手足口病とは?症状や感染経路は?子供の感染を予防するには?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

手足口病という病気を聞いたことがありますか?日本では主に夏から秋にかけて流行し、その名の通り、手と足と口に水疱などの発疹が見られる感染症です。乳幼児がかかりやすい病気であり、保育園や幼稚園で流行することもあります。今回は子供を持つママ・パパが知っておきたい手足口病について、症状、治療法、予防法などをご紹介します。

手足口病とは?子供がかかりやすいの?

ウイルス 感染

手足口病とは、手や足、口の中に水疱性の発疹が出るウイルス感染症です。4歳くらいまでの子供がかかりやすく、感染者の5割は2歳以下の乳幼児です(※1)。

特に保育園や幼稚園で流行することが多く、主に夏から秋にかけて感染が拡がります。手足口病の原因となるウイルスとしてはコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)が挙げられます。

このように手足口病は様々なウイルスによって引き起こされるため、一度かかったことがあっても、再びかかることがあります。

手足口病の感染経路は?

赤ちゃん トイトレ トイレ トレーニング

手足口病の感染経路には、飛沫感染(咳やくしゃみによって感染すること)、接触感染、糞口感染(便の中のウイルスが手指を介して口に入り感染すること)があります。

保育園や幼稚園では、乳幼児が長い時間一緒に過ごすため、子供たち同士が頻繁に接触します。

「くしゃみや咳、不十分な手洗いによって病気が感染する」という考えを子供たちがまだ持っていないことが多いため、1人の園児が手足口病に感染すると、あっという間に集団感染に至ることがあります。

手足口病の症状は?

手足口病 発疹 水疱

手足口病に感染すると2~5日間の潜伏期間を経て、口の中、手の平、足の裏などに、水疱を伴った赤い発疹ができます。発疹の大きさは米粒ほどで、それほど大きくありません。

口の中にできた発疹は、破れると強い痛みを伴う潰瘍(かいよう)になることがあります。つばを飲み込む際に痛みを感じるようになり、赤ちゃんの食欲が下がったり、機嫌が悪くなったり、大量のよだれが出たりします。

手足口病の多くは、熱が出ても38度以下で、2~3日で熱が下がります。基本的に手足口病は、1週間ほどすれば自然に治まっていきます。

手足口病の診断方法や治療法は?

赤ちゃん 診察 受診 ママ 医師 医者

手足口病は軽い症状で治まることが多い病気ですが、原因を確認するという意味でも、また、重症ではないことを確認するためにも、一度小児科を受診することをおすすめします。

手足口病の診断は、ほとんどの場合、発疹の範囲と特徴を見る視診によって行われます。

手足口病に特効薬はないため、自然に治まるのを待つのが一般的です。しかし、子供が発熱で辛そうにしているときは、解熱剤が処方されることがあります。

また、皮膚の痒みが強いときや、口の中に潰瘍ができて、痛みがひどい場合には、外用薬が処方されることがあります。

なお、手足口病は、まれに髄膜炎を併発することがあるので、高熱が出る、頭を痛がる、ひきつけが起きる、嘔吐するといった症状が見られたら、すぐに病院を受診しましょう(※1)。

手足口病の予防法は?ワクチン予防接種はできる?

女の子 手洗い 石鹸

手足口病に有効なワクチンはないので、予防接種をすることはできません。しかし、日常生活のちょっとした心がけで、ある程度予防をすることはできます。

まずは、接触感染を防ぐため、手洗いをしっかり行いましょう。手足口病は治った後もしばらくは便の中にウイルスがいるため、手洗いを徹底させることは効果的な予防法です。感染しても発病せず、気づかないうちに便の中にウイルスがいることもあります。

また、タオルの共用をすると感染しやすいので、個別にタオルを用意し、こまめに洗濯をすることも大切です。特に手足口病が流行っている期間は、保育園や幼稚園に通っている子供には、必ず自前のタオルで拭くように教えてあげましょう。

手足口病の予防は今日から始めましょう

赤ちゃん パパ ママ 家族

手足口病は自然に治まっていくことが多いため、過度に心配する必要はありません。

しかし、重症化するリスクを含め、ママ・パパが最低限の知識を持っておくことは大切です。子供の体に手足口病の症状が出た場合は、落ち着いて対処し、高い熱が出る、嘔吐するなどの異変があれば、すぐに病院を受診してください。

そして、手足口病の予防のために、子供に手洗いやうがいの大切さを教えてあげてくださいね。面倒くさがって嫌がる子供も多いですが、ママ・パパがお手本を見せてあげながら、習慣化を目指しましょう。

感染症は手足口病のみならず、他のウイルスでも起こるので、手洗いうがいの習慣づけは早速今日から始めてみてください。健康的な生活を送ることができるように、家族で体制を整えていってくださいね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう