子供の身長が低い!平均身長は?低いかどうかの判断基準は?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

子供が年齢を重ねるごとに、「周りのお友達との身長差が気になる…」というママやパパも多くいます。子供の成長度合いには個人差があるので、あまり気にすることはありませんが、どのくらいの身長が平均的なのか知っておきたいですよね。今回は、子供の平均身長や、極端に身長が低いときの原因、背を伸ばす方法についてご説明します。

子供の身長が低いかどうかを見る目安は?

はてな 疑問 クエスチョンマーク

子供の発育のスピードは人それぞれ。身長が伸びるスピードが早い子もいれば、ゆっくり少しずつ背が高くなっていく子もいます。周りの子と比べて身長が低いからといって、心配しすぎないでくださいね。

もし、子供の身長について不安な場合は、目安として次の2つの項目について見てみましょう。

1. 平均身長との差(SDスコア)

性別・年齢別の平均身長と比較して、子供のSDスコアが「±2SD」の範囲内であれば、標準的な身長といえます。

「SD」とは標準偏差のことで、「SDスコア」は「平均値からどれくらい数値が離れているか」を示す「幅」です。「-2SD~+2SD」の範囲内に約95%の子供が含まれ、-2SDを下回る低身長の子供の割合は、全体の2~3%ほどです。

2. 年間の身長の伸び率

平均身長との差は-2SD以上であるものの、年間で見たときの身長の伸びが悪い場合も、低身長になる可能性があります。現時点ではクラスの中で背が高い方でも、あっという間に周りに追い越されることも。

新生児から1歳までの赤ちゃんの平均身長や成長曲線については、こちらの関連記事を参考にしてください。

子供の平均身長は?低いかどうかの基準は?

グラフ 計測

下の表は、厚生労働省の「平成27年 国民健康・栄養調査報告」の結果から、性別・年齢別の平均身長と標準偏差を抜粋したものです(※1)。

SDスコアは、次の計算式から算出することができます。

SDスコア=(身長の実測値-平均身長)÷SD(標準偏差)

目安として成長曲線でのSDスコアが「-2SD以下」、つまり平均身長との差が大きい場合は、小児科医に相談してみても良いかもしれません(※2)。

性別・年齢別の平均身長・標準偏差

  男の子   女の子
 年齢  平均身長  標準偏差  平均身長  標準偏差
 1歳 77.8cm 5.2 78.4cm 4.1
 2歳  88.7cm 3.6 87.2cm 4.7
 3歳 96.7cm 5.0 96.2cm 4.3
 4歳 103.2cm 4.6 101.2cm 3.8
 5歳 110.9cm 4.5 108.3cm 5.0
 6歳 115.3cm 3.5 113.1cm 6.0
 7歳 121.6cm 5.7 121.1cm 4.7
 8歳 127.4cm 4.4 127.1cm 5.5
 9歳 133.6cm 6.4 133.1cm 7.4
 10歳 137.3cm 6.5 138.5cm 5.6
 11歳 145.7cm 6.6 146.8cm 7.2
 12歳 152.3cm 7.5 150.8cm 5.5

子供の身長が低いときに対策は必要?

身長 子供 男の子 二人

子供の身長がどれくらい伸びるかは、親からの遺伝や体質によるところも大きいですが、それ以外にもいくつか要因があると考えられています。

まず、十分な栄養と睡眠が必要不可欠。カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDなど、骨の成長を助ける栄養素のバランスが取れた食生活が大切です。質の良い睡眠は成長ホルモンを多く分泌させるので、朝・昼・晩のリズムを崩さないようにしましょう。

また、12歳くらいまでの子供は、特に骨が成長しやすい時期です。骨の発達を促すためには、適度な運動も必要ですよ。

そのほか、身近な人からの愛情や日常生活でのストレスなど、心理的要因も身長の伸びに関係しているといわれています(※2)。

子供の身長が低い・高いは個性のひとつ

子供 走る 公園 友達

一人ひとり性格が違うように、身長の伸びにも個人差があります。遺伝も影響しているので、伸ばそうと努力をしても難しいかもしれません。

子供の身長が他の子より高い、低いからといって他者と比べず、それぞれの個性と捉えましょう。身長だけではなく、子供の心身の成長をしっかりと見てあげることを、大切にしてあげてくださいね。

ただし、あまりにも平均身長との差が大きかったり、1年間の伸び率が小さかったりする場合には、稀に成長ホルモンや甲状腺ホルモン、染色体、骨などの病気が原因のこともあります(※2)。男の子は声変わり、女の子なら月経(生理)が始まるとあまり身長が伸びなくなるので、子供の低身長が気になるときは早めに小児科医に相談してみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう