排卵日前後のイライラの原因や症状は?情緒不安定を解消する対策は?

今日は食欲がないし、何だかイライラすると思ったら排卵日が近かった…。そんな経験はありませんか?排卵日の前後はホルモンバランスが崩れて情緒不安定になりがちです。そこで今回は、排卵日前後のイライラについて、原因や症状、情緒不安定を解消するための対策などをご紹介します。

排卵日前後のホルモンバランスは?

メトロノーム 一定 リズム 時間 タイミング

女性の体内では、妊娠・出産に備えて女性ホルモンが分泌されています。「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンの分泌量が増減することによって、25~38日の生理周期が作り出されています。

生理周期は「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経期」の4つの期間に分かれます。卵胞期はエストロゲンの分泌量が徐々に増え、ピークを迎えると「排卵」が起こります。排卵後は黄体期に移行し、今度はプロゲステロンが多量に分泌されるようになります。

妊娠が成立しないと、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が減り、不要になった子宮内膜がはがれ落ちて体外に排出されます。これが「生理(月経)」です(※1)。

このように、排卵日前後は2つの女性ホルモンの分泌バランスが変動するため、女性の体調が変わりやすいと考えられています。

排卵日前後にイライラする原因は?

イライラ カップル

排卵日前後のイライラの程度には個人差があり、その原因が完全に解明されているわけではありません。一般的には、次の3つのことが主な原因だと考えられています(※1,2)。

女性ホルモンの急激な増減

先ほど説明したとおり、排卵日前後は2つの女性ホルモンの分泌量が急激に増減します。体がホルモンバランスの入れ替わりに対応しきれないと、心身が不安定になると考えられています。

セロトニンの分泌異常

排卵後にエストロゲンの分泌量が減ると、神経伝達物質である「セロトニン」の脳内の働きが低下します。

セロトニンには、興奮を抑える働きがあるため、うまく働かなくなると感情のコントロールが難しくなったり、うつやマイナス思考に陥りやすくなったりするといわれています。

視床下部の機能の乱れ

妊娠が成立せず、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が低下すると、脳の「視床下部」によるホルモン分泌のコントロールが難しくなります。

視床下部は情緒の制御などに大きく関係する器官なので、機能が乱れるとイライラしたり、わけもなく涙が出やすくなったりと情緒不安定になることがあります。

排卵日前後のイライラなど、精神的な症状は?

女性 憂うつ 暗い 悩み 苦しい 困惑 困る うつ

排卵日前から、おりものが増えたり、頭痛や吐き気・食欲不振といった体調の変化が現れたりします。それに加えて、次に挙げるような精神的な症状が見られることもあります(※2)。

排卵日前後の精神的な症状

● 情緒不安定になり、涙もろくなる

● 無気力になる

● 理由もなく憂うつになる

● 些細なことでひどく落ち込む

● イライラしやすくなる

● 否定的、悲観的になる

● 家族や友人、恋人とケンカしやすくなる

● 感情的になりやすく、暴言を吐きやすくなる

● 集中力、判断力が低下する

また、排卵後から特に生理前に、心理的トラブルが見られる場合、「PMS(月経前症候群)」や「PMDD(月経前不快気分障害)」と診断されることもあります。

PMS(月経前症候群)

PMSの症状は、生理の1週間前から生理開始前までに最も強く現れる人が多いですが、排卵直後から症状が見られるケースもあります。

頭痛や腰痛といった身体的トラブルのほか、イライラしたり涙もろくなったりするなど心理トラブルが起こる人もいます。PMSは、生理が始まると症状がぴたりと治まるのが特徴です。

PMDD(月経前不快気分障害)

PMDDは、簡単にいうとPMSの精神的な症状が強く現れたものです。症状には個人差がありますが、PMSよりもイライラの度合いが強く、うつ的傾向が強くなります。

日常生活が送れないほど深刻な状態になることもありますが、PMSと同じく、生理が始まると症状は治まります。

排卵日前後のイライラ対策は?

運動

排卵日前後のイライラに対しては、はっきりとした原因が分からないので対処療法が基本になります。できるだけ精神的な緊張をほぐすことが脳の視床下部や下垂体の働きをよくすることにもつながりますよ。

マッサージを受ける

緊張などで張りやすくなる背中から腰にかけての筋肉を優しくマッサージすると、身体の硬さが取れてリラックスできます。

入浴する

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることで血行が良くなり、ゆったりと心が落ち着きます。

軽い運動をする

身体を動かすと自律神経が整いやすくなります。ヨガやストレッチなど、家の中で軽く体を動かすことを習慣づけましょう。太陽の下で行うウォーキングや軽いジョギングもおすすめですよ。

排卵日前後のイライラと上手に付き合おう

紅茶 ポット ティーポット

排卵日前後で情緒不安定になり、イライラしてしまうことは、女性にとってよくあることです。「排卵日前後は、女性ホルモンの分泌量のバランスが変動する影響でイライラしやすい」ということを理解しておけば、つい怒りっぽくなったり無気力になったりしてしまう自分を必要以上に責めることは少なくなるかもしれません。

仕方のないことだと割り切って、排卵日前後は無理をせずゆったりとした気持ちで過ごせるといいですね。

※1参考文献: 日経BP社『女性ホルモンの教科書』※2参考文献: 東京書籍『PMSの悩みがスッキリ楽になる本』

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい