妊娠中はいつまで働ける?産休に入るのは何週目から?

働いている女性は、妊娠したらいつまで仕事ができるのかと考えることがあるのではないでしょうか。妊娠中は今までと同じように働けるのか、産休はいつから取れるのか、といった疑問や不安も尽きませんよね。

今回は妊娠中はいつまで働けるのか、産休は妊娠何ヶ月から取得できるのかをご説明します。

妊娠中はいつまで働ける?

カレンダー 日付 期間

妊婦さんがいつまで働けるのかについては体調や仕事内容にもよりますが、妊娠経過が順調であれば、妊娠33週目(妊娠9ヶ月の2週目)頃まで働けると考えていいでしょう。

多胎妊娠の場合は、妊娠25週目(妊娠7ヶ月の2週目)頃までとなります。

ただし、妊娠初期につわりの症状が重くて体が動かせなかったり、妊娠中期以降に切迫早産などで自宅安静となったりして、仕事を休まざるを得ないこともあります。

妊娠してから産休に入るまでずっと働き続けるのは思っている以上に大変なことです。体調を最優先して、仕事を休むことがあっても仕方のないことだと割り切ることも大切です。

産休はいつから取得できるの?

妊婦 お腹 

産休(産前休業)は、妊娠34週=妊娠9ヶ月と3週から取得することができます。多胎妊娠の場合は、妊娠26週=妊娠7ヶ月と3週からとなります。

これは労働基準法によって、妊婦さんは出産予定日の6週間前(多胎妊娠は14週間前)から産休を取ることができるとされているからです(※1)。

産休は、必ず取得しなくてはいけないわけではありません。希望すれば産休を取らずに働き続けることもできるので、なかには出産ギリギリまで働く妊婦さんもいます。

また有給休暇などを使って、早めに産休に入る妊婦さんもいます。

妊婦中に仕事を続けるときのポイント!妊娠がわかったらまずどうする?

仕事 女性 上司 報告

妊娠がわかったら、まず上司に報告しましょう。つわりで体調が悪くなって急に休んだり、妊婦健診で早退しなければいけなかったりすることもあるため、上司にだけは安定期前に伝えておくと安心です。

安定期に入るまでは他の人に知られたくないというときは、その旨もきちんと伝えておきましょう。

また、産前産後休業の規定、出産手当金、復帰後の時短勤務といった、妊娠・出産にまつわる会社の制度について調べておきましょう。産休に入る直前はバタバタしてしまいがちなので、早めにやっておきたいですね。

妊娠中に働ける期間を有効に使おう

妊婦 仕事 仲間 会社 オフィス

妊娠中に働く場合、妊娠経過が順調であれば妊娠33週目まで(多胎妊娠の場合は妊娠25週目まで)仕事をすることができます。

妊娠中に仕事をしていると、妊婦生活があっという間に過ぎていくものです。産休に入るときや出産後に復帰するときのことを考えながら、早め早めに準備をしておくと安心ですよ。

体調とお腹の赤ちゃんを最優先にしながら、楽しく仕事を続けられるといいですね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう