出産の不安を解消!不安を和らげるためにやっておきたい7つのこと

出産予定日が近づいてくると、赤ちゃんとの対面が楽しみで仕方ないですよね。一方で、お産に対して不安を抱いたり、疑問を感じたりすることも増えてくるのではないでしょうか。特に初めての出産だと、心配になることがたくさんあります。今回は、お産の不安をやわらげるために心がけたいこと、準備しておきたいこと、確認しておきたいことをまとめて7つご紹介します。

出産の不安をやわらげるための心と体の準備

妊娠 妊婦 リラックス 考える

出産当日のことを考えると、痛みに堪えられるだろうか、赤ちゃんが無事に生まれてくるだろうか、と不安は尽きませんよね。でも、ちょっとしたことを心がけるだけで、不安が自信に変わっていくかもしれませんよ。

1. 体力をつけておく

お産は体力勝負といっても過言ではありません。陣痛から出産までの時間は個人差があるものの、初産の場合で12〜15時間です。そのため、しっかりと体力をつけておくことが大切です。

妊娠後期でも安心してできるスポーツとしておすすめなのがウォーキング。ウォーキングによって、骨盤にいい刺激が与えられ、血行が良くなるので、出産がスムーズに進むともいわれています。

また、たっぷりと睡眠をとり、バランスのよい食事をとって、生活習慣を整えましょう。

2. 母親になるという自覚を持つ

「母親になる」という自覚を持つことで、出産を乗り越える勇気が沸いてくるはずです。いざ、赤ちゃんの顔を見るまでは、なかなか母親としての自覚が持てないかもしれませんが、赤ちゃんの名前を考えたり、ベビー用品を手作りしたりすると、母親になったときの自分が想像できるようになりますよ。

産院や自治体が実施している母親学級に参加するのもおすすめです。助産師や講師の話を聞くことで、お産の知識を得ることができます。おむつの替え方や沐浴の方法も教えてもらえるので、自然と母親になる実感が湧いてくるはず。両親学級・父親学級があるときは、ぜひパパにも参加してもらいましょう。

出産の不安をやわらげるためのモノの準備

ベビーグッズ ベビー用品

生まれてくる赤ちゃんのためにベビーグッズを揃えたり、入院に向けた準備をしたりすると、いよいよお産が近づいてきたなという気持ちになりますよね。しっかり準備をしておくと出産後が楽なので、下記のポイントを参考に準備を進めてみてくださいね。

3. ベビー用品は早めに揃える

出産後にベビー用品を揃えるの大変なので、必要なものは早めに購入したりレンタルの手続きをしたりしておきましょう。気持ちに余裕が出るだけでなく、赤ちゃんが生まれてくる実感が沸き、「早く赤ちゃんに会いたい」という気持ちが強まります。

ベビーグッズを揃えると同時に、赤ちゃんを迎えるための部屋作りをするのもおすすめですよ。

4. 入院準備は万端に

お産のサインがいつ来ても大丈夫なように、入院に必要なものは出産予定日の1ヶ月前頃にまとめておくと安心です。大きめのバッグに入院グッズを詰めておけば、いざというときでも、そのバッグ1つを持って移動することができますよ。

家族や病院の連絡先もまとめてメモに残しておき、母子手帳とともにいつも携帯しておきましょう。

出産の不安をやらわげるための知識

本 カップ

出産に向けて、体のコンディションを整え、必要なものを準備したら、あとは、お産当日をどのように過ごすかを考えましょう。お産のサインが来てから分娩まで、ざっくりとしたイメージでもいいので流れを確認しておくと安心ですね。

5. お産の前兆~分娩までの流れを把握しておく

「おしるし・破水・陣痛の何が最初に来るの?」と不安に感じている妊婦さんも多いのではないでしょうか。まずは、お産のサインから出産までの流れをしっかりと把握しておきましょう。

おしるし・破水・陣痛のどれから始まるかは、妊婦さんによって違います。なにが最初に来ても慌てないで済むように、どのような対処をすればいいか、いつ病院に連絡をすればいいかをしっかり頭に入れておくことで、いざというときに適切な対処ができますよ。

6. バースプランを確認する

バースプランをしっかりと練り、医師や助産師に伝えておくことで、安心感を得ることができます。すべてが望み通りとなるわけではありませんが、出産への心の準備ができ、医師や助産師との相互理解が深まりますよ。

バースプランに対応していない病院や産院もありますが、どのようなお産にしたいかを考えることは大切です。旦那さんと相談してみるのもいいですね。

7. 先輩ママの出産ストーリーを聞く

出産経験のある友人や自分の母親に、お産のときの話を聞いてみるのもいいでしょう。リアルな体験談を聞くと、具体的なイメージが湧いてきますよ。不安に感じていたことも、意外とそうではないかもしれません。

ただし、人によって出産のときの痛みや辛さの感じ方は違うので、「すごく痛かった」という人もいれば、「それほど痛くなかった」という人もいます。「痛かった」という話ばかりを聞くと、かえって不安になってしまうことも。あくまでも、経験談として参考程度に捉えておくようにしましょうね。

出産の不安を取り除いてリラックスして臨もう

妊婦 公園 散歩

出産は人生の一大イベントなので、初めてのときは誰でも不安に感じるもの。今回ご紹介した方法で、少しでも不安を取り除き、できる限りの準備をしておくことで、前向きな気持ちで出産に臨めるはずですよ。

ひとりで不安を抱えていると、余計に心配になってきてしまうので、医師や助産師に相談したり、旦那さんに伝えたりしましょう。赤ちゃんに対面できる日を楽しみに、リラックスした気持ちで残りのマタニティライフを過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう