赤ちゃんのチョコレートはいつから?アレルギー反応は出るの?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

一粒食べれば幸せな気持ちになれるお菓子のスターといえば、チョコレート。ママやパパが美味しそうに食べているのを見れば、きっと赤ちゃんも興味を示すことでしょう。でも「チョコレートって、いつから食べさせていいのかな?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。そもそも赤ちゃんにチョコレートは食べさせてもいいのでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんのチョコレートについて、いつから与えていいのか、注意点などもあわせてご説明します。

赤ちゃんはチョコレートをいつから食べていい?

茶色 赤 緑 青 カラフル チョコレート 水玉

離乳食期が終わると、赤ちゃんはさらにいろいろな食べ物に興味が出てきます。ママやパパも、そんな赤ちゃんに新しい食べ物を与えてみたいと思いますよね。

チョコレートもそのひとつ。でも赤ちゃんにチョコレートをあげてもいいのでしょうか?

一般的に、間食に「おやつとしての楽しみ」の要素が重要になるのは3歳以降といわれています(※1)。肥満や虫歯など、チョコレートが子供に与える影響も大きいので、チョコレートはできれば3歳を過ぎてから与えたほうがいいでしょう。

赤ちゃんにチョコレートがダメな理由は?

記号 禁止 NO

チョコレートは嗜好品なので、どうしても食べなければいけない食品ではありません。赤ちゃんにチョコレートをあまりおすすめできないのは、以下のような理由もあります。

味覚形成に影響を及ぼす

最低限の味付けしかされていない離乳食期が終わった直後に味が濃い食べ物を与えてしまうと、赤ちゃんには刺激が強すぎてしまいます。大人にとってもかなり甘いと感じるチョコレートですから、赤ちゃんにとっては、なおさらですよね。

このような刺激の強い味を覚えてしまうと、食事を食べなくなり食生活が乱れてしまう可能性があります。

いろいろな味を楽しんでほしいのであれば、いきなりチョコレートのような強い味の食べ物を与えない方が良いでしょう。

依存性が強い

まだ自制心が備わってない赤ちゃんは、同じ遊びを延々と繰り返したり、同じ食べ物ばかりを好んで食べたりしますよね。

特にチョコレートは赤ちゃんが口にするほかの食べ物より格段に甘く、チョコレートに多く含まれる砂糖にも依存性があります。味を覚えてしまうとチョコレートばかりを欲しがってしまう可能性があります。

覚醒効果がある

チョコレートの原材料であるカカオにはテオブロミンという成分が含まれています。これはカフェインに近い作用を引き起こすため、大人にとっては時に有用でも、赤ちゃんにとっては夜に眠れないなどの睡眠障害を起こしかねません(※2)。

トランス脂肪酸が含まれている

チョコレートには、トランス脂肪酸が含まれていることもあります。トランス脂肪酸は、LDL(悪玉)コレステロールを増やしHDL(善玉)コレステロールを減らすことで心疾患のリスクを高めるといわれています(※3)。

赤ちゃんがチョコレートアレルギーになることもあるの?

湿疹 アレルギー 赤ちゃん 肌荒れ 

アレルギーと言えば、卵や牛乳、小麦などをよく耳にすると思いますが、どんな食品でもアレルギーを発症することはあります。

特にチョコレートの主成分であるカカオもアレルギーの原因物質であると考えられており、かゆみや湿疹を引き起こすこともあります(※2)。

乳成分が含まれているチョコレートは、牛乳アレルギーがある赤ちゃんは食べることができません。またナッツ入りチョコレートはナッツでアレルギー反応が出る場合もあります。

食物アレルギーになると、蕁麻疹、湿疹、喘鳴(呼吸するときにヒューヒューと音がすること)などの呼吸困難や嘔吐などが引き起こされ、なかにはアナフィラキシーショックを起こす場合もあります(※4)。

チョコレートを食べてアレルギーになってしまう人の割合はそれほど高くありませんが、どんなアレルギーがあるかわからない赤ちゃんには注意が必要となります。

万が一体調が悪くなった場合には、午後に病院へかかれるように、初めてチョコレートを与えるときは、少量を午前中に与えるようにしましょう。

赤ちゃんがチョコレートを誤飲してしまったら?

赤ちゃん 乳児 驚き 驚愕 びっくり

ちょっと目を離した隙に、赤ちゃんがテーブルの上に置かれていたチョコレートを口に入れてしまった…という場合はどうすればいいでしょうか?

もしチョコレートを口に入れたばかりであれば取り出してあげてください。もう口の中で溶けていたり、飲み込んでしまっていても、前述のアレルギー反応が出なければ、病院に連れていく必要はありません。

アレルギー反応が出るには少し時間がかかることもあるので、初めてチョコレートを食べてしまったときは、そのあとの赤ちゃんの様子を慎重に見るようにしてくださいね。

赤ちゃんにおすすめのチョコレート以外のおやつとは?

主婦 お菓子 女性 ママ

消化器官が未熟な赤ちゃんや子供は一度に多くの食べ物を摂取できないため、間食が必要といわれています。チョコレートの代用品として一般的なのは、ココアパウダーです。ココアパウダーであれば、離乳食の味に変化をつけるために使用しているママも多いようです。

また、最近ではチョコレートに変わる代用品として「キャロブ」という食品が注目されています。このキャロブは、マメ科の植物で乾燥させて煎り、粉末状にしたキャロブパウダーとしてチョコレート風味のお菓子が作れます。

このキャロブパウダーを固形化したものを、チョコチップの代用として使用することも。ただしキャロブはカカオと同じマメ科です。アレルギー反応が出てしまう可能性があるので注意は必要です。

赤ちゃんの間はチョコレートを我慢しよう

子供 チョコレート

今回ご紹介したように、赤ちゃんの間にチョコレートを食べさせることは、おすすめできません。栄養の観点からも、チョコレートを与える必要もありませんよ。

ただし、チョコレートにはリラックス効果や、集中力を高める効果などメリットもあります。3歳以降はむやみに禁止するのではなく、量や頻度を決めて、親子で楽しく味わえるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう