先輩ママの産後ダイエット体験談!産後痩せる時期は2、3ヶ月?

産後にダイエットをするママは多くいますが、なかなかうまくいかなかったり、続かなかったりして、諦めてしまうこともありますよね。産後は体が完全には回復していないので、自分にあった方法で無理せず継続的に行うことが大切です。そこで今回は、産後のダイエットの方法や体験談、痩せやすい時期についてご紹介します。

産後に痩せる時期はいつ?産後2、3ヶ月からがいいの?

カレンダー 日付 期間

妊娠中から歪んでしまった骨盤は、分娩を通してさらに緩んでいますが、産後6ヶ月頃までには骨盤の締りや周辺の筋肉が安定してきます。また、妊娠中に赤ちゃんを守るためについた脂肪は、筋肉質ではなく流動的なので、燃焼しやすいとされています。

そのため、体が変化しやすい産後6ヶ月までが特に痩せやすい時期と言われています。

ただし、産後1ヶ月はママの体力が落ちているので、産後すぐにダイエットを始めるのは控えましょう。1ヶ月健診で医師から体が順調に回復していると判断してもらってから、つまり産後2、3ヶ月からダイエットを始めるのが安心ですよ。

産後2、3ヶ月のダイエットのコツは?

赤ちゃん ママ 抱っこ 日本人

産後太りは、骨盤の歪みにより代謝が落ちていることが大きな原因と考えられます。また、妊娠中から運動不足が続くことで筋肉量が減り、基礎代謝が落ちていることも一因です。

産後ダイエットの方法は、通常のダイエット同じように運動と食事で行うことがほとんどですが、産後ダイエットを成功するコツは、「体重を減らす」というよりも、子宮の回復を優先しながら「歪んだ骨盤や姿勢を整える」ことです。

軽いストレッチや運動をして、歪んだ骨盤や姿勢を整えることで、痩せやすい体を作ることを意識しましょう。痩せることばかり優先をすると体調を崩してしまうこともあるので、無理のない範囲で行うことが大切ですよ。

産後2、3ヶ月のダイエットの体験談!

女性 ダイエット メジャー

ここからは、産後2、3ヶ月におすすめのダイエット方法と体験談をご紹介します。

骨盤矯正

骨盤を正しい位置に戻すことで代謝を上げて、痩せやすい体を作りましょう。

骨盤ベルトやガードルを履いたり、骨盤スクワットや骨盤体操を行ったり、整体に行ったりするなど、骨盤矯正の方法は色々あるので、育児や家事の隙間時間を使って、無理なくできそうなものを試してみてくださいね。


産後に毎月1回整体の先生に家に来てもらい、骨盤矯正整体をしてもらっていました。骨盤矯正整体をしたら、骨盤周りがマイナス8cmでした!

Iさん 30代

ヨガ

ヨガには、体調を整えて体を引き締める効果が期待できます。硬くなった体がほぐれるので、リラックス目的で行うママが多いようです。

また、ヨガの教室に通うと他のママたちに会えるので、育児中の気分転換にもなりますよ。


育休中に外に出たくて、地域の子連れヨガ教室へ行きました。教室へは子供を連れて行けるという安心感があり、すごくリフレッシュできました。肩こりや腰痛、体の重みが軽くなり、すごくすっきりするので、しばらく通っていました。

Sさん 30代


妊娠中にマタニティヨガに通っていて、心と体がすっきりするのを体感していたので、産後もヨガに通いました。体重への影響は分かりませんでしたが、抱っこや授乳でガチガチになっていた体がほぐれて、気分もすっきりしてよかったです。

Yさん 30代

食事制限

産後は、子宮による胃の圧迫がなくなるため、食欲が出やすくなります。また、母乳育児をしている場合はカロリーを消費するためますます食欲が出てきます。

しかし、食欲のままに食べたいだけ食べていると一気に太ってしまうことも。まずは自分がどれだけ食べているか、食べたものを記録してみましょう。思っている以上に食べていることを実感することで、食事のバランスを整えることができますよ。

ただし、過度な食事制限は体調を崩すことにもつながりかねないので、無理のない範囲で行いましょう。食事制限は、あくまでも食べ過ぎを防ぐために行ってくださいね。


産後に思ったより体重が落ちなくて少し焦ったので、食事制限を始めました。産後3ヶ月頃から、昼は野菜スープのみ、間食なし、白米少なめという食事メニューを、運動と並行して行っていました。体重は減ったものの、途中で体調を崩してしまい…。食事量は通常に戻し、間食をしないというスタイルに変えました。

Sさん 30代

母乳ダイエット

母乳育児をすることで、ママの体重が減ることがあります。母乳をつくる、母乳を乳房からポンプのように押し出すという体の働きによって、運動をしていなくてもかなりカロリーを消費することができるようですよ。


産後ダイエットの目的ではありませんが、産後2ヶ月頃から完全母乳育児にしました。母乳育児を始めてから、食べても食べてもすごくお腹が空いて、体重も減ったので驚きました。ただ、卒乳後は体重が減らなくなるので、他のダイエット方法を並行した方が良いと思いました。

Yさん 30代

産後2、3ヶ月のダイエットの注意点は?

胃痛 女性 腹痛 日本人

産後にダイエットをするときの注意点は、焦って無理をしないことです。

産後の体の回復には、個人差があります。自然分娩と帝王切開でも動けるようになる時期が異なるので、他の人と比べずに、しっかりと体が回復してからダイエットをするようにしましょう。

産後すぐは、昼夜問わず赤ちゃんのお世話が始まるので、ただでさえ体調を崩しやすい時期です。産褥期にあたる産後1ヶ月は、補正下着で骨盤回りを整えたり、食事の栄養バランスに気を遣ってみたりと、できることから始めてみてくださいね。

運動をする場合は、1ヶ月健診で医師から運動しても良いと判断されてから。まずは家のなかで、無理のない範囲で始めましょう。

産後のダイエットは自分に合った方法を取り入れよう

日本人 体操 産後ダイエット 運動

産後のダイエットは、これまで紹介したもの以外にも、スポーツジムや産後ママ向けの教室などで様々な運動を行っています。バランスボールを使って、骨盤の位置を固定しながら腹筋を鍛えるという方法もありますよ。

食事内容の見直しや運動など、方法はたくさんありますが、何よりも大切なことは継続させることです。劇的な変化よりも、わずかな変化を続けることが、産後ダイエット後の体型維持にもつながります。コツコツと続けるためにも、自分に合ったダイエット方法が見つかるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう