男の子のかっこいい名前16選!人気の漢字で名づけをしよう!

強くてたくましく優しい心を持った「かっこいい」男の子は、みんなからのヒーローですよね。そんな子供に育ってほしいと願って、男の子には、かっこいい名前をつけてあげたいと思うパパやママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、人気の漢字を使った男の子のかっこいい名前をご紹介します。

男の子にかっこいい名前をつけるときのポイントは?

女性 疑問 クエスチョン 注意 びっくり 驚き 悩み スマホ 携帯電話 チェック 悩み

一口に「かっこいい」といっても、人によってイメージするものは違います。勇気があってたくましい男の子もかっこいいし、心が広くて優しい男の子もかっこいいですよね。

男の子の赤ちゃんに「かっこいい名前をつけよう!」と思っているパパやママは、「どんな男の子に育ってほしいか」という想いを込めてあげるのもいいですね。

次からは、漢字の特徴や響き、イメージといったテーマ別に、かっこいい男の子の名前を16個ご紹介していきます。

漢字一文字を使った男の子のかっこいい名前

漢字 習字

漢字一文字で表される名前は、潔くビシッと決まっていて、かっこいいイメージがありますよね。漢字一文字にパパとママの思いをぎゅっと込められるのも、人気の理由です。

蓮(れん)

蓮(はす)は、仏教では神聖な花とされています。夏が見ごろの花で、「神聖」や「清らかな心」という花言葉がついています。「れん」という響きから、涼やかで凛とした雰囲気の男の子に育ちそうですね。

純(すなお)

「純」は「穢れのない、きれいで高潔なさま」を表し、純粋な印象を与えてくれます。素直な子供に育ってほしいと願うパパやママにおすすめの名前です。

統(すばる)

「統」には「全体に繋がるスジを指し、全体をまとめる」という意味があります。解字の「充」は、充実していることを意味していて、糸偏がつくことで充実した状態が全体に行き届くことを表しています。

仁(じん)

「仁」という漢字は「人」そのものを指し、隣人愛の気持ちを表していて、儒教ではとてもいい漢字とされています。「広く他人を思いやり、慈しみの気持ちをもつこと」という意味の「仁義(じんぎ)」という言葉もあります。他と組み合わせて使うことが多い漢字ですが、あえて一文字で使ってもかっこいいですね。

古風でかっこいい男の子の名前

古都 京都 紅葉 清水寺

歴史上の人物や武士の時代を連想させる古風な名前も、かっこいい男の子の名前として人気です。昔から使われていた名前には、安定したイメージを感じることもできますね。

正宗(まさむね)

日本らしい古風な名前を付けたいと思っているパパやママにおすすめです。「努力家」「正義感がある」といった意味があります。読みが四文字の名前は男の子らしく、かっこよさを感じることができますね。

伊織(いおり)

最近では女の子につけられることも多い名前ですが、もともとは宮本武蔵の養子である「宮本伊織」にあやかった名前だといわれています。宮本伊織は実直な人柄で家臣からの信頼が厚く、若い時から才気にあふれる人物だったそうです。子供にもそんな風に育ってくれたらいいですね。

朔太郎(さくたろう)

「日本近代詩の父」と呼ばれる萩原朔太郎を連想させることや、「太郎」という響きから、古風なイメージを抱きやすいですが、近年人気の名前です。「朔」には、「月の初め日」という意味があり、「これから新しいことが始まる」「一番最初」といった意味合いも含まれています。

響きがかっこいい男の子の名前

音符 空 音楽 メロディ

音の響きを聞いただけで、かっこいいと感じる名前も素敵です。まずは好きな響きから名前の読みを決めたいというパパやママにおすすめです。

達磨(たつま)

あるお坊さんがつけた名前で、「達磨(だるま)のように何度も立ち上がれる挫けない子になるように」という想いが込められています。よく聞く響きではありますが、意味を知ると改めていい名前だと感じますね。

瑛至(えいしん)

「瑛」は球が輝くさまを表しており、「至」には最高にという意味があります。「臆さず、笑顔が輝く子供になってほしい」という想いを込めてつけてあげたいですね。同じ読み方の「栄進」という漢字は、「役職や地位が上がること」という明るい未来を意味しており、「えいしん」という響きそのものが前向きな印象を与えてくれます。

伊吹(いぶき)

「生気や活気のあること」を意味する息吹(いぶき)をもじった名前です。心地よい響きの中に力強さを感じることができます。生命力のある丈夫な男の子に育ってくれそうですね。

たくましさをイメージさせる男の子の名前

男の子 たくましい

「男の子にはたくましく育ってほしい」という願いを持つパパとママは多いですよね。たくましさや強さをイメージさせる漢字を使うことで、男の子らしくかっこいい名前がつけられますよ。

大翔(たいが・はると・ひろき)

漢字からも響きからも、たくましさを感じる名前です。「大」という漢字には、「大きい」だけでなく、「立派なさま」「偉大と認める」といった意味もあり、「翔」には、「羽を大きく広げて飛ぶ」という意味があります。「世界に大きく羽ばたいていってほしい」という願いを込めた名前として人気です。

勇武(いさむ)

響きからも、勇ましくて強い男の子のイメージが伝わってくる名前です。「勇」には、「気力があって、思い切りがいい」という意味があり、侍を連想させる「武」は、たくましさを表しています。「ゆう」と読む漢字のなかでも、「勇」は特に男の子にぴったりの漢字ですよ。

雄星(ゆうせい)

「オス」の意味の「雄」という漢字を使った男の子ならではの名前です。「星」を組み合わせることで、男の子たちの中でスターのような存在として、たくましく生き抜いていってほしいという願いを込めることができます。

珍しくてかっこいい男の子の名前

女性 本 勉強 辞典

個性的な名前を持った男の子は、かっこいいですよね。珍しい名前は本人の個性にもなって自信につながりそうです。

海凪(みなぐ)

「みなぐ」は珍しい名前ですが、落ち着きのある響きを持っています。「海」には「大きい」や「多くのものが集まるところ」という意味、「凪」には「落ち着いた」という意味合いがあるので、雄大さと穏やかさを持った男の子に育ってくれそうですね。

翔(かける)

「翔」という漢字は、「しょう」と読むことが多いですが、「かける」という読み方で名前をつけてみるのもおすすめです。字のとおり「羽を大きく広げて飛ぶ」という意味があるので、未来に大きく羽ばたいていってほしいというパパやママの想いを込められそうですね。

樹(たつき)

「樹」と書いて「いつき」と読むことはありますが、「たつき」は珍しい読み方です。生命力を感じる「樹」という漢字一文字だけを使うことで、頼りがいのある強い男性に成長してくれそうです。

パパとママの想いを込めて、男の子にかっこいい名前をつけよう

男の子 飛行機

名前は運命にも大きく関わるとされ、姓名術では「良い名前は幸運を招き、悪い名前は不幸を招く」といわれています。

今回ご紹介したように、かっこよさを感じる男の子の名前はたくさんあります。まずはパパとママが、どんな子供に育ってほしいか、どんな人生を歩んでほしいかをよく考えて、その想いを込めながら名前をつけてあげられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう