると逆流してしまいます。

その結果、吐き戻したり、口から垂れてくることがありますが、なかには逆流した母乳やミルクが鼻腔に入ってしまい、それが粘膜を刺激して鼻づまりを起こしてしまうことも考えられます。

風邪を引いているから

新生児はママからもらった免疫があるため、風邪を引かないといわれています。しかし、絶対ではありません。風邪が原因で鼻づまりを起こしていることもあります。

新生児が鼻づまりで息苦しそうなときの対処法は?

新生児 鼻 鼻水 鼻づまり

新生児が鼻づまりで息苦しそうにしていたり、鼻水がダラダラ流れていたりするときは、吸い取ってあげましょう。

息苦しそうにしていなければ、鼻づまりの元になっている鼻くそなどは自然と取れることもあります。

鼻づまりの原因となっている鼻水や鼻くそは、無理に取ると傷つける可能性もあるので気をつけましょう。新生児が鼻づまりで息苦しそうにしていたら、以下の対処法を参考にしてくださいね。

鼻水吸引器で吸い取る

新生児の鼻づまり対処法の一つとして、鼻水吸引器で鼻水を吸い取る、という方法があります。ただし、新生児の鼻の粘膜はとてもデリケートなので、1~2回ほど吸っても出てこないようなら、無理せず中断しましょう。

なお、鼻水吸引機器には電動のものと、ママやパパが息を吸い込む力で吸引するタイプの2種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

綿棒で取る

新生児が鼻づまりを起こし、鼻の穴の入り口近くで鼻水が固まっていたり、鼻くそが付いていたりするときは、綿棒や先の丸いベビー用ピンセットなどでやさしく取りましょう。

鼻の少し奥に鼻くそが見えていると、ついつい取りたくなってしまいますが、無理に取ると鼻の中の粘膜を傷つける恐れがあるのでやめてくださいね。

蒸しタオルでふやかす

新生児は、鼻の奥や入口で鼻水が固まってしまい鼻づまりになることがあります。そんなときは、蒸しタオルを鼻にあてて鼻水をふやかしたり、こよりで鼻の入口付近を刺激してくしゃみをさせたりするのも鼻づまり対策として効果的です。

新生児の鼻づまりは母乳で対処できる?

ママ 親子 赤ちゃん 搾乳

上記以外にも、新生児の鼻づまり対処法として、「母乳点鼻薬」というものがあります。

母乳点鼻とは、ママの母乳を少しだけ絞り、細いスポイトなどを使って新生児の鼻に2~3滴入れる方法です。母乳を入れた後は、軽く鼻をつまんで優しく揉んであげると、ティッシュやベビー用の綿棒などで固まった鼻水や鼻くそが取れやすくなることがあります。

母乳はママの血液から作られているため、血液中に含まれていた抗炎・抗菌作用のある成分が母乳にも含まれていて、炎症による鼻づまりに効果的だという考えから母乳点鼻という方法が生まれたようです。

ただし、この方法でも鼻づまりが改善しないことがあります。また、肌や粘膜が弱く薬もまだ飲めない新生児が、鼻づまりが原因で夜中に眠れない場合などに行う、あくまでも一時的な対処法です。

あまりに症状がひどいときや鼻づまりが長期間続く場合は、小児科を受診しましょう。なお、母乳点鼻を実際に行うときは、必ずしぼりたての母乳を使いましょう。粉ミルクでは代用できないので注意してくださいね。

新生児の鼻づまりの予防法は?

グッズ ルーペ 調べる 発見

新生児の鼻づまりを予防するには、室内環境を見直すことが大切です。空気の乾燥が鼻づまりの原因になるので、目安として、加湿器を使って部屋の湿度を50~60%に、室温は20~22度に保ちましょう。

加湿器がない場合は、水に浸して絞ったタオルを部屋にかけたり、お湯を張ったボウルを置いたりするだけでも効果がありますよ。

また、ホコリやハウスダストが多いのも新生児が鼻づまりを起こす原因になるので、布団クリーナーや空気清浄機を利用し、こまめな換気で空気を清潔に保つことが大切です。

新生児の鼻づまりで注意することは?

赤ちゃん 病院 受診 診察

新生児が鼻づまりを起こしているときは、しっかりと症状を把握しましょう。以下のような症状がある場合は注意が必要なので、赤ちゃんの様子をみて病院を受診しましょう。

鼻水に色がついている・熱がある

鼻水に色がついているときや、38度以上の熱を伴っているときは、ウイルスが原因で風邪を引いていることがほとんどです。長く続くと中耳炎になることもあるので、鼻水の色をよく確認し、熱もしっかり計っておきましょう。熱がなくても、色がついた鼻水が続くときは、耳鼻科を受診してください。

いびきをかいている

新生児がいびきをかいているときは、アデノイドという、鼻と喉の中間にあるリンパ組織(咽頭扁桃)が腫れている場合もあります。ただし新生児には稀で、2~5歳くらいに特に多いといわれています。

アデノイドが肥大する原因は明確ではありませんが、新生児期以降では免疫作用を高めるために起きることがあり、そのために鼻水・鼻づまりといった症状が出ることもあるようです。

鼻呼吸をすることが難しいと、口呼吸をしてしまい、風邪を併発させることがあります。いびきが異常に大きい場合は睡眠時無呼吸症になっていることもあるので、息苦しそうな場合は小児科に相談すると良いでしょう。

新生児の鼻づまりをケアして鼻呼吸をしやすくしよう

赤ちゃん 新生児 目 寝顔 睡眠

新生児は口呼吸が苦手なので、鼻づまりになってしまうととてもつらそうですよね。こまめに鼻づまりをケアし、室内環境を見直すことで、鼻呼吸をしやすくしてあげましょう。

新生児期は、色々と判断に迷うことも多いですが、特に鼻水は風邪かどうかわかりにくいこともあります。早めに対処すれば、すぐに症状が緩和することや、風邪の場合は悪化させずに済むこともあるので、よく経過を観察しておきましょう。

新生児に鼻づまりなどの気になる症状が続いたときは、1ヶ月健診で医師に相談してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう