子供の教育費の平均は?公立・私立でいくら必要なの?

子供の教育費は、よく1人あたり1,000万円といわれます。金額の大きさに圧倒されますが、教育方針によっては、前後差はさらに大きくなることも。一度に準備する金額ではないとはいえ、成長するごとにどれくらいかかるものなのか、事前に知っておきたいですよね。そこで今回は、子供の教育費について、時期別・項目別に、公立・私立で必要な教育費の平均をご紹介します。

子供の教育費って、いくらかかるの?

グラフ

子供の教育費は、授業料、給食費などの学校にかかる費用や習いごとなどの学校外活動費を合わせて「学習費総額」といいます。

文部科学省によると、大きくまとめて、幼稚園の3歳から高校3年生までの15年間でかかる学習費総額は、すべて公立に通った場合は約523万円、すべて私立に通った場合は約1,770万円です(※1)。

このように、選択する教育方法や機関によって大きく異なるため、子供の教育費には「●●円かかる」と、一概に言えないのが現状です。

子供の教育費の平均は?

学費 お金 教育費

それでは、「教育費=学習総額費」と考え、学習総額費の平均を細かく見ていきましょう。

私立に入った場合の公立との学習費総額の差は、幼稚園では約2.2倍、小学校では約4.8倍、中学校では約2.8倍の、高等学校では約2.4倍も変わります。

以下に、時期別で公立・私立にかかる年間、及び卒業までの学習費総額の平均をまとめました(※1,2)。なお、文部科学省のデータを元に作成しているため、保育園ではなく、幼稚園での費用になります。

幼稚園

・公立の年間:約22万円、3年間:約66万円
・私立の年間:約50万円、3年間:約150万円

小学校

・公立の年間:約32万円、6年間:約192万円
・私立の年間:約154万円、6年間:約924万円

中学校

・公立の年間:約48万円、3年間:約144万円
・私立の年間:約134万円、3年間:約402万円

高等学校

・公立の年間:約41万円、3年間:約123万円
・私立の年間:約100万円、3年間:約300万円

大学学部(昼間部)の学費

・国立の年間:約65万円、4年間:約260万円
・公立の年間:約67万円、4年間:約268万円
・私立の年間:約136万円、4年間:約544万円

※万以下を四捨五入して表記

子供の教育費の項目別の目安は?

小学校 教室

ここでは、学習費総額から、教育費、給食費、学校外活動費がどれくらいかかるものなのか、幼稚園から高等学校と、大学学部(昼間部)で、項目別にご紹介します(※1,2)。

幼稚園から高等学校の教育費

幼稚園

・公立の年間:約12万円、3年間: 約36万円
・私立の年間:約32万円、3年間:約96万円

小学校

・公立の年間:約6万円、6年間: 約36万円
・私立の年間:約89万円、6年間:約534万円

中学校

・公立の年間:約13万円、3年間: 約39万円
・私立の年間:約102万円、3年間:約306万円

高等学校

・公立の年間:約24万円、3年間: 約72万円
・私立の年間:約74万円、3年間:約222万円

幼稚園から高等学校の給食費

幼稚園

・公立の年間:約2万円、3年間: 約6万円
・私立の年間:約4万円、3年間:約12万円

小学校

・公立の年間:約4万円、6年間: 約24万円
・私立の年間:約5万円、6年間:約30万円

中学校

・公立の年間:約4万円、3年間: 約12万円
・私立の年間:約0.4万円、3年間:約1万円

高等学校

・公立の年間:ー、3年間:ー
・私立の年間:ー、3年間:ー

幼稚園から高等学校の学校外活動費

学校外活動については、公立と私立ともに、中学校・高等学校・大学等への進学が近づくにつれて増加傾向にあり、公立では中学3年生、私立では小学校6年生が最多となっています。

幼稚園

・公立の年間:約8万円、3年間:約24万円
・私立の年間:約14万円、3年間:約42万円

小学校

・公立の年間:約22万円、6年間:約132万円
・私立の年間:約60万円、6年間:約360万円

中学校

・公立の年間:約31万円、3年間:約93万円
・私立の年間:約31万円、3年間:約93万円

高等学校

・公立の年間:約17万円、3年間:約51万円
・私立の年間:約26万円、3年間:約78万円

大学学部(昼間部)の食費、住居、光熱費等

大学生になると一人暮らしなどをする子供も増えてきます。その分の生活費等も考えておく必要があります。年間で約30~55万円程度と状況などに個人差が出てきます。

その他、娯楽費などで別途年間30万円くらいかかりますが、どこまでを仕送りをするかも家庭によって異なるようです。

※万以下を四捨五入して表記

子供の教育費のケース別総額とは?

学校 勉強

このように子供の教育費を考えると、幼稚園から私立を選ぶ場合と、中学や高校から私立に行く場合では準備する教育費も大きく変わってきます。全て公立に通った場合と比べて、全て私立に通った場合では、3.38倍も教育費が必要になります。

ここでは、全て公立に通った場合をはじめ、途中から私立に通うケースで必要な学習費総額をシミュレーションでご紹介します(※1)。

幼稚園から高等学校までの15年間の学習費総額

・全て公立:約523万円
・幼稚園のみ私立:約609万円
・高等学校のみ私立:約698万円
・幼稚園及び高等学校は私立:約784万円
・小学校のみ公立:約1,041万円
・全て私立:約1,770万円

大学4年間の学費と生活費の総額

・国立:約600万円
・公立:約570万円
・私立:約791万円

※万以下を四捨五入して表記

子供の教育費は、貯金、制度や保険を活用して準備しよう

夫婦 相談 アドバイス 忠告 男性 女性

教育費の計画的な貯蓄も大切ですが、効率的に貯めるためには、ライフプランナーに相談してみるのも良いですよ。保険や国の制度に加え、家計全体から見た貯蓄金額の割合なども分かるのでおすすめです。

また、学資保険や奨学金について知っておくことも重要です。昨今、奨学金の返済について注目されましたが、給付型の奨学金制度が平成29年度から導入されるようにもなってきました(※3)。

子供の教育費は、両親の教育方針はもちろん、子供自身の意志も含まれてきます。そのときに最善の判断ができるよう、あらかじめ教育費に関しては準備しておくことが大切です。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう