赤ちゃんの鼻水が透明・黄色!原因や対処法は?緑にもなるの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんは、空気の乾燥や気温の変化に敏感に反応して鼻水を出しやすいものです。ただ、鼻水の状態がいつもと違うと心配になりますよね。今回は、赤ちゃんの鼻水が透明のときや黄色・緑色のときの原因と対処法、自宅でのケア方法などをご紹介します。

赤ちゃんはなぜ鼻水が出やすい?

赤ちゃん 鼻 寒い 外

鼻水の大きな役割は、外から侵入してきた細菌やウイルスを体外に排出することです。たとえば、風邪を引き起こす原因は、ほとんどがウイルス・細菌の感染によるものなので、それを排出しようと体が鼻水を出します。

ウイルスが鼻の粘膜につくと、その部分に炎症が起こり、ヒスタミンやプロスタグランジンなどの化学伝達物質が放出されます。それが鼻の分泌腺を刺激して鼻水を分泌し、鼻の粘膜についたウイルスを洗い流そうとするのです。

また、赤ちゃんの鼻の粘膜は温度差や乾燥などに敏感なので、ウイルスに感染していなくても鼻水が出てきてしまいます。

赤ちゃんの透明な鼻水の原因は?どう対処する?

水 透明 液体

赤ちゃんが透明でサラサラとした鼻水を出している場合、細菌やウイルスではなく、前述の通り、気温や湿度などの外部環境の変化が原因である可能性が高いと考えられます。発熱や咳といった風邪の症状を伴っておらず食欲もあって元気であれば、しばらく様子を見ましょう。

また、赤ちゃんの透明な鼻水は、アレルギー性鼻炎によって起こっている可能性もあります。

アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)に鼻の粘膜を刺激されて起きる鼻腔内の炎症のことで、発症すると鼻水、鼻づまり、くしゃみといった症状が現れます。

これらの症状が繰り返し出ていて、アレルギー性鼻炎が疑われる場合は、病院でアレルギー検査を受けてみましょう。

アレルギー検査では、何に対してアレルギーを持っている可能性があるのかを調べることができます。アレルゲンが分かれば、それを避けることでアレルギー症状は軽快します。

例えば、ハウスダストがアレルゲンだった場合は家の掃除をこまめにして、花粉がアレルゲンだった場合は、花粉の飛散が多いときに窓を閉めたり、マスクをしたり、外出を控えたりして対処します。

もちろん、症状が強いときには、点鼻薬や、アレルギーを抑える内服薬を利用するのも良いでしょう。

赤ちゃんの黄色・緑色の鼻水の原因は?

黄色 緑色 黄緑色

赤ちゃんの鼻水が黄色や緑色をしていたら、細菌やウイルスと戦った白血球の死骸が含まれていることがあり、風邪や副鼻腔炎にかかっている可能性が考えられます。

赤ちゃんが鼻水を出しているときに疑われる病気は以下の通りです。

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、特に0歳の赤ちゃんで症状が重くなりやすく、生後6ヶ月未満でも多く発症します。

症状は鼻水から始まり、発熱と咳が続きます。呼吸が急激に苦しくなる細気管支炎や肺炎になることがあり、特に赤ちゃんは感染に注意が必要な病気です(※1)。

アデノウイルス感染症

アデノウイルスはいわゆる「かぜ症候群」を引き起こす主要な病原体の一つで、鼻水や咳、発熱、発疹、結膜炎、下痢など、様々な症状を引き起こすことがあります(※2)。夏季に流行する傾向があり、発熱が4~5日程度続くこともあります。

百日咳

百日咳はその名の通り、咳が長引くのが特徴です。しかし最初の症状としては、咳と共に鼻水や微熱、くしゃみが出ます。RSウイルス感染症と同様に、0歳の赤ちゃんに多く発症します(※3)。乳児は肺炎にかかったり無呼吸になることもあり、重症化に注意が必要です。

この他にも、インフルエンザや川崎病など、赤ちゃんが鼻水が出る病気には様々なものがあります。

赤ちゃんが黄色や緑色の鼻水を出しているときは、病気にかかっている可能性があるので、早めに病院を受診するようにしましょう。原因が風邪だった場合は、基本的にこまめに水分を補給しながら安静にして、対症療法(症状を和らげる治療法)を行っていきます。

原因が副鼻腔炎だった場合は、炎症を抑える抗ヒスタミン薬や抗菌薬を使って対処します。鼻水の量があまりに多いときは、1日おきなどに耳鼻科で鼻水を吸い取ってもらいましょう(※4)。

赤ちゃんの透明や黄色・緑色の鼻水に対する自宅でのケアは?

鼻づまり 解消 鼻水 鼻くそ 赤ちゃん 乳幼児

赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、鼻水の色が透明でも、黄色・緑色でも、こまめにとってあげてください。赤ちゃんの鼻の穴は小さく、すぐに鼻水が詰まって息苦しくなってしまいます。

透明でサラサラな鼻水なら、清潔なガーゼで優しく拭いてあげて、黄色や緑色で粘り気のある鼻水なら市販の吸引器などで吸ってあげましょう。

また、鼻水が出ている間は横にされるよりも立っている状態の方が鼻の通りがよく呼吸がしやすいので、できるだけ縦抱きにしてあげてくださいね。

赤ちゃんの透明や黄色・緑色の鼻水にはしっかり注意しよう

赤ちゃん ママ 笑顔 家

赤ちゃんは鼻水をしょっちゅう出しているため、普段と多少違う鼻水が出ても、それほど気にならないかもしれません。

しかし、鼻水の原因が病気だった場合、何もせず放っておくと症状が悪化する恐れがあります。

こまめに拭きとったり吸引したりして対処しながら、鼻水の状態に気を配り、他にも熱や咳が出ていないかを見てあげることが大切です。鼻水の状態は体調の変化を示す大切なサインと考え、赤ちゃんの健康を守ってあげてください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう