RSウイルスの赤ちゃんの症状は?1歳までは要注意?熱は出るの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

RSウイルスという言葉は、あまり馴染みがないのではないでしょうか?RSウイルス感染症は、2歳までにほぼ100%の確率で感染するといわれているほど、乳幼児がかかりやすい病気です。しかし、赤ちゃんが感染すると重症化しやすいため、注意が必要です。今回はママやパパが知っておきたいRSウイルスについて、初期症状や潜伏期間、検査方法、予防方法などをご紹介します。

RSウイルス感染症とは?1歳までは特に注意?

記号 はてな 不思議 疑問

RSウイルス感染症とは、RSウイルス(Respiratory syncytial virus)が感染して起こる呼吸器感染症です。生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ全員が感染するといわれています(※1)。流行するのは冬が多いものの、最近は夏から秋にかけて流行することも増えています。

しかし、1歳未満の赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、細気管支炎や肺炎になるなど重症化しやすいため、特に1歳までの赤ちゃんは、RSウイルス感染症にかからないよう注意が必要です。

RSウイルスの赤ちゃんの初期症状は?潜伏期間はどれくらい?

赤ちゃん9か月 泣く 顔 不安 心配 

赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、感染してから4~6日間の潜伏期間を経て、初期症状として鼻水が出ます。その後、1〜3日後に咳が出始め、くしゃみや発熱を伴うこともあります(※2)。

赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、こうした風邪のような症状が初期症状として数日続きます。多くの場合軽症のまま治りますが、感染した赤ちゃんの約3割は咳が悪化し、多呼吸・喘鳴などの呼吸困難になります(※1)。

また、先述のとおり、1歳未満の赤ちゃんが感染した場合には、症状が悪化して肺炎や細気管支炎になることもあります。

厚生労働省によると、生後1ヶ月未満の赤ちゃんがRSウイルス感染症になると、最悪の場合、無呼吸発作を起こし、突然死に至ることがあるようです(※1)。

また、低出生体重児や先天性心疾患、慢性肺疾患、免疫不全の赤ちゃんは特に重症化しやすいため、注意が必要です。

RSウイルスの症状が赤ちゃんに出たときの検査方法は?

新生児 鼻 鼻水 鼻づまり

RSウイルスの感染を診断するには、まず鼻水を使ってウイルスの有無をチェックします。これは10分ほどで終わる簡易検査です。

明らかな呼吸困難などがある場合、採血で細菌の2次感染の有無などを検査し、また胸部X線検査で肺炎・細気管支炎になっていないかどうかを調べます。

RSウイルスの症状が赤ちゃんに出たときの治療法は?

赤ちゃん3か月 出産 抱っこ 

現在、RSウイルスの特効薬はないため、赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合、基本的に対症療法(症状を軽減するための治療法)を行います。

赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、鼻水が大量に出るため寝苦しく、なかなか眠れなくなってしまうため、鼻水を吸引してあげることになります。

しかし肺炎や細気管支炎となり重症化した場合は、入院して酸素投与や水分補給で治療を行うことがあります。

RSウイルスの予防接種はある?

医療 注射 注射器

残念ながら、RSウイルスのワクチン予防接種はありません。

ただし、遺伝子組み換えによって作成されたモノクローナル抗体製剤である「パリビズマブ」(商品名「シナジス」)を投与することで、RSウイルス感染症の重症化を予防することができます。

言い換えるなら、パリビズマブを投与しても、RSウイルスの感染を完全に予防することはできません。

パリビズマブの投与方法としては、RSウイルス感染症が流行し始める段階で赤ちゃんに投与し始め、流行期には1ヶ月ごとに筋肉注射を行います。赤ちゃんに投与する場合、体重によって注射量が決められます。

また、パリビズマブの投与対象となる赤ちゃんは厚生労働省によって次の通りに定められています(※1)。

・在胎期間28週以下の早産で、12ヶ月齢以下の新生児および乳児
・在胎期間29~35週の早産で、6ヶ月齢以下の新生児および乳児
・過去6ヶ月以内に気管支肺異形成症の治療を受けた24ヶ月齢以下の新生児、乳児および幼児
・24ヶ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の新生児、乳児および幼児
・24ヶ月齢以下の免疫不全を伴う新生児、乳児および幼児
・24ヶ月齢以下のダウン症候群の新生児、乳児および幼児

パリビズマブ投与対象患者には健康保険が適用され、「乳幼児医療費助成制度」が適用されると、自己負担額は無料になるのが一般的です。

RSウイルスに赤ちゃんが感染するのを予防するためには?

女性 手 ティッシュ

RSウイルスの感染経路は、主に飛沫感染(咳やくしゃみによって感染すること)と接触感染です。そのため、RSウイルスの感染を予防するには、まずは手洗い、うがい、マスクの着用を徹底して行いましょう。

また、おもちゃやドアノブ、机など赤ちゃんが日常的によく触れる場所を、定期的にアルコール消毒することも予防につながりますよ。

RSウイルスは、再感染の場合、風邪のような症状のみ出ることが多く、RSウイルスに感染していることに気づかないことがあります。

ママ・パパもしくは兄弟姉妹の誰かに「風邪かな?」という症状が出たら、でRSウイルス感染症の可能性もあるため、できるだけ赤ちゃんと接触する機会を減らし、別の部屋で過ごすようにしてください。

赤ちゃんにRSウイルスの症状が出たら細心の注意を

赤ちゃん3か月 泣く 顔

年長児や大人がRSウイルスに感染しても鼻かぜ程度で終わり、自分が感染していることに気づかないことがよくあります。

ママやパパ、兄弟に風邪のような症状が現れたら、特に1歳未満の赤ちゃんとの接触は極力減らしましょう。また、保育園や幼稚園の流行状況を把握しておくことで、マスクをつけるなど意識的に予防することができますよ。

普段のちょっとした心がけで、赤ちゃんの感染症予防を目指していきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう