プラノバールの避妊効果は?アフターピルとして緊急避妊にも使う?

女性ホルモンが配合されたプラノバールは、様々な女性の体の悩みに対して処方される薬です。なかには、「避妊」の効果を期待して利用する機会もあります。プラノバールは性交の前から服用を始める避妊方法と、性交後に服用を行う避妊方法(アフターピル)の2種類があります。今回は、プラノバールの避妊効果やアフターピルとはどういうものなのかについてご説明します。

プラノバールにはどんな働きがあるの?

女性 服用 薬 ピル

プラノバールを服用すると、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2種類の女性ホルモンが補充され、女性の体内のホルモンバランスが整えられます。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンには、子宮内膜を厚くして維持する働きを持ちます。ホルモン量によって体の状態を調節するため、人工的にホルモン量を増やすことで排卵後の子宮内膜が厚くなった状態を作り出し、排卵のタイミングをずらすことができるのです。

プラノバールで避妊できるの?

薬 薬剤 

プラノバールを服用すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが分泌されている状態になります。この状態は妊娠したときと同じホルモンバランスで、脳も「妊娠している」と勘違いして次の排卵を抑制するため、避妊を目的として処方されることがあります。

一般的に避妊効果がある薬として「ピル」が知られていますが、プラノバールに含まれる成分はピルとほとんど同じです。

ちなみにピルは錠剤に含まれるホルモンの量で高用量・中用量・低用量の3段階に分けられます。ホルモンの含有量が多い高用量ほど効果がありますが、体への負担も強くなり、副作用が現れやすくなるというデメリットも。

プラノバールは中用量ピルに分類されるので、長期的な服用の場合は負担が大きくなります。そのため継続的な服用による避妊を望む場合は、体への負担が少ない「低用量ピル」を処方されることが一般的です。

プラノバールなら性交後に緊急避妊ができる?アフターピルとは?

女性 辛い 寝る ベッド 泣く

アフターピルとは、性行為を行った後に妊娠を防ぐための避妊薬です。たとえば、避妊せずに性行為を行ってしまった、あるいは性行為中にコンドームが外れてしまった、破けてしまったという場合に、事後的な避妊のために利用されます。

性行為後の避妊を期待するピルなので、「モーニングアフターピル」や「緊急避妊薬」などとも呼ばれます。

プラノバールがなぜ緊急避妊に効果があるのかについては、まだはっきりしていない点もあります。一般的には、ホルモンバランスを人工的に変えることで、排卵を抑制して受精を避ける、受精していたとしても子宮内膜を強制的に排出して着床を防ぐ、といった作用が起きると考えられています。

プラノバールで避妊したいときの利用方法は?

時計 カレンダー 時間

プラノバールを服用することで避妊を期待するときには、次のようなタイミングで服用します。

性交前の避妊

生理開始日から5〜7日までに服用を開始します。1日1錠を服用し続け、妊娠後の体の状態をつくります。子宮内膜の成長と維持が続き、服用をやめた段階で生理が起こります。プラノバールの服用中は排卵が起こらないため、妊娠を避けることができます。

ピルは飲み続ける期間が重要になりますが、一定期間ピルを飲まないようにするタイプもあるため、ピルを飲み忘れて困ることもあるようです。もし飲み忘れてしまったら、避妊の効果に影響が出てしまうため、処方薬を受け取った婦人科に相談しましょう。

性交後の避妊

性交後の避妊としては、緊急避妊としてプラノバールを性交後の72時間以内に、1回2錠を服用します。また、12時間後にさらに2錠服用することで生理を引き起こし、着床を防ぎます(※1)。

72時間以降では効果がないという声もありますが、妊娠率は上がってしまうものの、避妊効果を期待して使用することもあります。他の緊急避妊方法もあるため、できるだけ早く婦人科を受診するようにしましょう。

プラノバールでの避妊は繰り返しても大丈夫なの?

疑問 クエスチョン

プラノバールを使用する場合は、副作用への注意が必要です。軽度の副作用としては、吐き気や腹痛、服用後の不正出血が見られることがあります。ただ、ほとんどの副作用は薬を利用しているうちに自然と治まるものなので、落ち着いて体調の変化を見ていきましょう(※2)。

ただ、稀ではありますが、血の塊が血管を詰まらせてしまう血栓症を引き起こすことがあり、手足のしびれや頭痛、急に視力が低下したといった症状があれば、プラノバールの服用を停止して、担当医に相談しましょう。

プラノバール以外の薬も検討し、適切な避妊を

薬 疑問 クエスチョン

プラノバールは様々な女性の体の悩みに応えてくれる薬ですが、ホルモン量が比較的多いこともあり、体への負担も見ながら使用を続けなければなりません。

最近では性交前の避妊には低用量ピルが多く使用されます。また、緊急避妊にはノルレボという黄体ホルモンのみを含む薬が一般的になっています。

どの薬を使用するにしても、利用タイミングや量が重要になるため、自己判断せずに婦人科医に相談の上、使用するようにしましょう。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい