妊婦がりんご病にかかると危険?妊娠後期でも胎児への影響がある?

「りんご病って子供の病気じゃないの?」と思うかもしれませんが、大人が発症することもあります。りんご病というかわいい名前とは裏腹に、大人になってからかかると症状が重くなる危険性も。特に妊娠中にりんご病を発症すると、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与える恐れがあります。二人目を妊娠中の人は、上の子が保育園や幼稚園などで感染して、家庭内感染を起こしやすいので注意が必要です。今回はりんご病はどういう病気か、妊娠中に感染したときの胎児への影響、発症した場合の対処法などをご説明します。

りんご病とは?大人も感染するの?

りんご

りんご病は、正式名称は「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」といい、「ヒト・パルボウイルスB19」というウイルスが原因で発症する感染症です。ほっぺたに蝶の羽のような紅斑が現れるのが特徴で、その様子がりんごのように見えることから、この名前がつけられました。

もっとも感染しやすい年齢は5〜9歳で、次いで0〜4歳が多く、ほとんどの人が子供のときに感染します(※1)。一度感染すると抗体が作られるので、大人になってから感染することはないといわれていますが、感染したことがない人やきちんと免疫が作られなかった人は、おとなになってからでも感染することがあります。

大人のりんご病は症状が重くなる?

妊婦 痛い

子供のりんご病は、顔や体に紅斑が出るのが特徴で、微熱や倦怠感など風邪のような症状を伴いますが、それほど重い症状は現れません。

大人の場合、紅斑は出ないことが多く、子供と同じように軽い微熱程度ですむことがほとんど。しかし、まれに重症化することがあり、紅斑が出て関節の腫れ・痛み、頭痛などが現れます。関節の痛みがひどくなると数日間は歩けなくなるほどに。

りんご病の潜伏期間は長く、感染してから症状が現れるまで10〜20日ほどかかります。実は症状が現れる前の潜伏期間が一番感染力が強いので、りんご病に感染していることに気づかないまま感染が拡大するケースがよくあります。

妊婦のりんご病は胎児に影響がある?

リスク

大人のりんご病でもっとも注意したいのが妊娠中の感染です。妊婦さん自身は紅斑が出たり、風邪の諸症状が現れたりするだけで問題はありませんが、お腹の赤ちゃんに「胎児水腫」と呼ばれる深刻なトラブルを引き起こす恐れがあります(※1)。

ヒト・パルボウイルスB19は、赤血球のもとになる「赤芽球」という細胞に感染します。このウイルスが赤芽球を破壊すると、妊婦さんの体内では一時的に赤血球ができなくなります。そうすると胎盤への血液供給がうまくいかなくなり、胎盤を経由して赤ちゃんにも感染。赤ちゃん自身の赤血球も減少して胎児貧血を起こし、さらに重症化すると体内に水がたまって全身がむくみ胎児水腫を起こしてしまうのです。

胎児水腫は、最悪の場合には流産を招きます。感染から4〜6週後に胎児が死亡する確率が高いといわれおり注意が必要です。2011年に行われた厚生労働省の調査では、りんご病にかかった妊婦さんのうち7割が流産や死産に至ったと報告されています。

頬や体が赤くなり、風邪のような症状が出ることもある伝染性紅斑(リンゴ病)に妊娠中にかかり、胎児に感染した女性が2011年に69人確認され、うち約7割の49人が流産、死産していたことが厚生労働省研究班(主任研究長・山田秀人神戸大教授)の全国調査で、5日分かった。(中略)

69人のうち家族もリンゴ病にかかっていたのは37人。このうち34人が子供だった。育児中の妊婦が子供から感染するケースが多いとみられ、研究班は、風邪の症状がある人に近づかず、定期的に健診を受けるよう、妊婦に注意を呼び掛けている。(中略)

妊婦健診を実施する全国2714施設に、妊娠中のウイルス感染について11年を対象に調査した。回答があった1990施設を分析した結果、母から胎児へのパルボウイルスB19感染を69人確認。うち35人が流産、14人が死産、3人が中絶で、残り17人が出産だった。妊婦の半数はリンゴ病の症状がなかった。

出典: 日経新聞 ( www.nikkei.com )

妊娠初期・中期・後期を問わず、りんご病の予防を心がけよう

グッズ マスク 風邪 予防

りんご病は、妊娠初期に感染するほうが胎児の異常による流産を引き起こしやすいといわれています。しかし、妊娠中期・後期での胎児感染が起きるとの報告もあるので、妊娠中は継続的な予防が大切です。

妊娠を希望する、あるいは妊娠がわかったら、りんご病の免疫があるかどうかを調べましょう。免疫検査で簡単に調べることができますよ。

免疫がなかったときは感染を防ぐために外出時はマスクをして、家に帰ったら手洗いうがいを徹底しましょう。子供が多く集まる場所で感染が広がりやすいので、子供たちの側には近づかないようにしてください。上の子供の送り迎えで幼稚園や保育園に行くときは、マスクを着用し、手洗い・うがいをしっかりしましょう。

妊婦がりんご病を発症したときの治療法は?

妊婦 病院 診察

どんなに予防していても絶対に感染を防げるわけではありません。りんご病にかかってしまったら、発熱や関節痛、頭痛などの症状をやわらげる薬を飲みながら安静にして自然治癒するのを待ちます。

治療中はママの体よりも、お腹の赤ちゃんの状態を細かくチェックすることが大事です。一般的に、感染してから最低10週間は、週に1~2回の超音波検査をします。赤ちゃんに影響が現れる場合は、感染後しばらくしてからなので、長い期間様子を見る必要があるのです。

妊娠週数が33週を過ぎている場合は、様子を見ながら早めに出産をして治療を行う選択肢もあります。

妊婦のりんご病は感染予防が第一

妊婦 リラックス 健康 安静

りんご病にかかると対症療法で安静にするしかないため、感染を予防することが一番大切です。赤ちゃんに感染する可能性があると思うと不安が募るかもしれませんが、まずは免疫があるのかどうかを把握して、その上で予防に努めることが必要です。

りんご病自体は感染力がそれほど強いものではないので、きちんと予防を心がけていればある程度防ぐことはできます。他の病気と同じように、健康的な生活を心がけていれば自分を守ることにつながりますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう