ひらがなの可愛い名前16選!女の子・男の子別のおすすめは?

最近、当て字を使った珍しい名前が増えてきていますが、「シンプルなひらがなの名前をつけたい」というパパとママも多いですよね。漢字を使わない名前は読み間違われることがなく、字面からやわらかい印象を与えることができますよ。

今回は、ひらがなを使った名前を、男の子・女の子のイメージ別に16例ご紹介します。

ひらがなの名前をつけるときのポイントは?

アイデア 発見

曲線が多いひらがなは、やわらかさと優しさを感じさせます。漢字と比べると字画が少ないので、すっきりした印象にもなりますよ。また、ひらがなだと小さな子供にとってもわかりやすいので、早いうちから自分の名前を読み書きできるというのも、うれしいポイントです。

ひらがな50音からランダムに名前を組み合わせるのは難しいので、まずは「爽やか」「穏やか」など、名前に持たせたいイメージから考えてみるのがおすすめです。連想する漢字の意味や、声に出したときの響き、文字で書いたときの形など、総合的に気に入った名前が見つかるといいですね。

ひらがなの男の子の名前!

赤ちゃん ずりばい 男の子

爽やかなイメージ

かい

爽やかな「海」や朗らかな「快」など、前向きなイメージの漢字の音読みである、「かい」。ひらがなで名づけることで、漢字に縛られることなく複数の意味を持たせることができますね。

いぶき

「生命の息吹」を連想させ、赤ちゃんが生まれる喜びを重ねられる名前です。ひらがな特有のやわらかさがありながらも、真ん中に濁音が入ることで締まりのある響きになりますよ。

おおらかなイメージ

とわ

「永久」「永遠」の読みとして当てられることが多い、「とわ」。時間的な広がりを感じさせる名前ですね。ひらがなにすることで、親しみやすさが増します。

かなた

「遥か彼方」という言葉があるとおり、「かなた」は距離的な広がりを連想させます。弟が生まれたときに、最後が「た」で終わる名前で揃えることもできますね。

強くたくましいイメージ

ちから

漢字で書くと「力」ですが、「一文字だと名字とのバランスが良くないな」と感じる人は、ひらがなで名づけてみるのはいかがでしょう。「りき」と読み間違われる心配もありませんよ。

れお

アニメ「ジャングル大帝」の主人公・レオのように、「たくましく勇気のある子に育ってほしい」という願いが込められますね。海外でも通じる響きなのもポイントです。

元気で明るいイメージ

つばさ

翼を広げて空を自由に飛び回るような、元気いっぱいのイメージです。「空を翔ける」という意味から、「かける」というひらがなの名前も人気ですよ。

あゆむ

未来に向かって歩を進める、前向きな印象を与える名前ですね。「漢字で『歩』と書くと、女の子に間違われるかも」と思う人は、ひらがなで名づけるのもおすすめです。

ひらがなの女の子の名前!

女の子 赤ちゃん

古風・和風なイメージ

わかな

百人一首の「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」という歌にも登場する「わかな」。古くからある歌から名前をつけるのも、風流ですよ。

やえ

「花びらが数多く重なっていること」を表す「八重」から取った名前です。漢字で書くと落ち着いたイメージに、ひらがなで「やえ」と書くとやわらかい印象になりますね。

可愛いイメージ

ひなた

ぽかぽかと日差しが当たる「ひなた」のように、心が温かい女の子に育ってくれそうですね。先ほど男の子の名前で紹介した「かなた」と合わせて、兄弟姉妹に名づけるのも素敵です。

はるの

「春」「温」「晴」など、温かいイメージのある「はる」に、「の」が女の子らしさを加えてくれます。三文字とも丸みのあるひらがなで、書いたときの雰囲気が可愛らしいですよ。

穏やかなイメージ

ゆうみ

「ゆう」という音から、「優」や「悠」など、おおらかな漢字を連想できますね。ほかにも「さあや」「りいな」のように伸ばす音があると、柔和な印象を持たせることができますよ。

まどか

「形がまるいこと、円満なこと」を表す名前、「まどか」。漢字で「円」と書くのも知的ですが、ひらがなだとより優しい雰囲気になりますよ。「はるか」のように「か」で終わる名前を姉妹につけるのも◎。

気品があるイメージ

れい

スマートな響きがあり、男の子につけても違和感がない名前です。より女の子らしい、品のある名前を探している人には、「れいか」「れいな」など一文字加えるのもおすすめですよ。

みやび

気高く、優美な印象を与える名前です。「雅」と漢字で書くとおごそかな感じがしますが、ひらがなで「みやび」と書くと、文字の曲線から少しふんわりした雰囲気になりますね。

ひらがなの名前に、たっぷり愛情を込めましょう

赤ちゃん 夫婦 パパ ママ キス 乳幼児

最近では、凝った漢字の組み合わせや当て字の名前も多くあります。それらと比べると、ひらがなの名前はシンプルに感じられるかもしれません。しかし、一字ずつ意味のある漢字と比べると、名前に込める願いに幅を持たせることができるというメリットもありますよ。

今回の記事でご紹介したように、「おおらか」「たくましい」「気品がある」といったイメージや、文字で書いたときの形から、ひらがなの名前を考えてみるのもおすすめです。生まれてくる子供の幸せを願いながら、パパとママの愛情をたっぷり込めた名前をつけてあげてくださいね。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい