抗精子抗体とは?原因や症状、検査法は?陽性でも自然妊娠できる?

不妊の原因の一つに「抗精子抗体」があります。聞き慣れない言葉ですが、不妊に悩む女性の約3%が抗精子抗体を有し、稀に男性にも見られることがある免疫機能の異常です(※1)。今回は、妊娠可能性を左右する抗精子抗体について、原因や症状、検査方法のほか、陽性反応が出た場合の対処法や自然妊娠の可能性についてもご説明します。

抗精子抗体とは?原因は?

女性 男性 カップル 夫婦 びっくり 驚き クエスチョン

妊娠するためには、女性の卵子と男性の精子が出会い、受精する必要があります。しかし、女性の体が男性の精子を異物とみなして攻撃してしまうと、卵子と精子は出会うことができず、受精することは叶いません。

このように、精子を異物として判断して作られる抗体や、その抗体ができることで精子を排除しようとする免疫機能の異常を「抗精子抗体」と呼びます。

抗精子抗体が免疫機能の異常であることはわかっていますが、体内で精子に対する抗体が作られてしまう詳しい原因については解明されていません。

抗精子抗体の種類や症状は?

精子 卵子 卵子 受精 核分裂

女性の血液中から、子宮と膣を結ぶ「子宮頸管」の粘液に抗精子抗体が分泌されると、男性の体から射精された精子が子宮の中に入ってこられなくなる可能性があります。仮に、精子が卵管膨大部にたどり着けたとしても、抗精子抗体によって受精が妨げられてしまいます。

抗精子抗体は、その作用によっていくつかの種類に分類され、主なものは、精子同士をくっつけて塊にして動けなくする「精子凝集抗体」と、精子そのものの運動能力を奪う「精子不動化抗体」です。特に、精子不動化抗体は不妊に深く関係するため、血液検査で抗体の有無を調べることが重要です。

なお、抗精子抗体は全ての精子に反応するものなので、夫婦同士の相性の問題ではありません。

男性にも抗精子抗体が作られる?

男性 悩む 考える

稀に、精巣と血液が混じり合うことで、男性が自分の精子に対する抗体を持ってしまうこともあります。たとえば、過去の病気による炎症や事故による外傷、避妊目的のパイプカットなどが原因となります。

男性に抗精子抗体があると、射精された時点で精子の運動能力が低下してしまったり、女性の体内に入ると精子が死んでしまったりするため、やはり受精が難しくなります(※2)。

抗精子抗体検査の内容は?費用は?

採血 血液検査 

抗精子抗体の有無は、女性であれば血液検査だけで調べることができ、抗体が確認されると陽性と診断されます。陽性の場合には、抗体がどれくらい多いかによって治療方針を決定します。

なお、病院によっては、まず「フーナーテスト(ヒューナーテスト)」を行い、結果が不良だった場合にはじめて抗精子抗体検査を実施するところもあります。フーナーテストとは、子宮頸管粘液を採取し、精子が子宮に入っているかどうかを確かめる検査です。

男性であれば、射出された精液を顕微鏡で確認し、抗体が含まれている疑いがあるかを調べます。それだけでは確定できず、あくまでスクリーニング検査であるため、二次検査として精子の頸管粘液通過性や受精機能などを調べたうえで評価します(※1)。

なお、抗精子抗体検査は保険が適応されないので、費用は全額自己負担となります。費用は病院によってそれぞれですが、1万円前後はかかると考えておきましょう。

抗精子抗体検査で陽性でも自然妊娠できる?

疑問 クエスチョン 女性

女性側に抗精子抗体の陽性反応が出た場合、自然妊娠は難しく、医師からは不妊治療に取り組むように勧められるのが一般的です(※1)。

抗体数が比較的少ない場合、人工授精によって妊娠できる可能性があるため、人工授精から治療をスタートします。人工授精は、男性の精子を女性の子宮内に直接注入する方法なので、「性交渉をしても、膣から子宮に精子がうまく入っていかない」などの場合に、効果が期待できます。

一方、抗体が多い場合、人工授精で成功する可能性が低くなるため、体外受精や顕微授精が選択されます。これらの方法では体外で受精を行ってから受精卵(胚)を子宮に戻すため、受精前に抗精子抗体の影響を受けなくて済みます。

男性側に抗精子抗体の陽性反応が出ていても、すべての精子が活動を抑えられてしまうわけではありません。元気に動いている精子が一定数以上見つかれば、陽性反応が出ていても自然妊娠は可能です。

しかし、抗精子抗体の作用によってほとんどの精子の運動率が低下してしまっているときは、比較的質の良い精子を採取して顕微授精することで、妊娠を目指します。

抗精子抗体検査を不妊治療の検討材料に

男女 協力 パートナー カップル 夫婦

男性も女性も、抗精子抗体を持っている可能性は低く、妊娠しない理由として思いつくことは難しいかもしれません。もし、精液検査でもフーナーテストでも著しく悪い結果が出なかった場合、抗精子抗体検査を受けてみるのも一つの方法です。

早期発見・早期治療が、妊娠の可能性を高めるためのカギです。医師やパートナーと相談のうえ、検査や治療方針について検討してみましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう