おたふくかぜの予防接種は受けるべき?回数や時期、費用は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

「おたふくかぜ」は危険な合併症を引き起こすことがあり、注意して対処しなければいけない病気です。おたふくかぜはワクチン接種で予防できますが、費用は自己負担なので、受けるべきか迷うことがあるかもしれません。今回はおたふくかぜの予防接種について、効果や接種回数、時期、費用、副反応などをご紹介します。

おたふくかぜとは?

子供 ほっぺ 頬 女の子

おたふくかぜとは、ムンプスウイルスに感染して、耳の下にある耳下腺(唾液を分泌する腺)が炎症を起こす病気です。正式には「流行性耳下腺炎」という病名ですが、耳の下が腫れて「おたふくのお面」のようになることから、この名前で呼ばれています。

おたふくかぜにかかりやすい年齢は4~6歳で、感染力は強いのですが、感染しても症状が現れない不顕性感染が約30%あります(※1)。

ムンプスウイルスに感染して、耳の下が腫れると、口を開けたり物を噛んだりするときに痛みが生じます。腫れや痛みは発症後3日目頃にピークに達し、その後3~7日ほどかけて治まっていきます(※1)。

おたふくかぜワクチンとは?予防接種の効果は?

予防接種 赤ちゃん 注射

おたふくかぜのワクチンは、ムンプスウイルスの毒性を弱めて作られた生ワクチンで、日本小児感染症学会によると、抗体獲得率は90%前後です(※2)。

おたふくかぜになると、無菌性髄膜炎や難聴(ムンプス難聴)、膵炎、精巣炎、卵巣炎などの重い合併症を起こすことがあります。国立感染症研究所によると、無菌性髄膜炎を引き起こす確率は1~10%、難聴を引き起こす確率は0.1~0.25%とされています(※3)。

日本におけるおたふくかぜのワクチン接種率は約30%と考えられていますが、毎年多くの感染が発生し、最も多い2005年で135万人、最も少ない2007年でも43万人の人が感染しています(※1)。

おたふくかぜだけでなく、合併症からも子供を守るために、予防接種を受けておくことが大切です。

おたふくかぜの予防接種の時期や回数は?

子供 疑問 クエスチョン

おたふくかぜのワクチンは1歳から接種できるようになるので、1歳の誕生日を過ぎたら、できるだけ早めに受けておくことをおすすめします。

日本小児科学会は、確実に免疫をつけるために、2回のワクチン接種を勧めており、1回目の接種を生後12~15ヶ月、2回目の接種を5~6歳の間で推奨しています(※4)。

定期予防接種のMR(麻しん風しん混合)ワクチンと同時接種ができるので、一緒に受けるようにしておくと、予防接種のスケジュールが管理しやすくなりますよ。

おたふくかぜの予防接種の費用は?

グッズ お金 費用

おたふくかぜの予防接種は任意接種扱いなので、費用は自己負担です。病院によって金額は異なりますが、1回ごとの費用はおおよそ4,000~6,000円です。

地域によっては、おたふくかぜのワクチン接種費用を助成してくれるところもあるので、予防接種を受ける前に、住んでいる市区町村の保健センターなどに相談してみましょう。

おたふくかぜの予防接種の副反応は?

医療 聴診器 本 診察

おたふくかぜのワクチンは、毒性を弱めているムンプスウイルスを使っているとはいえ、ウイルスが生きている「生ワクチン」で、予防接種後に発熱や耳の下の腫れなどの副反応が現れる可能性があります。

副反応は基本的に2~3日で自然に治まりますが、3~4日経過しても、発熱や腫れが治まらないときは、予防接種を受けた医療機関に相談しましょう(※5)。

おたふくかぜの予防接種は定期接種にならないの?

医者 注射 予防接種 診察 病院

2013年から厚生労働省は、B型肝炎、ロタウイルス、おたふくかぜの3つの予防接種ワクチンに関して、任意接種から定期接種に変えるべきかを検討してきました。

そして、2016年4月1日以降に生まれた赤ちゃんに関しては、B型肝炎ワクチンの予防接種が定期扱いへと変わっています。

厚生労働省が検討していることもあり、将来的に定期接種へと変わる可能性もあります。つまり、おたふくかぜの予防接種はそれほど重要性が高いと考えられているといえます。

おたふくかぜの予防接種は集団生活が始まる前に

子供 ママ 保育園 通園 

おたふくかぜは、接触感染もしくは飛沫感染によって子供たちの間で流行することがあり、保育園や幼稚園などの集団生活が始まる前に予防接種を受けておくことが大切です。すでに通い始めているという場合は、できるだけ早めに予防接種を受けることをおすすめします。

費用が自己負担の任意接種のため、受けた方が良いかどうか迷ってしまうこともあるかもしれません。しかし、ムンプス難聴などの合併症を引き起こすリスクを低減させるためにも、早めに予防接種を受け、おたふくかぜから子供を守りましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう