個性的で珍しい名前12選!男の子・女の子別の変わった名前とは?

最近は、子供に珍しくて個性的な名前をつけたいと考えるパパやママが増えています。ぱっと見ただけでは読めない当て字の名前、外国の言葉のような響きの名前、歴史上の人物にちなんだ名前といったように、珍しい名前には様々なタイプがあり、どれも個性的ですよね。今回は、変わった漢字や読みを使った珍しい名前を、男の子・女の子別にご紹介します。

珍しい名前をつけるときのポイントは?

赤ちゃん ママ あんよ

子供に珍しい名前をつけるときは、パパとママの想いや願いを込めてつけることが大切です。漢字が珍しいから、読み方が珍しいからといった理由だけで個性的な名前をつけるのではなく、どんな子供に育ってほしいか、どんな人生を歩んでほしいかを考えながら、名前をつけてあげるといいですね。

パパとママの思い出の場所、好きな色、好きな人物などにちなんだ漢字や読みを使った名前もおすすめですよ。

珍しい名前をつけるときの注意点は?

注意点 電球 手

珍しい名前には、個性的、印象的といったポジティブなイメージがある一方で、読みにくい、名前として不自然、というイメージを持つ人もいます。

名前は親からの最初のプレゼントであり、子供が生涯を通じて書いたり呼ばれたりするものなので、周りの人からの印象も考慮しながらつけるようにしましょう。子供に珍しい名前をつけるときは、両親や義両親、友人に相談してみるのもいいかもしれませんね。

次からは、変わった読み方をしたり、変わった漢字を使ったりしている珍しい名前の例を、男の子・女の子別に12個ご紹介します。

珍しい男の子の名前6例

男の子 勉強 本 調べる

喜怒哀楽(ゆたか)

感情豊かな子供に育ってほしいという願いが伝わってくる個性的な名前です。大きくなるにつれて、いろいろな感情を味わうようになりますが、どんなときでも、豊かな心を持って前向きに進んでいってほしいですね。

一番星(かずや)

どんな星よりも明るく輝く一番星のように、誰よりも輝く存在になってほしいという想いが込められた名前です。「一」だけでも「かず」と読むことができますが、あえて「一番」とすることで、より個性的になりますね。

勾斗(まがと)

三種の神器のひとつである「勾玉」が由来となった名前。「まがと」という読みは珍しいですが、自然と男の子らしい印象を与えてくれますね。日本神話や歴史が好きなパパやママにおすすめですよ。

大帝(れお)

百獣の王ライオンをイメージした名前で、「人の上に立つカリスマ性のある人になってほしい」という想いが込められています。みんなの気持ちを汲み取れる、心優しいリーダーになってくれるといいですね。

熱寿(ひいと)

響きと漢字から、熱血漢なイメージが伝わってくる名前です。「寿」という漢字には、縁起の良さも感じますね。スポーツ好きなパパやママにもおすすめですよ。

印度(あきと)

パパとママの思い出の国や都市を名前に使った珍しい名前です。漢字はインドを表していますが、あえて「あきと」と読ませることで個性が出ますね。国名の漢字表記を使った名前には、英都(えいと)、伊太瑠(いたる)、米都(みつと)といったものがあります。

珍しい女の子の名前6例

女の子 ペン 勉強

唯一神(ゆいか)

優しく穏やかな響きですが、漢字からは孤高で気高いイメージが伝わってくる名前です。唯一無二の神聖な存在に感じられる我が子へ想いを込めてつけたいですね。

女神(さやか)

読みはポピュラーな名前ですが、漢字に強いインパクトがあります。ギリシア神話に登場する智恵と戦いの女神アテナのように、「爽やかで強く気高い女性に育ってほしい」という想いが込められています。同じ漢字で、「まりあ」と読むことも。

空海(あみ)

真言宗の開祖である弘法大師にちなんだ名前で、「落ち着きのある女性に育ってほしい」という願いが込められています。「空」「海」ともに大自然を表す漢字であることから、広い心を持った優しい女性に育ってくれそうですね。

京(みさと)

読みだけを聞くとポピュラーな名前ですが、「京」一文字で「みさと」と読むのは珍しいですよね。「京」という漢字は和のイメージが強いので、上品で古風な印象を与えることができます。

美女(えみこ・みいな・ひとみ・みお)

漢字の通り、「美しい女性に育ってほしい」という想いが込められた名前です。読み方に様々なバリエーションがあるのも特徴です。「えみこ」や「ひとみ」のようなポピュラーな読み方でも、「美女」という漢字を使っていることで、珍しさが増しますね。

真魚(まな)

神秘的な力の源である「マナ」にちなんで付けられた名前で、「強い魂を宿した女性に育ってほしい」という想いが込められています。エネルギーに満ち溢れた、パワフルな女性に育ちそうですね。

珍しい名前をつけるときはパパとママの想いを大切に

子ども ママ 赤ちゃん 海 リゾート

珍しい漢字を使った名前や難しい読みの名前は、子供が持つ個性にもつながります。名前の珍しさだけを重視するのではなく、どんな子供に育ってほしいか、どんな人生を歩んでほしいか、パパとママの想いを込めながら名前をつけましょう。子供が大きくなったときに、名前の由来を話してあげるのも楽しみですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう