赤ちゃんのミルクアレルギーの原因や症状は?検査方法は?

ミルクはさまざまな場面で活躍してくれる頼もしい赤ちゃんの栄養源であり、ミルクを使っている家庭は多いかと思います。しかし、赤ちゃんにミルクアレルギーがあると、ミルクを飲むことで蕁麻疹や呼吸困難、血が混じった下痢といった体に異変が起きることもあります。

赤ちゃんの大事な栄養源としてミルクを使っていた場合、ミルクが飲めなくなってしまうのは深刻な問題ですよね。今回はミルクアレルギーの原因や症状、治療法などについてご紹介します。

赤ちゃんのミルクアレルギーの原因は?

粉ミルク

アレルギーとは、本来体に害を与えない物質に対して免疫機能が過剰に反応してしまうことです。そして、ミルクアレルギーとは、ミルクが原因でアレルギー反応が起きてしまうことで、正式には「新生児・乳児消化管アレルギー」と呼ばれています。

ミルクアレルギーの主なアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)は、牛乳に含まれている「カゼイン」というタンパク質です。ミルクアレルギーを持った赤ちゃんが牛乳由来の粉ミルクを飲むと、アレルギー反応を起こしてしまいます。

母乳に含まれているカゼインは、牛乳のカゼインと比べて分子サイズが小さく量も少ないことから、吸収しやすくなっているため、アレルギーにはなりにくいとされています(※1)。

赤ちゃんのミルクアレルギーの症状は?

赤ちゃん 新生児 泣く 泣き顔 パパ 抱っこ

ママの母乳がうまく出ないときや、旦那さんや両親に預けるときなど、粉ミルクに頼る必要がある場合もありますよね。もし赤ちゃんがミルクアレルギーになっていたら、ミルクを飲ませると、主に嘔吐や下血(肛門から血液が出ること)といった症状がアレルギー反応として出ます(※2)。

しかし、アレルギー反応が強い場合には、アナフィラキシーショック(急激な血圧低下や意識障害などの全身性の症状)が起こり、命が危ぶまれることもあるので注意が必要です。

下痢・下血

ミルクアレルギーの症状は、慢性的な下痢や下血(肛門から血液が出ること)といった消化器官に関するものがメインです。新生児の場合、嘔吐なら「ゲップと一緒に出てしまった」とも考えられますが、下痢が続いて体重が増えない、粉ミルクを飲んだ後に下血が起こるというのは一般的には考えにくいです。

下血は血便として現れることもあるので、粉ミルクを飲んだ後に嘔吐や下血、血便の症状が見られたら、ミルクアレルギーの可能性があります。

湿疹・じんましん

ミルクアレルギーの症状として、肌に赤いぶつぶつができたり、かゆみが出たりと湿疹やじんましんが現れることもあります。新生児では自分で掻くのも難しいので、体を動かしてムズムズしているような様子がないか観察してあげてください。

呼吸困難

ミルクアレルギーの強い症状として、呼吸困難があります。ミルク接種後にこれまでの症状とあわせて、喘鳴(ぜーぜーする)などの症状が見られることがあります。症状が出る前にミルクを飲ませていたかを思い返して記録しておくと、アレルギーかどうかの判断がつきやすくなります。

赤ちゃんのミルクアレルギーの検査方法は?

疑問 回答 Q&A 質問 答え

ミルクアレルギーが疑われる場合、病院では症状が出た経緯を問診で確認され、血液検査や負荷試験を行ってミルクアレルギーかどうかを診断していきます。

血液検査では、採血を行い、ミルクに含まれるアレルギー反応を引き起こす「カゼイン」「ラクトグロプリン」などのタンパク質に対してのIgE抗体を測定しますが、必ずしも要請に出るとは限りません。

症状と経過・検査結果からミルクアレルギーを疑い、除去により改善するかどうかを検討していきます。

赤ちゃんのミルクアレルギーの治療法は?

医師 健診 妊婦健診 病院 病気

ミルクアレルギーがあると診断されたら、一般的な治療法として、原因となるミルクを赤ちゃんに与えないようにします。離乳食が始まっておらず、ミルクが唯一の栄養源である場合は、ミルクアレルギーを持つ赤ちゃん用の粉ミルクがあるので、それに切り替えることになります。

ミルクアレルギー用の粉ミルクは、アレルゲンである牛乳のたんぱく質を加水分解したり、牛乳成分を一切使わなかったりして、アレルギー反応が出ないようにしています。ただし、アレルギー用粉ミルクはパッケージの注意書きに「医師や管理栄養士のご指導に従ってお使いください」といった記載があるのが一般的なため、使う前に医師に相談するようにしてください。

具体的に使用するのは、ペプチドミルク(エレメンタルフォーミュラー)、加水分解乳(E赤ちゃんなど)で、医師・管理栄養士の指示に従って利用を検討しましょう。

また、ミルクと共に母乳をあげている場合は、母乳に牛乳のたんぱく質が混ざり込むのを防ぐため、ママは乳製品を控える必要性があります。

赤ちゃんのミルクアレルギーとうまく付き合っていこう

家族 赤ちゃん ママ パパ 食事

赤ちゃんがミルクアレルギーだった場合、「将来にかけてずっと乳製品はダメなのかな」と不安な気持ちになるかもしれません。しかし、赤ちゃんの頃の食物アレルギーは、大きくなるにつれて治っていくことが多いので(※3)、心配しすぎないようにしましょう。

アレルギーとうまく付き合いながら、赤ちゃんの健康につながる食生活を築いていってあげたいですね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい