赤ちゃんの鼻水吸引の方法は?病院で行う?口で吸ってもいい?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんが鼻水・鼻づまりでつらそうにしていると、なんとかしてあげたいですよね。赤ちゃんはまだ自分で鼻をかむことができないので、周りの大人が上手に吸引して鼻水を出してあげなくてはいけません。今回は、赤ちゃんの鼻をスッキリさせるための鼻水吸引方法とケアのコツ、注意点などについてご紹介します。

赤ちゃんの鼻水は吸引したほうがいい?

新生児 鼻 鼻水 赤ちゃん

赤ちゃんは鼻の中の粘膜が敏感なので、空気の乾燥や気温の変化に反応して、すぐに鼻水が出てきます。そして、体に侵入してきた細菌やウイルスを排出する役割を持つ鼻水をとらずにそのままにしておくと、鼻の中で細菌やウイルスが繁殖して副鼻腔炎・中耳炎に発展することがあります。

また、鼻水が耳のほうに流れて中耳炎になる危険性もあります。赤ちゃんは基本的に鼻呼吸をしていて、鼻がつまってしまうと呼吸がしづらくなり、夜寝るときに息苦しさで眠りが浅くなってしまうこともあります。

鼻水がたまっている状態は赤ちゃんにとって望ましくないため、こまめに鼻水を吸引してあげることが大切ですよ。

赤ちゃんの鼻水吸引は病院にお願いしてもいい?

赤ちゃん 病院 医師 診察 お医者さん

赤ちゃんの鼻水の状態をこまめにチェックして、鼻水が出ていたり、鼻づまりを起こしていたりしたら吸引してあげてください。鼻水吸引を効果的にしっかりと行える方法は、耳鼻科にある専用の器具で吸引してもらうことです。

耳鼻科なら鼻の奥にたまっている鼻水も取り除けるので、赤ちゃんもすっきりできます。「鼻水くらいで病院に行っていいのかな…」とためらってしまうかもしれませんが、耳鼻科ではきちんと対応してもらえるので、遠慮せず足を運んでみてください。

ただ、赤ちゃんが鼻水を出すたびに病院に行くのは、現実的ではありませんよね。そこで、普段はホームケアで鼻水を吸引してあげて、ひどいときに耳鼻科を受診するようにするのがおすすめです。

赤ちゃんの鼻水吸引を家で行う方法は?口で吸う?

赤ちゃん 新生児 鼻水 吸引

赤ちゃんの鼻水吸引は家でも行うことができ、それほど難しくありません。以下の方法から、自分ができそうなものをぜひ見つけてみてください。

鼻水吸引器を使う

赤ちゃんの鼻水を吸うための鼻水吸引器は、ドラッグストアやベビー用品店などで市販されています。上手に活用してみてくださいね。

スポイトタイプ

安価で手軽に使えますが、吸引力が強くないので、鼻水の量が多いと何回も吸引する必要があります。

ストロータイプ

ストローの一端を赤ちゃんの鼻に入れ、もう一方の端を大人が口で吸います。慣れるまではうまく使えないかもしれませんが、コツをつかめば、比較的簡単に鼻水を吸引できるようになります。

電動タイプ

ストロータイプの電動式。口で吸う代わりに、電動で鼻水を吸引してくれます。便利で効果的ですが、高価なうえ、本体が大きいものだと場所をとるデメリットがあります。

ティッシュやガーゼでかき出す「お鼻スルスル」

ティッシュやガーゼでただ拭くだけだと奥の鼻水を取れませんが、少しの工夫で奥の鼻水を取ることができますよ。

まず、ティッシュやガーゼを縦に4つ折りにして帯状にして、上の端に人差し指をかけて赤ちゃんの鼻の穴に軽く当てます。鼻に当てた手は固定したままで、反対の手でティッシュのもう一端を下に引っ張り下げます。

こうすることで、粘り気のある赤ちゃんの鼻水は、ティッシュやガーゼにくっついてひっぱり出されていきます。この方法は、スルスルっと巻き取る様子から「お鼻スルスル」という名前で呼ばれています。

鼻水を何度もティッシュがガーゼでとっていると、鼻の下の肌が荒れてしまうことがあります。そんなときは、ベビーオイルやワセリンを塗ってあげてください。

口で直接吸い取る

赤ちゃんの鼻に、大人が口をつけて直接吸い取る方法です。

吸引力が強く、簡単にできる方法ですが、吸引した大人にウイルスが感染する可能性があるので、鼻水で赤ちゃんが眠れないなど生活に支障があるとき以外は、できるだけ行わないようにしましょう。赤ちゃんが鼻水で苦しそうで、周りに何も道具がないときなど、やむをえないときの手段として行ってください。

口で吸う方法としては、吸わない方の鼻の穴を押さえて、もう片方の鼻の穴から鼻水を吸います。そして吸った後は、鼻水を吐き出しうがいをします。

くしゃみをさせる

鼻水を吸引器で吸われることを嫌う赤ちゃんには、くしゃみをさせて鼻水を出すという方法を試してみるといいかもしれません。やり方は簡単で、ティッシュの先を細長くしてこゆりを作り、その部分を鼻の中に入れやさしく動かします。

すると、赤ちゃんがくしゃみをして、奥に詰まっている鼻水を出してくれることがあります。こよりを鼻の奥に入れすぎないように注意してください。

赤ちゃんの鼻水を吸引しやすくするには?

赤ちゃん お風呂 沐浴 バス

赤ちゃんの鼻水を吸引する際に、鼻の通りをよくしておくと、吸引がスムーズにいき、赤ちゃんにかける負担を減らすことができます。

例えば、蒸しタオルを赤ちゃんの鼻の下に当て、蒸気を鼻の中に通すと、自律神経系の反射で鼻の通りがよくなります。また、お風呂あがりも同様に鼻の通りがよくなっています(※1)。

横になっている赤ちゃんの背中から頭の下あたりに、クッションや折りたたんだタオルを敷いて上体を軽く起こした状態にしておくことも、鼻通りをよくすることにつながりますよ。

手間がかかって大変かもしれませんが、赤ちゃんができるだけ苦しまずに鼻水を出せるように、鼻水を吸引する前にぜひ鼻通りをよくしてあげてください。

赤ちゃんの鼻水吸引で健康な生活を

赤ちゃん ママ 笑顔

鼻水をとらずに放っておくと、稀に病気をこじらせてしまうこともあります。赤ちゃんが鼻水を出していたら、鼻水吸引器やティッシュなどを使って、こまめに吸引してあげましょう。

日頃からきちんと鼻水を吸引しておいてあげれば、赤ちゃんが鼻水や鼻づまりで苦しむことも減ります。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、赤ちゃんのためにもきちんと鼻水を吸引してあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう