赤ちゃんのロンパース!いつからいつまで?着せ方は?肌着もある?

赤ちゃんが着るつなぎのようなベビー服の「ロンパース」。大人の服とは異なる仕様なので、初めての子育てだと、いつからいつまで赤ちゃんに着せるものなのか、どう着せたらいいのかなどを迷ってしまいますよね。そこで今回は、赤ちゃんにはいつからいつまでロンパースを着せたらいいのか、上手な着せ方、肌着もあるのかなどについてご紹介します。

赤ちゃんのロンパースとは?肌着もある?

赤ちゃん ロンパース

赤ちゃんが着る「ロンパース」とは、トップスとボトムスが一体になったベビーウェアのことを指し、「ボディスーツ」と呼ばれることもあります。

ロンパースの上下がつながっているデザインは、着くずれたり、はだけたりする心配がありません。抱っこやおんぶをしても、お腹が出ることがありませんよ。

また多くのロンパースには、股の部分にボタンやスナップがついているため、赤ちゃんのおむつの交換も簡単にできます。

生地は厚めの長袖から薄手の半袖まであり、肌着としてもアウターとしても販売されています。赤ちゃんに着せるときは、季節に応じたロンパースを着せてあげたいですね。

赤ちゃんはロンパースをいつからいつまで着られる?

ロンパース 赤ちゃん

ロンパースを赤ちゃんが着ることができるのは、生後3ヶ月~2歳半頃の間とされています。

生後3ヶ月頃は、前開きになって紐で結ぶタイプやスナップボタンで留めるタイプのロンパースを選ぶと、首のすわっていない赤ちゃんにも簡単に着せられます。

また、赤ちゃんの月齢が低いうちは、うんち漏れやよだれですぐに汚れてしまい、洗濯回数が多くなりがちなので、ロンパースも2~3枚は用意しておくといいでしょう。ただしすぐにサイズアウトしてしまうので、赤ちゃんの様子を見ながら徐々にサイズアップをして揃えていくといいですね。

ロンパースは2歳半頃まで着ることができますが、赤ちゃんがハイハイやあんよをできるようになると動きが活発になり、ロンパースではおむつ替えや服の着せ替えが大変になります。

そのため実際には、2歳をすぎる頃からロンパースではなく、上下分かれたセパレートタイプのベビー服に切り替えていく人が多いようですよ。

ロンパースのサイズの目安

● 生後3ヶ月~:60~70
● 生後6ヶ月頃~:70~80
● 1歳頃~:80~90
● 1歳半~2歳頃:90~95

赤ちゃんのロンパース、着せ方が知りたい!

赤ちゃん 夏 ロンパース

実際に赤ちゃんにロンパースを着せるときは、どのような組み合わせにすればいいのでしょうか。ここでは、季節ごとの上手な着せ方についてご紹介します。

春・秋の着せ方

春や秋は、長袖のロンパースがちょうどいいでしょう。季節の変わり目は昼と夜の寒暖差が比較的大きいため、ロンパースにプラスして一枚羽織るなど、状況に応じて着せてあげてください。

暑いときもあるので、汗を吸収してくれるように肌着をインナーに着せてあげましょう。長袖の肌着の上に、半袖のロンパースを重ね着するのもいいですね。

春ならパステルカラー、秋なら木の実のような落ち着いた色合いのロンパースを選べば、季節感を出したおしゃれを楽しむこともできますよ。

夏の着せ方

真夏は、半袖ロンパース1枚でも過ごせます。汗をよく吸ってくれる薄手の綿素材で、さらりとした手触りのものを選んであげましょう。気温に応じて、タンクトップ型の肌着の上に半袖のロンパースを重ねてもいいですね。

夏用の薄手の半袖ロンパースは肌着としても1年中着ることもできるため、多めに買っておいてもいいアイテムです。

冬の着せ方

冬のロンパースにはあたたかい素材のものを選びましょう。裏起毛やベロア、フリース、ニット素材のロンパースを着れば、1枚でもあたたかく過ごすことができますよ。

ただ、防寒性に優れた素材は汗をあまり吸わないので、夏用ロンパースを下着代わりに着用するのがおすすめです。赤ちゃんの足元が寒そうなときは、ズボンやレッグウォーマーを着せてあげると体温調節がしやすいですよ。

赤ちゃんのロンパースは状況に合ったものを

赤ちゃん ロンパース ベッド

ロンパースは、いかにも赤ちゃんらしいアイテムで、着ているだけで赤ちゃんの可愛らしさを倍増させてくれるようですよね。最近は凝ったデザインのもの、機能性のいいもの、素材のいいものなど種類も豊富にあります。

季節やライフスタイル、赤ちゃんの年齢や成長度合い、あるいは好みに合わせて、ちょうどいいロンパースを着せてあげてくださいね。

赤ちゃんのほんの少しの期間だけ着られるロンパース、今しかできない色々なコーディネートにチャレンジして、育児を楽しみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう