おひなまきの巻き方は?いつまでできる?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

「おひなまき」という言葉を知っていますか?元々、トコちゃんベルトのメーカーとして有名な有限会社青葉が開発した、メッシュ素材のおくるみ用の布製品の名前でしたが、今では赤ちゃんを自然な形で寝かせる方法として親しまれ、一般用語として浸透しつつあります。今回は、そんなおひなまきの巻き方・やり方や、いつまで効果があるのかなどをご紹介します。

おひなまきとは?

おひなまき おくるみ 寝かしつけ

おひなまきとは、赤ちゃんがママのお腹にいたときと似た姿勢を、布でくるむことによって再現してあげる方法です。

赤ちゃんは子宮の中にいるときには、手足を曲げて丸まった状態で過ごしています。しかし、赤ちゃんは生まれてから布団やベッドなど、平らな場所に寝かされることが多く、不安を感じます。

そのためおひなまきでママのお腹の中の姿勢を再現してあげることで、安心してぐっすり眠ったり、泣きやんだりする効果があるとされています。

手足が動く範囲を制限してあげることで、突然「ビクッ」と体が動くモロー反射を抑える効果もあります。

また、仰向けの姿勢を保てるために、うつぶせ寝になる心配も少なく、SIDS(乳幼児突然死症候群)の予防にもつながると考えられています。

おひなまきのように、赤ちゃんの体を丸くして寝かせる方法は実は昔からあり、日本では嬰児籠(いじこ)、欧米ではスワドリングと呼ばれています。

おひなまきの巻き方・やり方は?

そんな便利なおひなまき、どのようにして赤ちゃんをくるめばいいのでしょうか。

この章では、おひなまきの巻き方・やり方と、赤ちゃんをくるむ際の注意点についてご紹介します。

おひなまきの巻き方・やり方

1. 長方形の布を横に広げ、布の上から赤ちゃんの頭が出るように、真ん中より少し上に赤ちゃんを寝かせる
インフォグラフィック おひなまき おくるみ

2. 左右どちらかの上の布の角を持って、持った方と反対側の赤ちゃんの足の付け根当たりをめがけて包み、お尻と背中の後ろに布を挟む
インフォグラフィック おひなまき 巻き方 おくるみ

3. 反対側も同様に包む
インフォグラフィック おひなまき 巻き方 おくるみ

4. 足を「あぐら」の状態か、足の裏同士をくっつけるような形に整える
5. 布の左右どちらかの下の角を反対側の首元に持ち上げる
インフォグラフィック おひなまき 巻き方 おくるみ

6. 反対側も同じように下から斜め上に布を持ち上げ、首の後ろで固定する
インフォグラフィック おひなまき 巻き方 おくるみ

おひなまきをするときの注意点は?

疑問 はてな クエスチョン 黒板 豆電球

おひなまきをするときの注意点は、赤ちゃんを布できつく巻きすぎないことです。

赤ちゃんが不安を感じない程度に手足を固定することは必要ですが、きつすぎると赤ちゃんが息苦しくなったり、手足の自由がなさすぎてストレスが溜まったりしてしまいます。

かといって、緩すぎるとほどけやすくなってしまうので、完成したら隙間にママの手のひらが少し入る程度の余裕があるか確認しましょう。

また、赤ちゃんは体温調節の機能が未熟なため、大人よりずっと暑がりです。おひなまきをする際は、服の枚数を少し減らす、上にかける布団やブランケットを取るなど、外気に応じて調節してあげましょう。

おひなまきはいつまで効果がある?

ベビーマッサージ 赤ちゃん ママ

おひなまきは赤ちゃんの首がすわって、手足をバタバタ動かしたくなる生後3~4ヶ月頃まで使われることが多いようです。モロー反射もこの頃までになくなるといわれています。

生後4ヶ月をすぎたらおひなまきを続けてはいけないというわけではないので、赤ちゃんが心地よく、ぐっすり寝てくれるようなら、続けてもいいでしょう。

逆に、生後3ヶ月より前でもおひなまきでくるまれていることを嫌がるようになったら卒業のタイミングなので、ほどいて寝かせてあげましょう。

おひなまきはどんな布でもできる?おくるみやバスタオルは?

バスタオル 布

おひなまきに使う布は、四角い形であれば、何でもかまいません。しかし、通気性が悪いと蒸れてあせもなどの肌のトラブルの原因になりますし、伸縮性が全くない布だと赤ちゃんが窮屈に感じてストレスになることもあります。

そのため、通気性がよく伸縮性もある、ガーゼ素材などの布がおすすめです。

また、大きめの布のほうがしっかりとくるめて、赤ちゃんが泣いたときにもほどけにくい傾向があるので、小さめサイズの布はあまりおすすめしません。バスタオルなどの長方形の大きな布がやりやすいと感じるママが多いようです。

おひなまきの生みの親である青葉からは、おひなまき用のおくるみも販売されているので、どの布で行うか迷う人は購入してみるといいかもしれません。

おひなまきはママの味方

おくるみ

赤ちゃんが泣き止まなかったり、なかなか寝付いてくれなかったりすると、ママも疲れてしまいますよね。

そんなときに、赤ちゃんの体をママのお腹にいた姿勢にしてあげられるおひなまきは、寝かしつけの救世主になってくれるかもしれません。

おひなまきは、赤ちゃん本人がやめたがるまではいつまでも使える方法なので、今回紹介した巻き方・やり方を参考に、家にあるバスタオルなどで試してみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう