顕微授精(ICSI)とは?費用や流れ、成功率は?受精の確率は?

監修医師 産婦人科医 城 伶史
城 伶史 日本産婦人科専門医。2008年東北大学医学部卒。初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。現在は... 監修記事一覧へ

不妊治療には人工授精と体外受精のほかに、「顕微授精(ICSI)」があります。顕微授精は体外受精と比べて受精率が高いといわれますが、どのような治療法なのでしょうか?今回は、顕微授精の治療の流れや費用、受精の成功率、リスクなどをご説明します。

顕微授精(ICSI)とは?

顕微授精 受精 顕微鏡 体外受精 不妊治療 卵子

顕微授精は、顕微鏡で見ながら卵子のなかに精子を直接注入し、授精させる方法です。

卵子と精子が受精したあとは、体外受精と同じように受精卵を培養し、ある程度発育させたあとに子宮へと移植します。

体外受精の場合、卵子に精子を振りかけて自然に受精するのを待ちますが、顕微授精はガラス針を使って人工的に授精を行うため、成功率が高くなります。

精子の数が少ない・運動率が低いといった場合や、女性の体が精子を拒絶する抗精子抗体を持っていて、精子が体内に入れない場合でも、顕微授精であれば受精をサポートすることができます。

一般的に、人工授精や体外受精で妊娠が成立しないとき、最終手段として顕微授精の実施を検討することになります。

顕微授精(ICSI)の治療の流れは?

顕微授精 受精卵 顕微鏡 卵子 

顕微授精の治療の流れは、体外受精と同じく、次のとおり大きく5つのステップに分かれます。

1. 卵子を成長させる

顕微授精の成功率を高めるには、質の良い卵子をいくつか確保しておき、その中から最も良いものを選ぶことが大切です。

そのため、顕微授精を行う前に、FSH注射やhCG注射などのホルモン剤を投与して、卵子を発育させます。

2. 採卵・採精する

卵子が十分に発育したら、卵子を採る「採卵」をします。

採卵を行い、いくつか良質な卵子が取れた場合でも、多胎妊娠などを避けるため、顕微授精には1つだけを使い、残りは凍結保存することもあります。

また、採卵のタイミングに合わせて、男性の体から精子を採る「採精」も行います。

3. 授精・培養する

採卵が終わったら、いよいよ受精です。卵子を固定した状態で、精子を入れたガラス針を卵子に貫通させます。卵子の内側の細胞質までガラス針が届いたら、精子を注入し、ガラス針を抜きます。

受精がうまく行ったら、このあとの流れは体外受精と同じです。

卵子と精子の受精で作られた受精卵を培養させ、細胞分裂しながら発育するのを待ちます。受精から2~3日後には「初期胚」、5~6日後には「胚盤胞」という状態になります。

4. 胚移植する

発育した受精卵(胚)を、初期胚または胚盤胞の状態で子宮のなかに移植します。

一般的には、初期胚よりも胚盤胞の方が着床率(妊娠率)が高いとされていますが、どの段階で移植するかは胚の状態や子宮内のコンディションを見て総合的に判断されます。

5. 妊娠判定をする

胚移植の2~3週間後に産婦人科を受診し、血液検査や尿検査などを行って、無事に妊娠が成立したかどうかを判断します。

顕微授精(ICSI)の費用は?なぜ高いの?

お金 疑問 計算 クエスチョン

不妊治療には健康保険が適用されないため、顕微授精はすべて自己負担となります。

顕微授精の費用は、使用するホルモン剤の種類や回数、胚移植の方法、実施する医療機関などによっても異なりますが、1回あたり45~55万円程度はかかると考えておきましょう。

体外受精に比べて費用が高いのは、卵子に精子を注入する工程に数万円の費用が発生するからです。

また、顕微受精は1個の卵子に対して1個の精子を注入する方法なので、妊娠率を上げるためには顕微鏡を使って繰り返し授精をする必要があり、その回数のぶんだけさらに金額が高くなる病院がほとんどです。

ただし、顕微授精は高額の費用がかかる不妊治療なので、自治体によっては助成金が支給されることもあります。申請方法や受給の条件は自治体によって異なるため、詳しくはインターネットや役所の窓口で確認してみてくださいね。

顕微授精(ICSI)で受精する確率は?

女性 アイディア ポイント 豆電球 ひらめき

日本生殖医学会によると、顕微授精による受精率は約50〜70%です(※1)。これは、卵子と精子が自然に受精するのを待つ人工授精や体外受精と比べると、高い確率です。

ただし、妊娠するためには、受精卵が子宮内膜に根を張り、着床が完了する必要があります。そのため、顕微授精で無事に受精できても、残念ながら妊娠しない可能性もあります。

顕微授精(ICSI)の妊娠の成功率は?

修正版 年齢別の生殖補助医療(ART)の成績

上のグラフの赤線は、体外受精と顕微授精の両方を含めた、胚移植1回あたりの妊娠率を示しています(※2)。これを見ると、30歳の妊娠率は39.6%、35歳で36.1%、40歳で24.5%と、年齢とともに下がっていくことがわかります。

また、妊娠が成立したあと、流産・死産する可能性もあり、最終的に赤ちゃんが生まれる確率は30歳で20.3%、35歳で17.2%、40歳で8.3%です。

このように、受精がうまく行く確率が高い顕微授精であっても、年齢が高くなるほど妊娠・出産の成功率は低くなっていくので、治療を始めるタイミングについては、パートナーや医師と話し合って慎重に検討する必要があるといえます。

顕微授精(ICSI)のリスクはないの?

疑問 クエスチョン

顕微授精は、ガラス針を使って精子を卵子のなかに直接注入する、という方法を取るため、自然な受精に任せる体外受精と比べると、リスクが気になるところではないでしょうか。

実際のところ、顕微授精の安全性については研究が続けられているところなので、絶対に安全とも、リスクが高いとも言い切れません(※3)。

たとえば、卵子の細胞膜が弱い場合、ガラス針を刺したときにダメージを受けて、卵子の受精能力が下がるなど、性質が変わる可能性もあります(※1)。

そのため、むやみに顕微授精を行うことは望ましいことではなく、ほかの治療法では妊娠の可能性がないなど、どうしても顕微授精を行わざるを得ないときにだけ実施するべきだと考えられています(※1)。

顕微授精は年齢も考慮して検討を

不妊 避妊 相談 医師 家族 パートナー

現時点で顕微授精は、体外受精や人工授精で妊娠できなかった人にとって、望みをつなぐ最後の方法といえます。しかし、1回の治療で高額の費用がかかりますし、受精率が高い一方で、受精後の胚を子宮内に戻した後の妊娠の成功率は年齢とともに下がるという特徴もあります。

顕微授精にチャレンジするかどうかは、医師によく相談したうえで、夫婦で慎重に検討してみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう