妊娠20週!お腹の大きさや体重の増加量は?胎児の様子は?

妊娠20週になると、妊娠期間もほぼ折り返しです。妊婦生活を楽しむ余裕が出てきた人も多いかもしれません。ただ、余裕が出てくると気になるのが体重です。妊娠20週頃は体調が良いぶん、食欲が増して体重が急激に増えてしまうことも。引き続き体重管理には注意していきましょう。今回は妊娠20週の妊婦さんのお腹の大きさや赤ちゃんの状態、体重、お腹の張りなどをご紹介します。

妊娠20週のお腹の大きさは?体重の増加量は?

女性 体重計 

子宮は、子供の頭より少し大きいくらいになりました。個人差はありますが、子宮底長は15cmを超えるほどです(※1)。

妊娠20週の胎児はたくさんの栄養を必要としているため、ママの食欲も増し、つい食べすぎてしまうかもしれません。体重が増えやすい時期ではありますが、1週間あたり+0.3~0.5kgにおさまるように心がけましょう。摂取カロリーは、妊娠前の+250キロカロリーほどが理想です(※1)。

妊娠20週を過ぎて血圧が高いと「妊娠高血圧症候群」と診断されてしまいます。妊娠高血圧症候群は、お腹のなかの赤ちゃんにとっても、妊婦さんにとっても危険な病気で、最悪の場合死に至ることもあります。脂肪分の多いものや味の濃いものを食べ過ぎないように注意しましょう。

栄養バランスを整えるのはもちろんですが、ウォーキングやマタニティヨガといった適度な運動を日々の習慣にし、体重をしっかりと管理してください。

妊娠20週にはお腹が張りやすくなる?

女性 お腹 体調 

妊娠20週以降に注意したいのが「お腹の張り」です。お腹の張りは、子宮が収縮することでおこります。出産はまだ先ですが、ママの体は出産の準備を始めているのです。

妊娠20週頃に軽めの子宮収縮が起こるのは正常な反応なので、過度に心配する必要はありません。お腹の張りを感じたら、横になるなどして安静にするようにしましょう。安静にすれば、すぐに治まることがほとんどです。

しかし、お腹がカチカチに硬くなる、張りが長時間続く、一定の周期で張りが来るなど、いつもと違う張りが現れたときは、早めに産婦人科に相談してください。

妊娠20週は羊水の量が増える?

水 コップ 増加

子宮内を満たす羊水には、胎児に必要な栄養が豊富に含まれています。肺機能の発達をサポートしたり、外からの衝撃を緩和して胎児を守ったりしているのも羊水です。

妊娠20週頃の羊水量は約350mlですが、ここから赤ちゃんの成長をさらにサポートするために、妊娠30週前後には、800mlほどになります(※1)。2ヶ月弱で、倍以上まで増えますよ。

羊水量が適正ではなく、羊水が多すぎる「羊水過多症」や、少なすぎる「羊水過少症」になってしまうと、先天性の奇形や逆子、死産などのリスクが高まるといわれています。自分で羊水量を量ることはできませんが、腹部の膨満感や頻尿、前期破水と思われるような症状があったら、すぐに医師に相談しましょう。

妊娠20週のエコー写真は?胎児の大きさはどれくらい?

21週 エコー 胎児

胎児の大きさは25cmを超えるほどになりました(※1)。器官は徐々にできあがり、ここからは細部を作り上げていく時期です。

手足が伸びて、鼻孔も開き、外見上は新生児とほとんど同じようになりました。エコー検査でも、目や鼻、唇がしっかり確認できることが多く、今まで以上に愛着が湧いてきますよ。

赤ちゃんの体が大きくなるにつれて、子宮内はどんどん狭くなっています。自由に動き回ると手足が子宮壁に当たるので、今まで胎動を感じていなかった人も、妊娠20週前後には感じ始めるかもしれません。

また、この頃には外性器がエコーに映りやすくなり、性別が分かる人も増えてきます。

妊娠20週頃の胎動はしゃっくりかも?

赤ちゃん びっくり しゃっくり

妊娠20週頃になると、おへその下辺りで、「ピクッピクッ」と痙攣するような動きを感じることがある人もいます。胎動にしては弱いと感じたら、赤ちゃんがしゃっくりをしているかもしれません。

しゃっくりが起こる理由はまだはっきりしておらず、羊水を吐き出すときにしゃっくりをしているのではないかともいわれています。また、起こる時期もはっきりしておらず、妊娠20週頃に感じる人もいれば、全く感じないという人もいます。

しゃっくりをしてもしなくても、赤ちゃんに異常があるわけではありません。あまり気にしすぎないようにしてくださいね。

妊娠20週には歯科検診を受けておこう

女性 歯医者 治療

妊娠中は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」や「プロゲステロン(黄体ホルモン)」などの女性ホルモンが増えることで、虫歯や歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなり、口腔トラブルが起きやすくなります。虫歯にならないために、歯磨きをこまめに、しっかり行うことが大切です。

しかし、これまでつわりがひどかった人は、歯磨きをするのも一苦労で、ケアがしっかりできていなかったかもしれません。体調が安定している妊娠中期の早い段階で、歯科検診を受けておくことをおすすめします。虫歯がないかどうかや、ケアがしっかりできているかなどをチェックしてもらいましょう。

歯科検診で虫歯がみつかったら、できるだけ早いうちに治療を行いましょう。妊娠後期は今よりさらにお腹が大きくなり、診察台に横になるのがつらくなりますし、子供が生まれたら自分の時間が作りにくくなります。医師と相談し、できるだけ妊娠中期のうちに治療が終わるようなスケジュールを組めるといいですね。

妊娠20週は大きくなったお腹に注意!

妊婦 家族 散歩

妊娠20週にはお腹も大きくなり、前の方にせり出してきます。週数が進むとお腹はさらに出てきて、体のバランスを崩しやすくなり、転倒のリスクが高まります。

妊娠中期は活発に体を動かしたくなる時期ですが、あくまでも妊婦であることは忘れずに、無理をしないように心がけましょう。外出時はヒールの低い靴を履き、足元が不安定な場所の移動、階段の上り下り、自転車の運転など、転倒の危険があることはできるだけ避けたいですね。

妊娠20週頃は夫婦で赤ちゃんの反応を楽しもう

妊婦 カップル 胎動

妊娠20週になると、胎動がはっきりと感じられる人が増えてきます。パパになる実感を持ってもらうために、旦那さんにも一緒に胎動を感じてみてもらってはいかがでしょうか。夫婦2人でお腹に手を当てて、赤ちゃんに語りかけてみてください。家族団らんの素敵な時間は、妊娠中のいい思い出になりますよ。

幸せな反面、これからの妊娠生活や産後のことを考えて、不安になることもあると思います。体が大きく変化している時期なので、心が不安定になるのも当たり前です。つらい気持ちになったときは、一人で悩まず、旦那さんや家族、友人に相談してくださいね。言葉に出して誰かに聞いてもらうだけでも、気持ちが落ち着きますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう