切迫流産とは?原因や症状、兆候は?治療法はあるの?

記事監修 産婦人科医 浅川 恭行
浅川 恭行 1993年東邦大学医学部卒業。2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。東邦大学医療センター大橋病院客... 続きを読む

「切迫流産」という言葉を聞くと不安に感じる妊婦さんも多いと思いますが、切迫流産は「流産」してしまったのではなく「流産する恐れがある状態」を指します。そのため、流産せずに妊娠を続けていける可能性もあります。そこで今回は、妊婦さんに知っておいて欲しい、切迫流産の兆候や症状、治療法や対処法についてご説明します。

切迫流産とは?

おなか

まず流産とは、妊娠の早い時期に赤ちゃんが亡くなってしまうことを指し、妊娠22週より前に妊娠が終わることをすべて「流産」といいます。一方、切迫流産とは、「妊娠22週未満で、胎児がまだ子宮内に残っているが、流産をしかけている状態」です。

流産をすると妊娠を継続することはできませんが、切迫流産は「流産の一歩手前」の段階なので、子宮内の赤ちゃんの心拍が確認できれば、妊娠を継続できる可能性があります(※1)。

切迫流産の原因は?

雨 緑

妊娠初期における流産の原因として、最も多いのが胎児の染色体異常ですが、ほかにも様々な可能性があり、原因不明の場合もあります(※2)。

切迫流産についても、今のところ原因を特定できる検査法は確立されていません(※3)。

そのため、もし妊娠初期に切迫流産になってしまっても、あまり自分を責めすぎないようにしてください。原因を突きとめるよりも大切なのは、ママのお腹の中にとどまってくれている赤ちゃんの命を守るため、医師の指示に従って冷静に対処することです。

切迫流産の症状・徴候は?出血や腹痛があるの?

女性 おなか

切迫流産の症状や兆候として、少量の不正出血と軽い下腹部痛が挙げられます。切迫流産ではなくても、妊娠初期に不正出血が見られることもありますが、「少しの出血だから大丈夫」と自己判断はしないようにしましょう。

妊娠初期に不正出血があったら、かかりつけの産婦人科に連絡をし、状況を伝えましょう。今のところ、少量の出血があった時点ですぐ病院へ行っても対処法はないため、救急外来を受診する必要はないと考えられています(※1)。

ただし、エコー検査で子宮の中に赤ちゃんの袋(胎嚢)が確認できておらず、あまりにも腹痛がひどい場合には、「異所性妊娠(子宮外妊娠)」の可能性もあるので、すぐに産婦人科を受診しましょう(※1,3)

不正出血があっても、胎児の心拍が確認できるケースでは、予後が良好であることが明らかになっているので、「流産してしまうかも」と不安になりすぎず、落ち着いて対応してくださいね(※4)。

切迫流産の治療法・対処法は?

女性 寝る 安静

現状では、切迫流産に対する有効な治療法はありません(※2)。

ただし、日本産科婦人科学会によると、切迫流産と絨毛膜下血腫を合併しているケースにおいて、ベッドで安静にした患者の流産率は、通常の日常生活を送った患者と比べて約4分の1だったという報告があります(※3)。そのため、自宅または入院して安静に過ごすよう指示されることがほとんどです。

切迫流産の治療で薬は使うの?

薬 瓶 疑問 飲み方 種類

切迫流産になった場合、切迫流産に伴う症状を和らげるために対症療法として、薬を投与することもあります。

たとえば、出血や腹痛の症状を緩和する目的で、止血剤や子宮収縮抑制剤が用いられることがあります。ただし、これらはあくまでも症状を緩和するだけであり、流産の予防効果については証明されていません(※3)。

「とにかく安静に」と言われると、もどかしい気持ちになるかもしれませんが、自分と赤ちゃんの体を守るためにも、仕事を休み、家事はできるだけ旦那さんにやってもらうなど、無理に動かないよう心がけてくださいね。

切迫流産は予防できるの?

煙草 タバコ NG 禁煙

前述のとおり、切迫流産の原因は特定できないことがほとんどなので、ママの努力だけでは防ぐことはできません。しかし、少しでもリスクを減らしたいという人は、普段の生活の中で次の2点に気をつけてみてください。

タバコを吸わない

厚生労働省によると、喫煙している妊婦はタバコを吸わない妊婦と比べて、早産や自然流産の危険性が高いことがわかっています(※5)。

喫煙と切迫流産の関係性を示すデータはありませんが、喫煙を続けている状態で切迫流産になった場合、タバコの影響で妊娠継続が難しくなる可能性があります。また、できるだけ受動喫煙を避けるように心がけてください。

体をなるべく冷やさない

体の冷えは、妊活中の女性はもちろんのこと、妊婦さんにとっても大敵です。特に下半身が冷えてしまうと、子宮の血行が悪くなり、胎児に十分な栄養と酸素を送れなくなる可能性があります。

エアコンが効いているオフィスや電車内では上着を羽織る、できるだけ温かい飲み物を摂る、といったことを心がけ、いつでも体をポカポカの状態にしておきましょう。

切迫流産と診断されたら、とにかく安静に

妊娠 妊婦 リラックス 考える

妊娠すると、少し体調変化があるだけでも不安になってしまいますよね。妊娠22週未満に不正出血があったとしても、必ず切迫流産というわけではありません。また、切迫流産と診断されたからといって妊娠を継続できる可能性もあります。

「ママ、少しゆっくりしてね」という赤ちゃんからのメッセージだと思って、切迫流産の状態が改善されるまでは体を休めることが大切です。産婦人科で診察を受け、医師の指示を守りながら、安静にして過ごしてください。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう