赤ちゃんのずりばいとは?時期はいつから?練習方法は?

赤ちゃんの成長過程において、いつ「はいはい」をするのかというのは楽しみの1つですよね。でも、赤ちゃんの発達過程は個人差が大きいもので、手足を使って上手にはいはいをする前に「ずりばい」をする子もたくさんいますよ。そもそもずりばいって、はいはいと何が違うの?と疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ずりばいとは何か、いつから始まるのか、練習方法はあるのかなど、まとめてご紹介します。

赤ちゃんのずりばいとは?はいはいと何が違う?

赤ちゃん うつぶせ うつ伏せ ずりばい 顔

ずりばいとは、赤ちゃんがうつぶせの状態で、手の平や足の裏で床を押したり引っ張ったりして、前や後ろに這って進むことをいいます。いわゆる「ほふく前進」のような動作です。

はいはいは、手の平と膝を床につけて体を持ち上げた状態で進みますが、自分の体を持ち上げる筋力がないのでずりばいになります。ずりばいは、はいはいの前段階として現れます。腰はまだ浮かせられませんが、上半身を起こして肘をついて動く「ひじばい」をする赤ちゃんもいます。

ちなみに、赤ちゃんの中にはお座りをした後、ずりばいをしないうちに立てるようになったり、ずりばい後にはいはいをしないまま歩くようになったりという子も。みんな必ず通る道ではないので、ずりばいをしないからといって心配する必要はありませんよ。

赤ちゃんのずりばいの時期はいつから?

カレンダー 本 ノート p

ずりばいを始める時期は、生後7~8ヶ月頃が一般的な目安です。ただし、始める時期は個人差が大きいので、時期がずれても心配する必要はありません。ずりばいは、寝返りができるようになった後、はいはいをするまでの間に行われるので、寝返りの時期が遅いか早いかでも異なります。

生後3ヶ月で寝返りをする子もいれば、生後8ヶ月なのに寝返りしない子もいるので、「寝返りをしてから」と考えておきましょう。

また前述のように、ずりばい自体をとばして、はいはいに移行する子もいます。

赤ちゃんのずりばい練習は必要?いつから始める?

赤ちゃん ハイハイ ママ 女性 ぬいぐるみ

ずりばいは、これから動き回れるようになるための準備です。最近では、ずりばいをすることで筋力強化や脳の発達にもよい影響を与えているということがわかってきました。そのため、焦る必要はありませんが、少しずつずりばいの練習をしてみるのはおすすめです。

練習を始めるタイミングとしては、寝返りできるようになってからがいいでしょう。寝返りしたての赤ちゃんはうつぶせの姿勢に慣れていないので、赤ちゃんが寝返りに慣れてうつぶせを楽しめるようになったと感じてから、練習を始めるようにしてくださいね。

赤ちゃんのずりばいの練習方法は?

赤ちゃん うつぶせ寝 笑顔

赤ちゃんのずりばいの練習方法は3つあります。最初のうちはうまくできませんが、根気強く赤ちゃんの様子を見ながら進めていきましょう。

足裏を押してあげる

赤ちゃんがうつぶせで足をばたばたさせていたら、足裏を軽く押してあげましょう。キックすることで前進する感覚がつかめるようになってきます。

おもちゃを置く

赤ちゃんの目の前の「手が届きそうで、届かない」場所に、おもちゃを置いてみるのも効果的です。届きそうなのに、ちょっと頑張らないと届かないという距離感でおもちゃを置いておくと、赤ちゃんはそのもうちょっとの距離を頑張って動き始めます。

声をかける

赤ちゃんの少し前でママが声をかけてあげるのもいいですよ。赤ちゃんとスキンシップをとりながらずりばいの練習ができます。

赤ちゃんがずりばいを始めたら気をつけたいこと

家 掃除 掃除機 床

赤ちゃんがずりばいを始めると、途端に行動範囲が広がります。赤ちゃんの手が届く範囲に危険なものがないか、チェックしましょう。小さなものは誤飲の可能性があります。

またホコリなども吸い込みやすいので、こまめな掃除も必要ですね。その他、家の中には思わぬ危険がいっぱい潜んでいます。以下に便利なグッズをご紹介するので、購入を検討しましょう。

引き出しストッパー

タンスの引き出しも開けて、中のものを出したり手を挟んでしまう可能性があります。引き出し用のストッパーを活用しましょう。

コーナークッション

テーブルなどの家具の角に頭をぶつけてケガをしないように、家具の角を覆うグッズを活用すると便利です。

コンセントカバー

コンセントの穴も興味本位で触ってしまいます。感電してしまわないように、コンセントカバーでコンセント穴をガードしておきましょう。

ベビーガード/ゲート

テレビなど触ってほしくないものやキッチン、階段には、ベビーガードをつけると安心です。

赤ちゃんがずりばいをしなくても、焦らないで!

赤ちゃん 女性 お母さん ママ 笑顔

ずりばいは絶対にしなくてはならないものではないので、練習をして成果が出なくても落ち込む必要はありませんよ。また、同月齢の子がずりばいやはいはいができるようになったからといって、比較して焦る必要もありません。

赤ちゃんの体は時間とともに成長し、ずりばいをしなかったとしても、いつの間にか歩いたり走ったりできるようになるものです。赤ちゃんの成長は個人差が大きいものなので、誰かと比較するようなことはせず、我が子の成長をゆっくり見守ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう