不妊検査とは?検査内容や費用は?男性と女性は方法が違う?

監修医師 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 監修記事一覧へ

妊娠を望んでいるのに、なかなか妊娠できない…。そんなときに、「不妊検査」のことが頭をよぎるかもしれません。ただ、不妊検査はどんなことをするのか、いくら費用がかかるのかなど、よくわからないと不安ですよね。そこで今回は、不妊検査の内容や費用、男性と女性の検査方法の違いなどをご説明します。

不妊検査とは?

男女 カップル ベッド 驚き 困惑 

不妊検査は、妊娠できない原因を調べるための検査で、結果によって不妊治療が必要かどうかを判断します。

日本産科婦人科学会は「妊娠を望む健康な男女が、避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年以上妊娠しない」ことを「不妊」と定義しています(※1)。

しかし、アメリカの生殖医学会では、女性の年齢が35歳以上の場合、6ヶ月の不妊期間が経過したら不妊検査を受けることを提唱しています(※2)。

不妊検査を受けられるのは、不妊外来のある病院の産婦人科か、不妊治療専門のクリニックです。

男性にとって、産婦人科は行きにくいところかもしれませんが、夫婦そろって産婦人科の不妊外来を受診するか、より精密な検査が必要な場合は男性のみ泌尿器科で受けることになります。

男性・女性どちらに不妊の原因があるかわからないため、なかなか妊娠ができない場合は、夫婦ともに検査を受けることをおすすめします。

不妊検査の内容は?男性と女性で違う?

不妊検査とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?男女別に、検査内容をご紹介します(※3)。

女性の不妊検査の内容

疑問 はてな クエスチョン 黒板 豆電球

まず「問診」が行われ、生理の状態や過去の妊娠・出産経験、生活習慣、これまでにかかった病気の有無などについて質問を受けます。

その後、「触診(内診)」で腟や子宮、卵巣の状態や痛みがあるかどうかをチェックします。数ヶ月分の基礎体温表を持参すると、検査がスムーズに進みますよ。

問診・内診のあとは、基本検査を行い、その結果何らかの異常が疑われる場合にはさらに精密検査を受けます。

1. 基本検査

● 超音波検査:腟内にプローブという器具を入れ、子宮・卵巣の状態をモニターに映して確認する。子宮筋腫の有無や、子宮内膜の厚さなどをチェック

● ホルモン検査:血液中のホルモン値を測定することにより、排卵障害の原因や黄体機能不全などの有無などをチェック

● 子宮卵管造影検査:腟から子宮口にカテーテルを入れ、子宮内に造営剤を注入しつつX線撮影を行い、子宮の奇形や卵管の詰まりがないかなどをチェック

● 卵管通気検査・通水検査:カテーテルを子宮に入れ、炭酸ガスや生理食塩水を注入し、卵管がどの程度通っているかをチェック

● フーナーテスト:性交後の子宮頸管粘液を採取し、精子が頸管内に入っているか、良い状態の精子がどれくらいあるかを顕微鏡でチェック

2. 精密検査

● 子宮鏡検査:子宮腔内の異常が疑われる場合に、内視鏡で子宮内膜ポリープや子宮粘膜下筋腫などをチェック

● 腹腔鏡検査:おなかに小さな穴を2~3ヶ所開けて、腹腔鏡で卵管や卵巣の癒着の有無などをチェック

● 子宮内膜組織検査:排卵後に子宮内膜を採取し、着床に適している状態かをチェック

● 抗精子抗体検査:基本検査のフーナーテストで精子が見つからなかった場合、女性の血液中に抗精子抗体がないかどうかをチェック

男性の不妊検査の内容

男性 はてな 疑問 クエスチョン なぜ

男性の不妊検査も、まずは問診を行います。生活習慣や過去の病歴などを確認したあと、触診・視診も行われ、医師が性器の状態を調べます。

1. 基本検査

男性の場合、最も基本的な検査は「精液検査」です。クリニックで採った精液、または男性自身が持参した精液を顕微鏡で観察し、精子の動きや数、奇形率などをチェックします。

その後、必要に応じて泌尿器科で精密検査を受けることになります。

2. 精密検査

● ホルモン検査:精液検査の結果があまり良くなかった場合、採血し、精子の産生に関わるホルモンの数値をチェック

● 精巣生検:精液検査の結果、精子が全くない「無精子症」などと診断された場合に、顕微鏡で精巣の機能をチェック

● 染色体検査・遺伝子検査:無精子症や重度の乏精子症の場合、採血して染色体や遺伝子について詳細にチェック

不妊検査の費用は?保険は適用される?

お金 貯金 節約

不妊検査の費用は保険が適用されず自己負担になってしまうものが多いのですが、なかには保険が適用されるものもあり、病院によっても金額が異なるので一概には言えません。

一般的に、初診時に問診や超音波検査などの基本的な検査を受けた場合、7,000円~1万円程度かかります。2回目以降の検査については、検査内容によって費用に幅がありますが、1つの検査につき数千円から1万円程度かかると考えておきましょう。

女性の腹腔鏡検査や男性の精巣生検など、数十万円程度の費用がかかる精密検査もあります。

不妊検査を受けるときの注意点は?

予約 医師 病院 カレンダー スケジュール 判定日 診察日

女性の場合は、生理周期に合わせて不妊検査を進めるので、検査を一通り受け終わるまでに1~2ヶ月かかると考えておきましょう。

「仕事のスケジュールが変わり、検査予定日に病院へ行けない」ということも起こりうるため、担当医と相談しながら、無理のないスケジュールを立てるようにしてください。

また、なかなか子供を授からないと「不妊の原因を突き止めたい」と思うものですが、不妊検査をしても特に異常が何も見つからないケースが10~20%あります(※3)。

タイミング法だけではなく、人工授精や体外受精、顕微授精など、様々な治療法が検討されますが、体力的・金銭的な負担も考えたうえで、パートナーや医師とよく相談しましょう。

不妊検査の内容・費用について確認を

カップル 夫婦 恋人 仲良し デート

不妊の悩みはデリケートな問題だけに、友達やパートナーにも相談できない人が多くいます。「いつかそのうちできるはず」と思っているうちに、年齢を重ねてさらに妊娠しにくくなってしまった、というケースも少なくありません。

自分の年齢も考慮して、半年~1年間ほど不妊に悩んだときは、一度不妊検査を受けてみてはいかがでしょうか。まずは、検査の内容・費用について、病院に確認してみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう