ナッツアレルギーとは?症状は?赤ちゃんのピーナッツはいつから?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県大和市の高座渋谷つばさクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギ... 監修記事一覧へ

乳幼児期から食物アレルギーで悩まされる子供はたくさんいます。食物アレルギーの種類はさまざまですが、ナッツ類の摂取を避けなければいけないナッツアレルギーは、重症化すると呼吸困難や血圧低下、意識障害などのアナフィラキシー症状を引き起こすこともあるので、ママやパパのしっかりとした管理が必要です。今回はナッツアレルギーの症状や検査方法、治療法などについてご紹介します。

ナッツアレルギーとは?

ピーナッツ バター アレルギー 落花生

アレルギーとは、本来は細菌やウイルスを退治してくれる免疫機能が、体に害を与えないものに対して過剰に反応してしまうことをいいます。

ナッツアレルギーは、摂取したナッツの成分に対して免疫機能が過剰に反応してしまうことで、症状が引き起こされます。卵や牛乳・小麦ほど症例は多くありませんが、重篤化しやすいために厚生労働省も注意を促しています(※1)。

ナッツといっても、ピーナッツやカシューナッツ、くるみ、アーモンドなどたくさんの種類があり、どれがナッツアレルギーの原因となるかは人によって違います。

場合によっては、複数のナッツに対してアレルギー反応を起こすこともあるので、ナッツアレルギーの症状が出たときは、医師と相談しながら、どのナッツがアレルギーの原因となっているかを突き止める必要があります。

ナッツアレルギーの症状は?

赤ちゃん 湿疹 腫れ とびひ 発疹 かゆい

ナッツアレルギーの症状としては、主に次のようなものが挙げられます。ナッツ類を初めて食べるときは、症状が出ないかを慎重に確認する必要があります。

主なアレルギー症状

・皮膚のかゆみや湿疹、じんましん
・充血、目のかゆみ
・腹痛、下痢
・吐き気、嘔吐
・咳、くしゃみ
・口や唇、喉のかゆみ
・呼吸困難
・アナフィラキシーショック

このなかでも特に注意したい症状が、呼吸困難などのアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックは血圧低下や意識障害などの生死に関わる危険な反応ですが、厚生労働省によると、卵や牛乳の10分の1くらいの数で、ピーナッツによるアナフィラキシーショックが起きた事例が報告されています(※1)。

ナッツアレルギーの検査方法は?

採血 血液検査 

一般的に、ナッツアレルギーの診断には血液検査が行われます。採取した血液の中に「IgE抗体」というアレルギー反応を引き起こすたんぱく質がどれくらいあるかを測定する検査です。

また、ナッツ類の中でもアレルギー症状が出る原因になることが多いピーナッツは、アレルギー症状を引き起こすたんぱく質(アレルギーコンポーネント)に対しての抗体を調べることもあります。

赤ちゃんのピーナッツはいつから?

カレンダー 日付 期間

厚生労働省が明確に「何歳まではナッツ類を食べるのを控えた方が良い」という推奨をしているわけではありません。

体に関わることで医師や管理栄養士に聞いても意見が分かれるところですが、離乳食には使わない方が安全でしょう。海外では乳児期後半で摂取することもありますが、念のため2~3歳を過ぎる頃までは控えておくと安心です。

初めて食べさせるときは、万が一症状が出ても重症化しないように、またすぐに病院へ行けるように、午前中に少量だけ与えて様子を見てください。

ナッツアレルギーの対策は?

赤ちゃん 病院 医師 診察 お医者さん

ナッツアレルギーの基本的な治療法は、アレルゲンと推定されるナッツ類を食べないことです。具体的にどのナッツを避けるべきかは、医師と相談して決める必要があります。

避けるべきナッツが決まったら、それを摂取しないようにしていくのですが、ここで注意したいのが加工食品です。ナッツは栄養価も高いことから、お菓子やケーキ、バター、ドレッシング、ソースなどさまざまな加工食品に使われており、知らず知らずのうちに食べてしまうことも。

加工食品を買うときや食べるときには、必ず原材料をチェックすることを忘れないようにしてください。また、ナッツの粉を吸引してアレルギー反応を起こす場合もあるので、気をつけましょう。

万が一、間違ってアレルゲンであるナッツを摂取してしまった場合は、抗アレルギー薬を内服して症状を和らげる処置を行います。アレルギー反応が出てしまったときの対処の仕方については、前もって医師に相談しておきましょう。

アナフィラキシーショックが出た場合は処置が遅れれば命にも関わってくるので、すぐに病院を受診しなければいけません。

また、この場合には、今後の誤食時に備えて、抗ヒスタミン系の内服薬・ステロイドの飲み薬・エピネフリンの注射キット(エピペン)を処方してもらうかどうか医師と相談してもいいでしょう。

ナッツアレルギーは成長につれて治ることはあるの?

道 はてな クエスチョン ?

子供の頃の食物アレルギーは、食材によっては成長とともにアレルギー症状が出なくなることもあります。しかし、ナッツアレルギーに関しては、成長しても耐性を獲得しづらいことがあるようです。

つまり、一度ナッツアレルギーと診断されると、成長過程で良くなっていく可能性はあまり高くないということです。

しかし、どんな食品にナッツが入っているか分かっていけば、それほど苦労なくナッツを避けられるようになっていきますよ。ナッツを除去する生活は慣れるまで大変かもしれませんが、子供と一緒にどの食品にナッツが使われているかを学んでいきましょう。

また、ナッツには多くの種類があるので、どのナッツが症状を引き起こすか、あらかじめ理解しておきましょう。

子供とナッツアレルギーの知識を深めよう

親子 母 勉強

子供が自分だけの力でアレルゲンを避けるというのは、なかなかできません。ナッツアレルギーの子供がいる家庭では、加工食品の原材料の確認を怠らないようにするなど、大人がしっかり管理してあげながら、上手にアレルギーと付き合っていってください。

そして、子供が大きくなって自立したときに自分一人で対処できるように、親子一緒にアレルギーに関する知識を深めていきたいですね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう