【ベビーゲート/ベビーフェンス】選び方と安全対策におすすめ12選!

ハイハイやよちよち歩きをはじめた頃の赤ちゃんの事故防止に役立つ「ベビーゲート」や「ベビーフェンス」。キッチンや階段の入り口などに設置すれば、赤ちゃんが危険な場所へ行ってしまわないかという不安から解消されますよ。

今回はベビーゲート・ベビーフェンスの選び方と、おすすめ商品を12点紹介します。

ベビーゲート・ベビーフェンスとは?

赤ちゃん ベビーフェンス 柵 ゲート

ベビーゲートとベビーフェンスは、部屋の出入り口や赤ちゃんの遊び場の周辺に設置する、柵や囲いのことをいいます。赤ちゃんが危険な場所に入らないよう守るための便利グッズの1つです。

一般的には、扉で開閉するタイプを「ベビーゲート」、扉がなく足でまたいでのりこえるタイプを「ベビーフェンス」と呼びますが、呼び名はメーカーや商品によってさまざまです。

ベビーゲート・ベビーフェンスを選ぶときの注意点は?

赤ちゃん はいはい ベビーフェンス

ベビーゲート

扉がついているベビーゲートは、基本的には1ヶ所に固定するものなので、購入前に設置する場所を採寸し、幅のサイズが合うか確認する必要があります。幅が広い場合は、拡張フレームが別売されている種類も選択肢に入れてくださいね。

設置方法は、幅サイズを調整できるネジ式(つっぱり棒タイプ)や、ビス留めをするものなどメーカーによって異なります。住宅事情を考慮して選びましょう。

ベビーフェンス

扉がないベビーフェンスは、置くだけや、つっぱりだけで設置できるので簡単。フェンスをまたぐのが煩わしく感じることもあルカもしれませんが、ママ一人でも楽に取り付けができるうえに、気軽に場所変更できるのがメリットです。

ベビーゲート・ベビーフェンスを選ぶポイントは?

重要 ポイント 注意点

材質・デザイン

ベビーゲートやベビーフェンスの素材は、金属、木、プラスチック、ナイロンなどさまざまです。一度設置すると、数ヶ月から数年間はそのまま使うということが多いので、柱やドア、壁に合った色やデザインを選ぶのがおすすめですよ。

ロックの機能性

ロックの方法も、商品によって異なります。

例えば、扉を上にあげることでロックが解除できるものは、両手がふさがっているときにも足で操作できて便利。一方で、子供が開けてしまう可能性もあります。

ロックが数ヶ所かけられるものだと、安全性が高く子供を危険から守ることができますが、ロック解除に時間がかかり面倒に感じることも。子供の行動や利用シーンを想定しながら選びましょう。

次からは、おすすめのベビーガード・ベビーフェンスをご紹介していきます。

【ベビーゲート】しっかりガードする設置タイプ

1. 日本育児 ベビーズゲイト

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス 日本育児 ベビーズゲイト

スチール製のベビーゲートは、部屋をスタイリッシュに演出したいママにもおすすめ。柵の1本1本が細く、インテリアを邪魔しない色を使っているので、すっきりとした印象で設置できますよ。

こちらのベビーゲートは、Amazon「ベビーゲート」カテゴリでベストセラー1位を何度も獲得している人気商品。扉が前後どちらにも開閉できたり、片手で簡単に施錠できたりと、便利な工夫が詰まっています。

税込価格
4,834円
取り付け幅
73~90cm

2. ベビーダン社 ベビーゲート ガードミー

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス ベビーダン社 ベビーゲート ガードミー

ジャバラのように横にスライドして扉を開閉する、世界中で人気のベビーゲートです。開けておきたいときはスッキリとゲートがまとまり、部屋の雰囲気を損なうこともありません。

ポリ塩化ビニルフリーなので、赤ちゃんが柵をなめてしまっても安心ですよ。環境にも配慮した作りは、エコにこだわるママにもうれしいポイント。設置はネジ式です。

税込価格
13,200円
取り付け幅
55~89cm

3. リッチェル 木のオートロックゲート

要出典 ベビーゲート リッチェル 木のオートロックゲート 出典: www.richell.co.jp

オートロック機能が自慢のベビーゲート。ドアを開けた状態で手を離すと自動的に扉が閉まって、上下2ヶ所でロックがかかります。足元はスロープがついていて、つまづきにくい仕様です。

さらに扉を90度以上開くと、そのままの状態をキープできるので、両手がふさがりがちな食事の準備時などに便利ですよね。突っ張る部分はゴム製で、壁や柱を痛める心配もありませんよ。

税込価格
13,418円
取り付け幅
69~86cm

4. カトージ ウッドスルーオートゲートS ナチュラル

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス カトージ ウッドスルーオートゲートS ナチュラル 出典: www.katoji.co.jp

木目が美しく、温かみのある風合いのベビーゲートです。レバーをスライドして扉を持ち上げながら開くと、片手でも簡単に開けることができますよ。

「女性でも簡単に設置できた」という口コミもあり、組み立てが苦手なママにもおすすめです。

税込価格
4,997円
取り付け幅
76~86cm

5. カトージ ベビーゲート LDK-STYLE

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス カトージ ベビーゲート LDK-STYLE 出典: www.katoji-onlineshop.com

扉を開いたときに90度で固定できるベビーゲート。手前・奥どちらにも開くので、スムーズに行き来ができますよ。また、幅を広げられる拡張フレームが2個付いているので、幅広い間口に対応可能。

丸みのあるプラスチック製のゲートは、万が一子供がぶつかっても安心。つっぱり式のゲートを調節ボルトで締めるだけなので、工具不要なのもうれしいですね。

税込価格
10,980円
取り付け幅
追加フレームなし:67~76cm
追加フレーム1個装着:76~85cm
追加フレーム2個装着:78~93cm

6. JTC グレイッシュベビーゲート

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス JTC グレイッシュベビーゲート 出典: www.jtc-japan.com

両開き・片開きが変更できるベビーゲート。基本は両開きですがストッパーで片開きに変更できるので、場所を選ばず使えて便利ですよ。

扉の真ん中をグッと引き上げるだけで簡単に開閉でき、手を離すと自動で閉まるオートクローズ機能付き。つまづき防止のスロープも付いているので安心ですね。

税込価格
7,259円
取り付け幅
68~94cm

7. 日本育児 ベビーゲート スーパーワイドゲート

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス 日本育児 スーパーワイドゲート

「スーパーワイドゲート」は、横幅最大363cmの超ワイドサイズ。好きな幅に調節してベビーゲートとして使うのはもちろん、部屋の隅を囲ってキッズコーナーにしたり、2個つなげてベビーサークルにしたり、様々な使い方ができますよ。

表面がメッシュネット素材で、子供の様子をすぐに確認できるのも安心の工夫。中央部にはワンタッチ開閉の扉が付いていて、大人の出入りも簡単です。移動も楽にできるのが便利ですよね。

税込価格
14,000円
取り付け幅
約165〜358cm

【ベビーゲート】設置不要、置くだけタイプ

8. 日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイドWoody

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス 日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイドWoody

置くたけで簡単に設置できるワイドタイプの木製ベビーゲート。4枚のパネルを自由に組み合わせて、テレビの前に置いたり部屋の間仕切りにしたり、シーンに合わせてアレンジできますよ。

子供が体重をかけて倒れることがないようにプレートが付属しているのも安心ポイント。「リビングになじむ」といった口コミも多く、部屋の雰囲気を損ねたくないママから支持されていますよ。

税込価格
18,980円
取り付け幅
75~294cm

【ベビーゲート】スタイリッシュなロール式

9. ネビオ ゲートル

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス ネビオ ゲートル

狭い場所にもぴったりな、ロール式のベビーゲート。ロールを巻いた状態の設置幅はわずか10cm。部屋の雰囲気を壊すことなく、必要なときだけ活躍してくれます。最大140cmまで対応できるので、広い場所でも使えますよ。

床部分には段差がないので、つまずく心配もゼロ。透けてみえるメッシュ素材を使っているから、圧迫感がありません。ママも赤ちゃんもお互いの姿を確認しやすく、安心して使えますね。

税込価格
7,980円
取り付け幅
~140cm

10. 日本育児 スルする~とゲイト

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス 日本育児 ベビーゲート スルする~とゲイト 出典: ebaby-select.jp

こちらは、取り付け幅を自由に調節できるロール式のベビーゲート。ロールの素材は、耐久性があって衝撃も吸収するので、子供がぶつかってもケガをする心配がなく安心ですよ。

ロールはあらゆる方向に引き出すことができるため、斜めの間口でも取り付けできます。子供を抱っこしたまま、片手で開閉しやすい点もポイントですよ。

税込価格
11,348円~
取り付け幅
~115cm

【ベビーフェンス】取り付けが簡単なタイプ

11. リッチェル ママらくソフトゲートR

要出典 ベビーフェンス ベビーゲート リッチェル ママらくソフトゲートR 出典: www.richell.co.jp

リッチェル「ママらくソフトゲート」は、赤ちゃんにやさしい、やわらかくて丈夫な素材で作られたです。高さを55、60、65cmに調節することが可能で、成長に合わせて使うことができますよ。

ポールをはめ合わせるだけなので、組み立てに不安を感じるママでも取り付けがラクラク。設置場所の取り付け幅に合わせて選べるサイズ展開もうれしいですね。

税込価格
3,296円〜
サイズ
S:取り付け幅 60〜90cm / 高さ 55・60・65cm
M:取り付け幅 90〜130cm / 高さ 55・60・65cm
L:取り付け幅 130〜185cm / 高さ 55・60・65cm

12. 日本育児 ベビーゲート ふわふわとおせんぼ キッズセーフ

要出典 ベビーゲート ベビーフェンス 日本育児 ベビーゲート ふわふわとおせんぼ キッズセーフ

シンプルな構造で設置しやすいベビーフェンスです。組立はネットにポールを入れて縦横ポールを組み合わせるだけ。簡単に取り付けられるので、ママ一人でも安心ですよ。

向こう側が透けて見えるメッシュ素材もポイントです。リーズナブルな価格も見逃せませんね。

税込価格
3,303円〜
取り付け幅
S:65~90cm
M:90〜140cm
L:140~185cm

楽天市場でベビーゲートを探す

Amazonでベビーゲートを探す

ベビーゲートやベビーフェンスで安全な住環境を作ろう

ベビーゲートやベビーフェンスを設置すると、赤ちゃんを危険な場所から守ることができるので安心ですね。ただし、赤ちゃんが動くようになると、ふとしたときに中に入ってしまうこともあるため、目を離さないように気をつけてくださいね。

下記では、赤ちゃんに安全な遊び場を作るベビーサークルを紹介しています。あわせて参考にしてみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう