母親学級って何をするの?通う時期や回数、目的は?

妊娠すると、それまで聞いたことがない言葉をたくさん耳にするようになりますよね。「母親学級」もそんな言葉のひとつ。行政の窓口に母子手帳をもらいに行ったときや、病院で出産の申し込みをしたタイミングで母親学級のお知らせをもらうことがありますが、最初はどんなものかピンとこない妊婦さんも多くいます。そこで今回は、母親学級について、通う目的や時期、どんなことをするのか、詳しくまとめました。

母親学級とは?

妊婦 友達

母親学級とは、同じ時期に出産予定の妊婦さんたちが集まって、妊娠中や出産後の生活、分娩や赤ちゃんのお世話について学んだり情報交換をしたりする場です。場所によっては「母親教室」と呼ぶ場合もあります。

母親学級には大きく分けて3つのタイプがあります。それぞれに特徴があるので、自分のライフスタイルや考えに合ったところを選んで通いましょう。

1. 病院や産院が行っている母親学級

主催しているのは病院や産院で、内容も受講料も様々です。無料のものが多いですが、マタニティヨガやマッサージなどがプログラムに含まれている場合は、参加費がかかることもあります。

出産や赤ちゃんのお世話についての基本だけでなく、入院中の過ごし方や注意事項も併せて丁寧に指導してもらえるので、その病院や産院で産むと決めている人におすすめです。

2. 保健センターなど自治体が行っている母親学級

市や区が主催していて、行政の窓口で母子手帳を発行してもらう際に紹介されることが多いです。ほとんどのものが無料で気軽に参加できます。

同時期に出産を控えている近所の妊婦さんと交流できるので、ママ友を作るきっかけになったというママも多いですよ。出産後に利用できる地域のサービスなどについても知ることができます。

3. 民間(企業や財団法人)が行っている母親学級

おむつメーカーやベビーグッズメーカー、育児サポート企業などが主催していて、「マタニティイベント」などの名前で開催されている場合もあります。その企業の商品PRも兼ねていますが、病院や保健センターよりもリアルな目線で育児に関する情報が得られると好評です。

参加費がかかったり抽選で当たった人のみ参加できたりすることが多いのですが、お土産やマッサージの無料体験など魅力的なオプションがついてくることもありますよ。

このように、主催者によって母親学級の内容や特徴が異なるため、いくつかの母親学級に参加してみてもいいかもしれませんね。

母親学級の目的は?

女性 疑問 クエスチョン 注意 びっくり 驚き 悩み スマホ 携帯電話 チェック 悩み

母親学級では、助産師や栄養士が妊娠中の生活や出産準備、産後のお世話などについて説明をしてくれるので、妊婦特有の不安や悩み、出産に関する疑問などを解決することができます。同じ地域で同じ時期に出産する妊婦さんが集まるので、情報交換をすることができ、ママ友作りの場としても活用できますよ。

また、母親学級に参加することで、育児書だけではイメージしにくい分娩時の呼吸法や赤ちゃんの沐浴のやり方といった出産前後の知識を、実際に体験しながら学ぶことができます。

病院や自治体によっては、両親学級(父親学級)を開催しているところもあります。母親学級はママになるための準備として妊婦さんしか参加できませんが、両親学級(父親学級)では、旦那さんも一緒に出産や赤ちゃんのお世話について学ぶことができるので、ぜひ旦那さんを誘って参加してみてくださいね。

母親学級はいつから通ったらいいの?

time-273857_640

母親学級は、妊娠全期にわたって3~4回ほど通うところもあれば、妊娠中期と後期に1回ずつ通うところもあり、主催している病院や自治体によって、通う時期や回数が違います。

ほとんどの母親学級は、申し込み制の任意参加で、全ての回に参加しなければいけないということはないので、体調をみながら参加できそうな時期を選んで申し込むのがおすすめです。

母親学級の内容は?

妊婦 ママ友

それでは、母親学級では実際にどんなことが行われるのでしょうか。

前述の通り、病院や自治体によって、母親学級が開催される時期や回数は異なりますが、ここでは妊娠初期から3~4回行われるケースを例に、大まかなプログラムをご紹介していきます。

第1回(妊娠初期)

妊娠中に気をつけたいことや、控えたほうがよい食べ物、飲み物などを中心に、健康的な体づくり、つわりを乗り越えるための体操や食生活について学びます。ただし、この時期は外出もままならないほどつわりが辛いこともあるので、体調をみながら参加するかどうか決めてくださいね。

第2回(妊娠中期)

安定期に入った頃に、赤ちゃんを迎えるにあたっての準備を学びます。人形を使っておむつ交換や授乳時の抱き方などを体験させてくれるところもあります。「赤ちゃんのことを学ぶのは、まだ早いのでは?」と思うかもしれませんが、妊娠後期以降はいつ赤ちゃんが産まれてもおかしくないので、安定期のうちに落ち着いた気持ちで産後のイメージを持てるといいですね。

第3回・第4回(妊娠後期)

出産直前のこの時期は、陣痛が起きた際の病院への連絡方法や出産の流れ、呼吸法、出産の心構えについて学びます。また産後の生活リズムをイメージしながら、妊婦さん同士でどんな子育てをしたいか話すなど、楽しく穏やかに過ごせるプログラムになっています。

母親学級は妊婦さんの強い味方

lgf01a201304161800

母親学級に必ず参加しなければいけないという決まりはありませんが、実際に参加したママからは、「予想していた以上に楽しかった」「出産や育児に役立つことを学べた」など、参加してよかったという声が多く聞かれます。

初めての出産には不安がつきものなので、母親学級を通して予備知識を得られると心強いですよね。体調のいいときに、まずは一度気軽な気持ちで、母親学級に参加してみてください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう