4人家族の生活費の平均は?支出の内訳や抑えるコツは?

頑張って節約しているつもりでも、月末にお金が残らない…このような状態が続くと、自分の家庭が浪費をしているのではないかと不安に感じますよね。他の4人家族はどれくらいの生活費でやりくりしているものなのでしょうか。そこで今回は、4人家族の生活費の統計データや支出の内訳、そして支出を抑えるコツなどをご紹介します。

4人家族の生活費の平均は?統計データは?

家族 4人 ファミリー

総務省統計局の「家計調査結果」によれば、4人世帯の平均支出額(生活費)はおよそ31.5万円/月とされています(※1)。

ただし、この数字は全国を通じての平均値のため、地域や家族の年齢などによっても差が見られます。

4人家族の生活費の平均的な内訳は?

お金 通帳 貯金箱

それでは、生活費の内訳はどのようになっているのでしょうか。

4人家族の生活費の内訳の平均は、食費が約8.1万円、交通・通信費が約4.6万円、教養娯楽費が約3.1万円、教養費が約2.9万円、住居費が1.5万円となっています。

教育娯楽費とは、文房具やスポーツ用品、ペットなどにかかる費用や習い事の月謝などが含まれます(※1)。

住居費が1.5万円と一般的な感覚からするとかなり低く感じますが、「家賃・地代を支払っている世帯の割合」が15.2%と低く、すでに住宅ローンを終了している家庭も含めた統計だからだと推測されます。

節約したいと思ったら、生活費に占める割合が大きい食費と、交通・通信費を見直すことが近道です。ここからは、それぞれの節約のコツについてご説明します。

4人家族の生活費の節約のコツ:食費編

食事 家族団らん 魚 料理 食卓

ここまでご紹介した統計データを見ると、食費が支出全体に占める割合は1/4以上にものぼることがわかります。

そのため、4人家族の支出の節約には、食費の節約が効果的だといえるでしょう。

食費を節約するには、まず月の目標額を設定することです。一般的に、生活費における食費の割合は、給料の手取り金額の15~20%以内に収めるのが理想だといわれています。つまり、手取りが約40万円の家庭は6~8万円ほどに、50万円の家庭では7.5~10万円ほどに収めるのが理想的な食費ということになります。

ここでは、外食と家庭での食事という2つの面から、食費を節約する方法を紹介します。

外食を減らす

実際の支出額を振り返り、オーバーしている場合は、まず外食の回数をチェックしましょう。

外食は食費を増やす最大の理由です。4人家族で外食する場合、1回の外食費は4,000~5,000円ほど。2週間に1回の頻度でも月に1万円の出費になります。年額にすれば12万円、もし1週間に1回の外食なら、年額で24万円になります。

この金額を貯金に回せると思うと、大きな支出ですよね。

家庭での食事を工夫する

家庭での食事の工夫でも食費を節約することができます。

食べ盛りの子供がいる家庭で有効なのが、料理のかさ増しです。栄養価が高いことでも知られるもやしや豆腐などは、ボリュームがある割に価格が安く、節約メニューには最適。また、はんぺんやおからなどは餃子のタネにいれることで美味しくかさ増しできます。

子供が大きくなると、お肉料理のリクエストが増えることもありますが、そんな時に活躍してくれるのが、麩や高野豆腐。調理法次第でお肉の代わりに活躍してくれますよ。

さらに、その時々の旬の野菜や果物、魚などは味が美味しいことはもちろん、価格も安く手に入れることができるので、食材の旬を見逃さないようにしたいですね。

4人家族の生活費の節約のコツ:交通・通信費編

チャイルドシート 男の子 母親 車 笑顔 お出かけ

4人家族の交通・通信費の内訳のなかでも多くを占めるのが、「自動車等関係費」と「通信費」です。

それでは、それらをどうやって節約すればいいのでしょうか。

カーシェアリングを利用する

交通・通信費の内訳のなかで、一番金額が大きいのが車に関する費用です。

通勤や通学の足として使うのであれば自家用車が必要かと思いますが、年に数える程しか乗らないのであれば、手放してしまってカーシェアリングなどのサービスを利用してもいいでしょう。

自動車が必要なときに分単位で借りられ、駐車場代などもかからずに車を使うことができるため、車を使う頻度によってはかなり節約できるかもしれませんよ。

携帯電話の料金プランを見直す

携帯電話の契約の際に、いろいろなプランに加入した覚えはありませんか?「必要のないサービスはいつでも解約できます」とお店の人から説明を受けても、その後解約を忘れてしまっている人も多いのではないでしょうか。

オプションプランは数百円単位のものが多いですが、複数のオプションを契約していて、それが毎月の出費として積み重なっていくとなると、実際は結構な額の出費になっている場合があります。

心当たりのある人は、携帯電話会社の店舗に行って相談するか、インターネットで契約状況を確認することをおすすめします。

4人家族の生活費、平均支出が大きくなるのはいつ頃?

教育資金 勉強 お金 貯蓄

2人以上の勤労世帯の支出を年代別にみたものによれば、世帯主が40代のときに教育費と教育娯楽費が最大になります(※1)。子供が中学、高校へと成長するにつれて、次第に学費や塾などの月謝が大きく膨らんでくるからです。

ママ・パパが40代になる頃には収入も上がる可能性もありますが、その頃に必要になる子供の教育費を見据え、30代からコツコツと貯金をしておくのがおすすめです。

4人家族の生活費、平均額を参考にしてゆとりある節約をしよう

ママ 女の子 子供 お金 貯金

4人家族の生活費の平均は、31.5万円/月です。

統計上はこの金額ですが、万が一のためにこれとは別に、いくらか貯蓄に回したいですよね。家族のことを思って、一生懸命節約している人も多いと思います。

節約は大事ですが、あまりそれだけにこだわると、生活にうるおいがなくなってしまうかもしれません。お出かけ前に子供と一緒にお弁当を作ったり、子供服はフリーマーケットを利用したりと、楽しみながら出費を削ってみるのもおすすめですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう