百日咳の治療法は?薬は使えるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

百日咳はその名の通り、咳が長く続く病気です。代表的な症状に、連続して起こる発作のような激しい咳があります。むせるような咳に苦しめられている子供を見ていると、ママ・パパもいたたまれない気持ちになりますよね。そこで今回は、百日咳の治療法や、感染した場合の薬の使い方、また、百日咳が治るまでの治療期間などについてご紹介します。

百日咳とは?

咳 子供 風邪

百日咳とは、百日咳菌によって起こる病気です。感染すると鼻水などの風邪のような症状から始まり、しだいに激しい咳が連続で出るようになります。感染者の咳やくしゃみによって菌が拡散されて、感染が広がります。

生後6ヶ月以下の乳児が百日咳に感染すると、肺炎やけいれん、脳炎などの合併症を併発しやすく、その月齢の赤ちゃんが感染すると0.6%が死に至るといわれています(※1)。

このように百日咳は危険性が高い病気ですが、生後3ヶ月から接種できるワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオの四種混合)が存在します。

ワクチンを接種すると百日咳に絶対に感染しなくなるというわけではありませんが、感染するリスクを80~85%ほど減らすことができるというデータがあります(※1)。

百日咳は、7~10日ほどの潜伏期間を経て発症し、その症状の変化から、カタル期、痙咳期、回復期という3つの期間に分けられています(※2)。

カタル期(発症後1~2週間)

● 鼻水など風邪のような症状が出る
● 市販の咳止めでは治まらない咳が出る
● 新生児は突然無呼吸になることがある

痙咳期(発症後3~6週間)

● 乾いた咳が激しくなる
● 発作のような短い咳が5〜10回以上連続で出る
● 咳の後、息を吸う際に笛のように「ヒュー」という音が鳴る
● 咳き込んだ後に嘔吐することがある
● 呼吸ができなくなり全身が青紫色になることがある

回復期(発症後6週間後以降)

● たまに咳き込むが、咳き込みの回数は減ってくる

百日咳の治療方法は?薬が使われるの?

抗生物質 抗生剤 治療 薬

百日咳に感染し、治療を行わなでいると、咳が始まってから3週間ほどは咳などから菌が排出され続けます(※3)。その期間は感染源になってしまうため、百日咳の治療には、原因となる百日咳菌の働きを抑える抗菌薬が使われることがあります。

百日咳の治療に使用される抗菌薬は、「エリスロマイシン」や「クラリスロマイシン」といったマクロライド系が最初に投与するべき薬として推奨されています。

また、咳止めや、痰を切れやすくする薬、気管を広げる薬など、症状を軽減する薬も処方されることがあります。

百日咳の治療薬の服用期間は?

女性 時間 期間 時計 いつから いつまで 疑問 クエスチョン

百日咳の治療によく使用されるマクロライド系の薬は、特に感染初期に服用すると効果が高い傾向があります(※3)。そのため百日咳のような症状がみられたら、早めに病院を受診し、薬を服用することが大切です。

抗菌薬を服用すると、その5日後には菌がほぼ排出されなくなりますが、ぶり返すことが考えられるため、2週間は抗菌薬の服用が必要だと考えられています(※3)。症状がなくなっても、きちんと飲みきるようにしてください。

百日咳の治療後、保育園はいつから行ける?

保育園 友達 遊び

百日咳は、学校保健法で第2種の感染症に定められており、咳がなくなるまで、もしくは抗菌薬を服用し始めてから5日間は、保育園や学校に出席してはいけないと決められています(※3)。

しかし、病気の状態によっては、医師や学校医から感染の恐れがないと認められることもあり、その場合は上述の条件よりも早く保育園や学校に通えるようになる可能性もあります。

基準は保育園や学校によって異なるため、子供が通う園や学校に確認してみましょう。

百日咳の治療は早めに始めましょう

医者 聴診器 診察 男性 相談 病院

発症すると激しい咳に悩まされる百日咳。発症してすぐに薬で治療を始めた方が効果は高いため、子供に長く続く咳の症状が見られたら、病院を受診した方がいいでしょう。

また、最近では百日咳に大人が感染する例も増えてきており、2011年には百日咳の感染者のほぼ半数を20歳以上が占めるようになりました(※2)。大人に百日咳の感染者が増えた原因のひとつとして、1981年から使われるようになったワクチンの効果が続く期間が短いことが考えられています(※4)。

大人の場合、百日咳を発症した当初は風邪のような症状が出ることから、「風邪が長引いているんだな」と思って、ついつい病院に行くのが遅くなってしまいがちです。

百日咳はママ・パパから子供に感染する例も多いので、子供だけでなく、ママ・パパも百日咳の症状が見られたらなるべく早く病院を受診しましょう。

飛沫感染の予防として、手洗い、うがい、マスクの着用なども効果があるので、自分がうつされないように、そして周囲の人にうつさないように、普段から家族みんなで心がけてみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう