任意予防接種とは?費用は?任意でも受けるべき?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんが受ける予防接種には種類がたくさんあり、スケジュールを組むだけでも一苦労。そんなときに疑問にあがりやすいのが「任意予防接種」の扱い方です。接種するかどうかは親の判断次第なので、受けるべきかどうか悩んでしまう人も多いと思います。そこで今回は任意予防接種とはどういうものか、赤ちゃんが受けられる種類や費用についてご説明します。

任意予防接種とは?

医療 注射 予防接種

予防接種は、特定の病気に対する免疫をつけるためにワクチンを投与することをいいます。赤ちゃんは成長の過程で様々な病気にかかるリスクがありますが、予防接種を受けることで病気への抵抗力をつけ、その病気にかかりにくくしたり、かかってしまったとしても軽い症状で済んだりします。

予防接種にはいろいろな種類がありますが、大きく「定期予防接種」と「任意予防接種」の2つに分けられます。

定期予防接種

定期予防接種は、国が接種を勧めるものです。予防接種法に基づいて決められた期間内であれば無料で受けられます。

任意予防接種

定期予防接種以外のワクチンは、任意予防接種となります。定期予防接種とは違い、有料ですが、自治体によっては費用の一部が助成されたり、無料になったりすることもあります。

また、定期接種となっているワクチンを対象年齢以外のタイミングで受ける場合も、任意接種の扱いになり、基本的に費用は自己負担になります。

任意予防接種は受けた方がいいの?

女性 記号 疑問 クエスチョン

「任意予防接種を受けるかどうかは、親次第」と言われると、受けるべきかどうか判断が難しく、迷ってしまいますよね。基本的には、予防接種は任意のものであっても「受けた方がいいもの」と考え、かかりつけの医師に相談してみましょう。

日本で任意接種とされているワクチンの多くは、海外では定期接種にあたる扱いです。適切な月齢で受けておくと、赤ちゃんを危険な病気に感染することを予防できます。

任意予防接種の安全性は?

赤ちゃん 子供 疑問 謎 不安 はてな

赤ちゃんが小さいうちからたくさんのワクチンを受けることに不安を感じるママもいるかもしれませんが、同時接種の安全性やワクチンの効果について、WHO(世界保健機関)は問題がないという見解を示しています(※1)。

病気にかかりやすい年齢になる前に必要なワクチンを打っておくことで、病気を予防することができ、通院回数を減らすことにもつながりますよ。

任意予防接種の種類と費用は?

shutterstock_250394173

子供が小学校に上がるまでに打っておきたい、4種類の任意予防接種について、内容と費用をご紹介します。費用は病院によっても異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

1. A型肝炎ワクチン

推奨年齢
初回:1歳を過ぎてから
費用
1回あたり6,000~10,000円
回数
3回

発熱や黄疸、倦怠感などを引き起こす、A型肝炎ウイルスへの感染を防ぐためのワクチンです。

2~4週間間隔で2回接種し、1回目から24週(約半年)が経過したあとにもう1回、合計で3回接種します。WHOは1歳以上でA型肝炎ワクチンを打つことを推奨しています(※2)。

また、厚生労働省検疫所によると、途上国に1ヶ月以上滞在する予定がある場合、特に予防接種が推奨されます(※3)。

2. ロタウイルスワクチン

推奨年齢
初回:生後8週〜生後14週6日(日本小児科学会の推奨期間)
費用
1回あたり8,000~15,000円
回数
2回または3回

激しい下痢や嘔吐を引き起こす、ロタウイルス胃腸炎を予防するワクチンです。ロタウイルス胃腸炎の合併症として脳炎が起きることもあり、重症になると死亡する場合もあります。

ロタウイルスワクチンは、注射ではなく経口接種です。ワクチンの種類によって、予防接種を2回、もしくは3回受ける必要があり、いずれも1ヶ月の間隔をおいて接種します。

3. おたふく風邪ワクチン

推奨年齢
初回:1歳を過ぎてから
費用
1回あたり5,000~7,000円
回数
2回

耳のつけ根やあごが腫れる「流行性耳下腺炎(おたふく風邪)」の原因である、「ムンプスウイルス」の感染を予防するためのワクチンです。

おたふく風邪は4~5歳の子供が一番かかりやすく、保育園や幼稚園で流行するとすぐに広がってしまうため、集団生活が始まる前に2回、予防接種をしておくと安心です。

4. インフルエンザワクチン

推奨年齢
初回:生後6ヶ月を過ぎてから
費用
1回あたり2,000~3,000円
回数
1回または2回

高熱を引き起こすインフルエンザウイルスの感染を防ぐためのワクチンです。赤ちゃんが感染すると重症化しやすく、熱性けいれんなどを起こすことがあるので、任意予防接種の中でも特に接種が推奨されています。

13歳未満の子供は、十分な免疫を作るため2回接種します。毎年流行するインフルエンザの型が違うため、シーズンごとに予防接種を受ける必要があります。

任意予防接種のスケジュールをしっかり組みましょう

女性 数える 計算 日数 日にち カレンダー

赤ちゃんを万が一の危険から守るためには、定期予防接種に加えて任意予防接種も受けておくと安心です。ワクチンによって100%病気を予防できるわけではありませんが、万が一発症した場合でも重症化を避けることができますよ。

ただし、複数回受けなければいけないものがほとんどなので、スケジュールを組むのが大変ですよね。下の関連記事でご紹介しているアプリなどを活用して、受け忘れのないように予定を立ててください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう