百日咳の感染経路は?感染力や感染しやすい期間は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県大和市の高座渋谷つばさクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギ... 監修記事一覧へ

百日咳は感染力が強いため、大人も子供も感染しやすく、長期にわたって咳が続く病気です。そんなつらい百日咳、できることなら感染したくないですよね。そこで今回は、百日咳の感染経路や、感染しやすい期間はいつなのかなどをご紹介します。

百日咳とは?

子供 喘息 マフラー 咳 喉 風邪

百日咳とは、感染すると咳が長く続く感染症です。季節に関係なく、一年を通じて感染者が出ます。百日咳は赤ちゃんからお年寄りまで全ての年齢層で感染しますが、特に最近では20歳以上の大人の感染が増えています(※1)。

しかし、重症化しやすいのは子供が感染した場合で、特に乳児が感染すると、肺炎や脳症などの深刻な合併症を引き起こすこともあります。

母体から受け継いだ免疫が残っているとされる生後6ヶ月未満の赤ちゃんでもかかる可能性があり、無呼吸やけいれんなどの重い合併症を起こすことがあるので、注意が必要です。

アメリカでは、百日咳にかかった生後6ヶ月未満の赤ちゃんのうち、0.6%が亡くなったという調査報告もあります(※2)。

百日咳には生後3ヶ月から受けられるワクチンがありますが、接種していない子供が感染した場合は、発症からの期間ごとに、以下のように症状が変化していきます(※1)。

カタル期(1~2週間)

● 風邪(鼻水・咳)のような症状が出る
● 市販の咳止めでは止まらない咳が出る
● 新生児は無呼吸になることがある

痙咳期(けいがいき)(3~6週間)

● 乾いた咳が激しくなる
● 発作のような咳が5~10回以上連続で出る
● 咳の後、息を吸う際に笛のような音が鳴る
● 咳き込んだ後に嘔吐することがある
● 顔が赤くなる

回復期(6週間後以降)

● たまに咳き込むが、咳き込みの回数は減る

百日咳の感染経路は?

はてな クエスチョン ? 木のテーブル パズル

百日咳の感染経路は、主に飛沫です。感染者の咳やくしゃみの飛沫によって、気道からの分泌物と一緒に百日咳菌が飛ばされることで、感染が拡大します。

飛沫感染において気をつけなければいけないのが、「自分でも気がつかないうちに周りにうつしていた」というケースがあるということです。

特に大人が百日咳にかかると、初期症状が風邪に似ていることから、咳が続いていたとしても風邪が長びいているだけと思ってしまい、受診や治療が遅れます。

また、百日咳のワクチンを接種しているのに百日咳にかかった場合、典型的な症状が出る確率はわずか6%と低いため、多くの場合は百日咳と気づかれません(※1)。

これらの理由のため、ママ・パパや予防接種を受けた兄弟が、百日咳に感染していることに気づかず乳幼児にうつしてしまい、乳幼児が重症化する…というケースもあります。

百日咳の感染力は強い?うつる期間は?

カレンダー 日付 期間

百日咳の感染力は強く、くしゃみや咳などの飛沫感染で広がりやすいのが特徴です。

百日咳は、抗菌薬を使用しなければ、発症から3週間ほどは感染者の体から菌が排出され続けると考えられています(※3)。ただし、抗菌薬を5日間適切に服用し続けると、感染力は大幅に弱まります。

感染を広げないため、「学校保健安全法」ではインフルエンザや結核、風疹やおたふく風邪などと同じく、百日咳を第二種感染症に分類していて、出席停止期間が定められています(※4)。

百日咳に感染した子供が保育園に登園できるようになる目安は、「特有の咳が消失するまで又は五日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで」とされています(※4)。

百日咳の感染から発症までの潜伏期間は?

女性 なぜ 疑問 クエスチョン はてな

百日咳は、患者の咳やくしゃみの飛沫を体内に吸い込むことで感染してから、一般的に7~10日の潜伏期間を経て発症します(※3)。ただし、人によって大きな差があり、7日以内に発症することも、20日経っても発症しないこともあります。最長で、42日の潜伏期間があったという報告もあります。

そのため、いつどこで感染したかを明らかにするのがかなり難しいのが特徴です。

百日咳の感染対策は?

予防接種 注射 ワクチン

百日咳は飛沫感染が主なので、手洗いなど、菌を体内に取り入れないための対策を行うことが、予防に効果的です。他にも、以下のような対策があります。

ワクチンの接種

百日咳の感染対策としてもっとも効果が高いのが、ポリオ・ジフテリア・百日咳・破傷風の四種混合ワクチンを接種することです。四種混合ワクチンは、生後3ヶ月から接種できます(※5)。

このワクチンを接種することで、百日咳に絶対に感染しなくなるというわけではありませんが、感染するリスクを80~85%ほど減らすことができます(※6)。

抗菌薬の事前投与

百日咳は密接にかかわる人に感染しやすく、免疫を持たない家族には70%以上の確率でうつしてしまいます(※3)。

そのため、家族内で感染者がいる場合には、免疫を持たない人に対して抗菌薬の予防投与をすすめられることもあります。抗菌薬を10~14日投与することで、感染を予防することができます(※3)。

百日咳の感染経路、飛沫感染の対策を

子供 マスク 女の子 風邪 喉 体調不良

百日咳は、感染するとつらい咳が繰り返し起きる病気で、感染力が強いため、子供がかかってしまうとしばらくの間は保育園や学校に行けなくなってしまいます。そのため、感染しないために予防を行うことが大切です。

特に生後6ヶ月以下の赤ちゃんがいる家庭では、ママ・パパが咳をしはじめたら、子供にうつさないための対策を行いましょう。ワクチンは生後3ヶ月から接種できるので、早めに受けてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう