悪夢障害とは?子供が怖い夢でうなされる原因と対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

寝ているときに怖い夢を見て、子供が目を覚ましたり、うなされたりするのは珍しいことではありません。しかし、それが何度も繰り返し起きている場合、悪夢障害の可能性があるので、注意して対処する必要があります。今回は子供の悪夢障害について、原因や病院へ行く目安、治療法などをご説明します。

子供が怖い夢でうなされる!悪夢障害とは?

赤ちゃん 泣く 泣き顔 不安

悪夢障害とは、寝ているときに怖い夢を見て何度も起きたり、うなされたりする睡眠障害の一種です。だいたい6歳くらいの子供によく見られます。

夜中に叫び声をあげたり、泣いたりして目を覚ます「夜驚症」に似ていますが、夜驚症は脳が深い眠りにつくノンレム睡眠中に起こりやすく、子供本人は発作のことを覚えていないのが特徴です。一方で、悪夢障害はレム睡眠中に起こりやすく、悪夢の内容をはっきりと覚えているという特徴があります(※1,2)。

また、夜驚症は睡眠の前半に起きやすく、悪夢障害は睡眠の後半に起きやすいという違いもあります(※3)。

悪夢障害になると、頻繁に目覚めたり、寝つきが悪くなったりしてしまうため、睡眠不足に陥ることもあります。

子供の悪夢障害の原因は?

記号 はてな 不思議 疑問

悪夢障害は、以下のような原因によって起こると考えられています。

精神的ストレス

感受性が豊かな子供は、ちょっとしたことでも恐怖を感じやすく、日中に学校や習い事で先生や親に怒られたり、テレビで恐怖番組や暴力的なシーンを見たりしただけでも、怖い夢を見てしまうことがあります。

特に、交通事故を目撃したり、生命の危機を体験したりするなど恐ろしい出来事によってPTSD(心的外傷後ストレス障害)になると、悪夢障害が起きやすく、心のケアが必要になります(※3)。

ドーパミン作動性の薬やパーキンソン病に使う薬、抗うつ薬、禁煙補助薬などを使うと、悪夢を見ることが増えるとされています(※2)。こういった薬は基本的に大人が悪夢障害にかかる原因ですが、子供に抗うつ薬が処方されることもあります。

子供の悪夢障害で病院へ行くべき?

病院 受診 診察 医師 赤ちゃん

子供が悪夢障害などの睡眠障害にかかると、睡眠の量や質が落ち、肉体的・精神的成長に悪影響が出ることがあります。

悪夢障害が疑われる症状が1ヶ月以上続く場合や、日常生活に支障をきたすほど症状がひどい場合は、できるだけ早めに児童精神科などを受診してください。

小児科のなかには、子供の睡眠障害を専門的に治療しているところもあるので、どの病院を受診すれば良いのか分からないときは、地方自治体の保健センターや子育て相談課で相談してみましょう。

子供の悪夢障害の治療法は?

抗生物質 抗生剤 治療 薬

ストレスや薬など、悪夢障害を引き起こしている原因が推測できている場合は、その原因の対処を行います。

原因がはっきりしない場合は、ストレスとの付き合い方を学ぶ認知行動療法や、レム睡眠を抑える薬物療法を行います。

子供が怖い夢でうなされて目覚めたときの対処法は?

子供 泣く 抱っこ 病気

子供が怖い夢を見て目を覚ましたときは、優しく抱きしめて、リラックスさせてあげてください。また、子供が「怖い夢を見た」と話し、その内容を鮮明に覚えて伝えようとしている場合は、適当に受け流さず、しっかりと話を聞いてあげましょう。

そして、「もう大丈夫だよ」「怖かったね。ママがそばにいるよ」などと声をかけて、子供に安心感を与えます。ママやパパが笑顔で側にいてくれるだけでも、子供は精神的に落ち着いてくるものです。

怖い夢を見るのを怖がってなかなか寝つけないときは、無理やり寝かしつけるのではなく、好きな絵本を読んだり、子守唄を歌ったりして、心地良く眠りにつけるようにしましょう。

子供の悪夢障害には落ち着いて対処を

親子 寝る 睡眠 眠る 子供 ママ お母さん 男の子

子供が悪夢にうなされて苦しんでいる様子を見ると、心配になるのは当然の親心。しかし、そこで親がパニックになってしまうと、子供の不安は募り、症状が悪化してしまう恐れがあります。

悪夢障害には落ち着いて対処し、子供に安心感を与えましょう。心のケアを行っても、症状が一向に良くならない場合は、医師に診てもらってください。

必要なときは医療機関の力も借りながら、子供の健康な睡眠をサポートしていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう