妊娠届出書とは?母子手帳をもらうときに必要?書き方は?

妊娠したら「妊娠届出書」を提出する必要があります。妊娠届出書は妊娠を証明する書類で、産婦人科や地方自治体で取得するものなのですが、もしかしたら知らない女性も多いかもしれませんね。そこで今回は、妊娠届出書とはどのような書類なのか、母子手帳をもらうには妊娠届出書が必要なのか、書類の書き方などについてご紹介します。

妊娠届出書とは?

妊娠 女性 体 お腹 妊娠検査薬

妊娠届出書とは、女性が妊娠したときに自治体へ提出する書類のことです。提出は義務ではありませんが、提出しないと妊婦さんや乳幼児向けの検査やサービスを受けられないこともあるため、必ず提出するようにしましょう。

自治体によって妊娠届出書に記入する内容や形式が異なるため、記入の際には産婦人科や自治体に内容などを直接確認してくださいね。

妊娠届出書は母子手帳をもらう際に必要?

数字 数 クエスチョン はてな

自治体から母子手帳を発行してもらうには、妊娠届出書が必要になります。

母子手帳とは正式には「母子健康手帳」といいます。妊婦の健康状態や出産後の赤ちゃんの発育などを記録するためのものであり、妊娠から子育てまで長く必要になる手帳です。

なお、妊娠届出書を提出すると、母子手帳と一緒に、妊婦健診にかかる費用が助成される補助券(妊婦健康診査受診票)も交付されます(※1)。

妊娠届出書はいつどこでもらうの?

診察 病院 医師 女性

妊娠届出書は、妊娠が判明してすぐに取得できる自治体もありますが、赤ちゃんの心拍が確認されてから発行してもらうことが一般的には多いようです。妊娠届出書のもらい方は自治体によって異なりますが、主に次の2つの方法があります。

産婦人科などで妊娠届出書を発行してもらう

産婦人科など医療機関で妊娠届出書を発行してもらう方法です。

大体妊娠6週以降、赤ちゃんの心拍が確認されて「妊娠」と診断されたとき、「母子手帳をもらってきてくださいね」と言われると同時に、妊娠届出書をもらえることが多いようです。

切迫流産などで妊娠の継続が危ぶまれるときには、安定してから妊娠届出書を発行してもらうことになる場合もあります。

自治体の窓口で妊娠届出書を書く

地方自治体に用紙をもらいにいき、自己申告で妊娠届出書に必要事項を記載します。この場合、医療機関の診断書は必要ないことが一般的です。また、妊娠届出書をホームページからダウンロードできる自治体も多くあります(※2)。

妊娠届出書の書き方は?

女性 書類 手続き

妊娠届出書は、基本的には書類に記載された指示通りに書けば問題ないでしょう。自治体ごとに記入項目が異なるため、詳しくは各自治体に確認してくださいね。

なお、自治体によっては次のような項目が設けられており、妊娠届出書を書くときに悩んだという妊婦さんもいるようです。

「夫の氏名」欄

妊娠届出書は未婚、入籍前でも提出ができますが、自治体によっては夫の氏名を記入する欄のある妊娠届出書もあります。

未婚や入籍前の妊婦さんは書き方で困ってしまうかもしれませんが、夫になる予定の人がいる場合はその人の名前を記入し、いない場合は空欄でかまわないようです。ただし、自治体によって方針が違うこともあるため、心配な場合は自治体に確認しましょう。

「職業」欄

職業欄への記入が必要だったときに、アルバイトやパートでも書いていいのか迷う妊婦さんも少なくないようですが、基本的にはそのままの内容を書いて問題ないとされています。

自治体によっては、職種によって育児休業に関する説明が違うなど、妊婦さんに合わせた対応を取ってくれることもあります。念のため提出先の担当者に記入内容について聞いてみが方がいいかもしれませんね。

妊娠届出書はどこに提出するの?

風景 街 ビル 建物

妊娠届出書の提出先は、住民票のある市区町村の役所や保健センターになります(※2)。

自治体によっては、提出できる曜日が決まっていたり、印鑑が必要だったりする場合もあるようなので、提出のときに必要なものは各自治体のホームページで確認のうえ、しっかり準備するようにしましょう。

また、提出と同時に両親学級や健診、予防接種などについて、簡単な説明や指導がある市区町村もあるので、提出の際は時間に余裕を持って出かけたいですね。

妊娠届出書はいつ提出するの?

妊娠届出書 いつ提出 どこ提出

医師から妊娠と診断されたら妊娠届出書を自治体の窓口に提出します。もちろん、診断が出てすぐの提出も可能ですし、体が安定するまで待ってもかまいません。

病院で書いてもらった妊娠届出書が必要な場合は、医師が書類を用意してくれるまで待ちましょう。なお、妊娠12週頃から母子手帳への記入が始まるので、遅くともそれまでには妊娠届出書を提出し、母子手帳をもらっておくようにしてくださいね。

妊娠届出書は代理人が提出しても大丈夫?

妊娠届出書 代理人 転出

仕事の都合やつわりなどで体調が悪く、提出先の自治体窓口まで本人が出向けない場合には、代理人での提出も可能です。

ただし、そのときには委任状や代理人の運転免許証などの本人確認ができるものや、妊婦本人のマイナンバーが必要なこともあるので、事前に窓口に問い合わせておきましょう(※2)。

妊娠届出書の提出後に引っ越したらどうなる?

里帰り おばあちゃん

妊娠届出書を提出し、母子手帳が交付された後に引っ越しをした場合、母子手帳は引越し先でもそのまま使用できます。ただし、母子手帳と一緒に配布される妊婦健康診査受診票は引越し先の自治体で再発行してもらう必要があるかもしれません(※3)。

里帰り出産でも母子手帳はそのまま使えます。しかし住民票の移動がないので、里帰り先では妊婦健康診査受診票を再発行してもらえず、妊婦健診の助成が受けられなくなる場合があります(※4)。

いずれにせよ詳細は、引越し・里帰り先の自治体に確認しましょう。

妊娠届出書の提出が妊婦生活の始まり!

妊娠届出書 どこ いつ 母子手帳

妊娠届出書を提出し母子手帳を受け取ったら、いよいよマタニティライフが本格的にはじまります。ママになる実感も少しずつ沸いてきますね。

母子手帳は赤ちゃんとママの大切な記録帳なので、スムーズに受け取るためにも、妊娠届出書の提出方法はしっかりチェックしておきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう