生理周期がバラバラになる原因は?対処法はあるの?

生理周期は基本的に28日前後とされていますが、それよりも長すぎたり短すぎたり、月によって異なっていたりと、生理周期の乱れに悩まされたことがある女性も多いのではないでしょうか。女性の体はデリケートで、環境の変化などによって生理周期が崩れることはよくあるものの、場合によっては治療が必要な場合もあります。

今回は、生理周期がバラバラになる原因と、その対処法についてまとめました。

生理周期とは?

女性 椅子 部屋 カレンダー

生理周期(月経周期)とは、「月経開始日より起算して、次回の月経開始前日まで」のサイクルを指します。閉経前の健康な女性の場合、卵巣や子宮の機能に問題がなく、女性ホルモンが正常なバランスで分泌されていれば、生理周期は25~38日です(※1)。

生理周期は体調に左右されやすく、ちょっとした環境の変化によって数日早まったり、遅くなったりすることがあります。前回と生理周期が違うと不安になる人もいるかもしれませんが、25~38日周期のなかでの差異であれば正常な範囲です。そのあとの周期で元に戻るのであれば、特に心配はいりませんよ。ただし生理が遅れている場合は、妊娠の可能性も念頭に置いておきましょう。

もし生理周期が24日以下、もしくは39日以上の場合は、正常とされる生理周期の範囲外ですので、その状態が何周期にもわたって繰り返されるのであれば、月経異常を疑う必要があります。

生理周期がバラバラになる原因は?

女性 疑問 困る はてな なぜ

生理周期がバラバラになる原因は、卵巣の機能低下やホルモンバランスの乱れなど様々です。ここでは、生理周期が短い「頻発月経」、周期が長い「稀発月経」、そして生理周期が毎回バラバラになる「不整周期月経」の3つについて、その原因をご紹介します。

頻発月経

生理周期が24日以下である場合は、「頻発月経」と診断されます。月によっては2回生理が来ることもあり、「生理が終わったと思ったらまた来た…」とつらい思いをする人もいるかもしれません。頻発月経になると生理周期が短いだけではなく、周期自体も不安定になりがちです。

原因1. 卵巣機能の低下

卵巣の機能が低下したことで、排卵が正常に起こらない「排卵障害」の状態になり、生理周期が短くなります。場合によっては「無排卵月経」を起こしている可能性も考えられます。

原因2. ホルモンバランスの乱れ

運動不足や食生活の乱れ、睡眠不足などの影響でホルモンバランスが乱れると、卵巣内で卵胞が育つ「卵胞期」が短くなり、それにともなって生理周期も短くなります。

原因3. 黄体機能不全

女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌が少ないと、生理周期の後半である「黄体期」が短くなります。黄体機能不全では子宮内膜を維持できる期間が短くなるため、生理周期が短くなりやすい傾向にあります。

稀発月経

生理周期が39日以上であれば、「稀発月経」と呼ばれる生理周期異常にあたります。卵巣の中でうまく卵胞が成長しないと、正常に排卵が起こらず、生理周期が長くなる傾向にあります。

原因1. ホルモン分泌の異常

過度なストレスや体調不良などが重なると、卵胞の成長に必要な「卵胞刺激ホルモン」の分泌量を脳内で調節できなくなります。その結果、卵胞の成長が滞ってしまうのです。

原因2. 卵巣機能の低下

ホルモン分泌が正常に機能していたとしても、卵巣になんらかの異常があれば卵胞の成長は滞ってしまいます。「多嚢胞性卵巣症候群」などの病気が原因で、卵胞がうまく成長できなくなっている可能性も考えられます。

原因3. 栄養バランスの乱れ

過度なダイエットや食生活の乱れにより、栄養バランスが崩れてしまうことも稀発月経の原因となります。栄養が不足すると、体が生命維持を優先させるため、生殖機能の役割を抑えてしまうからです。

原因4. 閉経(早期閉経)

加齢による一般的な閉経は、老化による自然なものです。しかし、30代ぐらいの女性であっても、ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因で、早期閉経を起こすことがあるので注意が必要です。閉経により卵胞の成長が鈍くなると、排卵までに時間がかかり、その結果、生理周期も長くなります。

不整周期月経

月経が正常周期の25~38日から外れているうえに、頻発月経と稀発月経が交互にきたり、毎回周期がバラバラになったりするケースを「不整周期月経」と呼びます。

これは上にご紹介したような原因で生理周期が不安定になった結果、引き起こされることがあります。また、思春期や更年期に多く、産後や授乳中にもよく見られます。

生理周期がバラバラになる場合の対処法は?

女性 ひらめき 解決 アイデア 豆電球

これまで見てきたように、様々な要因で生理周期が不安定になることがあります。頻発月経や稀発月経が起こった場合、以下のような対処法が考えられます。

2周期以上続く場合は、婦人科で受診を

頻発月経や稀発月経が2周期以上続いたり、周期ごとに日数の変動が激しかったりする場合には、早めに婦人科を受診しましょう。ホルモン剤による治療が必要な場合もあります。低用量ピルによって生理周期を整える方法もありますが、服用中は妊娠できません。早めの妊娠を希望する場合は、医師と相談しましょう。

先述のとおり、頻発月経の場合は「無排卵月経」、稀発月経の場合は「多嚢胞性卵巣症候群」という排卵障害が起こっている可能性も考えられます。どちらも長い間放置してしまうと、不妊につながりかねないものなので、生理周期の異常が続く場合には念のため病院で検査を受けると安心ですね。

規則正しい生活を心がける

過度なダイエットによる栄養不足、精神的ストレスや睡眠不足によって生理不順になる女性も多いのが現状です。

生理が来るのが早くなったり遅くなったりした原因として、こうした生活習慣の乱れが考えられる場合は、「あたたかい食べ物を摂って冷えを防ぐ」「24時までには就寝する」「軽いストレッチをしてストレス発散する」など、少しずつ健康的な生活を送れるように心がけていきましょう。

基礎体温を測る

基礎体温をつけることで、排卵の有無やホルモンバランスの状態などを読み取ることができます。妊娠を望んでいる場合は、基礎体温を記録し、排卵日を予想することが重要ですよ。

また、基礎体温表を医師に見せれば、今の状態をスムーズに把握してもらえるので、早期に適切な治療を始められるというメリットもあります。基礎体温の正しい測り方や、体温表の見方については下の関連記事を参考にしてくださいね。

生理周期がバラバラのときは、早めの受診を!

婦人科 病院 女性 医師 相談

今回ご紹介したとおり、生理周期が25~38日の範囲よりも長かったり短かったりする原因は色々考えられます。女性の体はデリケートなので、一度周期がずれただけであれば心配しすぎる必要はありません。

しかし、月経周期の異常が2周期以上続く場合には、その状態を放置せず、早めに婦人科で診察を受けてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう