人工授精後の過ごし方とは?安静にするべき?腹痛や出血に注意!

人工授精後は、「安静にした方が妊娠確率が高いのでは?」と考えている人も多いようです。ただ、どこまで気を使えばいいのかわからず、人工授精後の過ごし方でストレスを感じてしまうことも。そこで今回は、人工授精後の過ごし方が妊娠に影響するのか、どんな過ごし方がいいのか、腹痛や出血といった注意すべき症状がないかをまとめました。

そもそも人工授精とはどんな治療?

不妊 相談 カップル 病院

人工授精とは、男性から精子を採取し、女性の子宮内にカテーテルを利用して精子を直接注入して妊娠を目指す不妊治療の一つです。主に男性不妊が原因となる不妊症の際に、人工授精が採用されます。

人工授精後の過ごし方で成功率が変わる?

女性 バルーン 空 開放

人工授精は、精子を子宮内に直接注入する以外は、ほとんど自然妊娠と同じであるため、人工授精後の過ごし方で大きく妊娠率が変わることはありません。受精して着床するまでの短期間で、何かをしたから妊娠率があがる、何かをしなかったから妊娠率が下がる、という劇的な影響がある行為は基本的にありません。

ただし、人工授精も自然妊娠も同じように、妊娠したかどうかに神経質になってしまい、不規則な生活やストレスによって妊娠を妨げてしまう恐れがあります。人工授精後の過ごし方としては、無理に安静に過ごそうとせず、普段通りの生活を心がけることが大切です。

人工授精後はどんな風に過ごせばいいの?

飲食 食事 栄養

人工授精後は「ずっと横になっていたほうがいいのかな…」などと無理して安静にしようとする必要はありません。しかし、できるだけ「妊娠しやすい体作り」を心がけましょう。

なかなか即効性があるものではありませんが、生活習慣の改善で、妊娠しやすい体作りを目指すことは可能です。例えば次のようなことに取り組んでいきましょう。

冷え性対策

冷え性を放置してしまう女性も多いですが、「体の冷えは万病のもと」といわれるように、体調を悪化させやすい体質です。特に、冷え性によって体内の血流が悪くなり、着床に必要な子宮内膜の成長に影響が出て、妊娠しにくい身体になってしまうことも。冷えが原因で生理不順になっている女性も多くいます。

寝るときは腹巻をする、足首を冷やさないように靴下を重ね履きする、身体を温める飲み物を積極的に摂る、適度な運動を行うといった行動を心がけましょう。

栄養バランスを整える

着床しやすくして妊娠率を上げるという意味では、栄養バランスの取れた食生活で身体の調子を整えることが大切です。特に、子宮環境を良くするには葉酸が効果的といわれており、厚生労働省も胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げるためにサプリメントでの摂取を推奨しています。

不妊治療として人工授精を進めている人は、ぜひ葉酸サプリメントを摂取することをおすすめします。

ストレス発散に適度な運動

ストレスは身体の血行を悪くし、妊娠に重要なホルモンの分泌や体内環境に影響が及ぼしてしまいます。ストレスの発散や血流の改善には、ウォーキングやストレッチといった適度な運動がおすすめです。激しい運動は控えて、心地よい疲労を感じる程度の運動を行うようにしましょう。

人工授精後の過ごし方として、飲酒や喫煙はNG?

注意 ストップ

日常生活でいくつか注意点はありますが、どれも一般的なものばかりです。たとえば、疲れ果てるほどの激しい運動は控える、酩酊するくらい飲酒しない、毎日夜更かしをしない、喫煙はしないといったことに注意しましょう。妊娠に向けた注意点というよりも、健康的な身体作りという点で、生活習慣を変えてくださいね。

人工授精後の性行為は大丈夫?

カップル ベッド 夫婦 相談

人工授精後に夫婦生活として、性交をしてよいのかも気になりますよね。基本的には夫婦生活を営んでも問題はなく、性交によって妊娠に支障をきたすとは考えられていません。

ただし、医師によっては妊娠の妨げにならないよう、念のため控えた方が良い、という意見もあります。もし気になるようなら、しばらくはやめておくようにしましょう。

人工授精後に出血や腹痛の症状が出ると要注意?

女性 辛い 寝る ベッド 泣く

人工授精後、数日間はおりものに血が混じっていたり腹痛をともなったりすることがあります。程度が軽ければ問題ありませんが、出血量が多い、あるいは痛みが激しいときはすぐ病院に連絡しましょう。多量の出血や激しい腹痛は精子を注入する際に膣内が傷ついた可能性があるからです。さらに、感染症にかかる可能性もゼロではありません。

基本的に人工授精では痛みを感じない人が多いのですが、異変を感じたときには、担当の医師に相談してくださいね。

人工授精後に注射を打つこともある?

注射

人工授精では、精子を注入するタイミングを排卵に合わせるため、排卵誘発剤が使用されることが多くあります。通常の生理周期に合わせて、内服薬や注射によって排卵を促します。

また、人工授精を行なった後にさらに注射を打つ人もいます。このときに使用する注射の一つにhCG注射があり、黄体ホルモンの分泌を促して、子宮内膜を維持するように働きます。ほかに、黄体ホルモンを直接注射する方法も。

黄体ホルモンの量は子宮内膜の維持が着床率にも関係してくるため、女性の身体の状態によって、人工授精後に注射が選択されることがあります。

人工授精後の過ごし方は夫婦でリラックスを

カップル 夫婦 愛情 手をつなぐ 海辺 夕日 恋愛

人工授精後の過ごし方に悩んでストレスをためてしまうと、かえって体調を崩す原因となり不妊を招いてしまうことも。不妊治療中は、ストレスをできるだけためず、規則正しい健康的な生活を心がけましょう。「今度こそは」と考えすぎず、リラックスした生活を送ることも妊娠しやすい体作りに必要なことですよ。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい