夜驚症とは?原因や症状は?どう対処すればいいの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

子供の睡眠障害のひとつに「夜驚症」というものがあるのをご存じですか?夜泣きとは異なり、眠っている最中に突然叫んだり暴れたりするというもので、初めて見るときはびっくりするかと思います。しかし、発作として動き回る子供を無理に抑えようとすると、発作がひどくなることがあり、きちんとした対処法を知っておく必要があります。今回は夜驚症について、原因や症状、治療法、ケア方法などをご紹介します。

夜驚症とは?

子供 夜泣き 泣く 叫ぶ 夜驚症 ベッド

夜驚症とは、子供の睡眠障害のひとつで、眠っている最中に突然叫んだり、泣いたりする発作を起こします。脳が深い眠りにつくノンレム睡眠中に起こっているため、子供自身はその出来事を覚えていません(※1)。

夜驚症は3~6歳の子供によく見られるもので、睡眠時驚愕症とも呼ばれています(※2)。睡眠機能が完成する思春期までに治まることが多く、基本的には治療を必要としません。

夜驚症の原因は?

はてな 疑問 クエスチョンマーク

夜驚症が起こる原因については、はっきりとしたことは分かっていませんが、子供の脳の睡眠をコントロールする機能が未熟で、眠っている状態からうまく覚醒できないために起こると考えられています。

また、楽しい体験や恐怖体験、緊張する体験が夜驚症を引き起こす要因になるともいわれており、遊園地に遊びに行った日や、交通事故に遭った日に夜驚症を起こすことがあります(※2)。

なお、睡眠中に起こる様々な症状を「睡眠時随伴症」と呼びますが、夜驚症だけでなく、悪夢障害や夢遊病なども含まれます。

夜驚症の症状は?

子供 夜泣き 泣く ベッド

眠っているときに突然目を覚まして、泣き叫ぶ、恐怖におびえる様子を見せるといった症状が見られます。また、自律神経も興奮状態になり、心拍数や呼吸数が増えたり、汗をかいたりします。

夜驚症は半分目が覚めて、半分眠っている「部分的覚醒状態」なので、発作中に話しかけてなだめようとしても反応せず、近くにいる人もあまり見えていません。

しかし、発作が治まるにつれて、目を覚ましている状態に近くなっていくので、発作の終盤であれば、声をかけたときに返事してくれることがあります。

発作は1分~10分程度で自然に治まり、再び眠りにつきます。夜驚症で自分がしたことについて、本人は何も覚えていないのも特徴のひとつです。

夜驚症の治療法は?

赤ちゃん 子供 泣く ママ なだめる 抱っこ

夜驚症自体は健康に悪影響を与えないため、特に治療を必要とせず、自然に治まるのを待つのが一般的です。しかし、一晩に何度も起きて睡眠不足が続くなど、症状がひどい場合は、薬を使って対処することがあります。

夜驚症は睡眠の前半に起きやすく、一晩で一回だけのことが多いので、睡眠の後半においても症状が現れる場合や、一晩に何度も起きる場合、一回の時間が10分以上続く場合は、病院を受診しましょう(※2)。

夜驚症ではなく、てんかんなどの病気の疑いもあるので、一度診察してもらい、対処法を相談してください。

夜驚症のケア方法は?

子供 男の子 寝る 睡眠 眠る

夜驚症を起こしているときは、本人は部分的覚醒状態なので、話しかけても反応してくれません。階段を上ったり下りたりする、外に出ようとするなどの危険な行動を起こさないかを注意して見守ってあげてください。

発作として子供が走り回っているときに、無理に抑えようとすると、発作がさらにひどくなる可能性があるので、基本的には見守ることを心がけましょう(※2)。

また、発作で暴れた場合にケガをしないように、眠っている子供の周りには壊れやすい物は置かないようにして、部屋も片づけておきます。

夜驚症が起こっても慌てずに対処を

ママ 子供 布団 寝る ベッド 添い寝

毎晩子供が夜驚症の発作を起こしていると、「本当に治まるのかな」と不安な気持ちになるかもしれません。しかし、前述の通り、夜驚症は成長するにつれて自然に治まっていくことが多い症状です。

子供に不安を感じさせないためにも、ママやパパが落ち着いて対処していきましょう。夜驚症がひどくて、本人も家族みんなも睡眠不足で悩んでいるというときは、医師に相談してください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう