子宮底長とは?測り方や平均の長さは?臨月の正常値はどれくらい?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

「子宮底長」という言葉を聞いたことはありますか?妊婦健診でたびたび耳にする言葉のひとつですが、具体的に何のことかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、子宮底長とは何か、測り方や平均の長さ、臨月の正常値、短い・長いときのリスクなど、気になるポイントをご説明します。

子宮底長とは?

インフォグラフィック 子宮底長 恥骨結合

子宮底長とは、仰臥位(あお向けに寝た状態)で計測した「恥骨の上から子宮の一番上までの長さ」で、妊娠中の子宮のふくらみを表す数値です。

一般的に、お腹が大きくなってくる妊娠中期(妊娠16週〜)の妊婦健診から子宮底長を計測し始めますが、妊娠初期の後半から測り始めることもあり、病院によって異なります。

子宮底長を測定することで、胎児の発育状況や羊水の量を推測でき、妊娠が順調に進んでいるかを大まかに判断します。

一昔前は子宮底長だけで妊娠の経過や胎児の状態を判断していましたが、近年は超音波検査でより詳しく赤ちゃんや羊水の状態がわかるようになったので、子宮底長はあくまでも目安として用いられています。

子宮底長の測り方は?

子宮底長 メジャー

妊娠中期以降は妊婦健診のたびに子宮底長を計測します。子宮底長を測るときは、まず仰向けに寝て膝を立てた状態でお腹を出します。

医師が触診で子宮底の位置と恥骨結合上縁を確認したら、膝を伸ばします。その状態で、恥骨結合上縁から子宮底の最高点までお腹の表面にメジャーを当てて計測します。

子宮底長を測るときは、膝を伸ばした状態で測る「安藤の方法」と、膝を曲げた状態で測る「今井の方法」の2種類があり、病院によって異なります。また、医師や助産師、看護師がメジャーで測るので多少の誤差が生じることは覚えておいてください。

子宮底長の平均の長さは?臨月の正常値は?

グラフ

子宮底長には妊娠月数に合わせて平均の長さが設定されており、以下の方法で計算されます(※1)。

● 妊娠12〜19週目未満:妊娠月数×3cm
● 妊娠20週目以降:妊娠月数×3cm+3cm

妊娠20週目以降は胎児の成長速度も速くなり、羊水量も増えてくることから、3cmをプラスした長さが基本です。妊娠月数に応じた子宮底長の平均の長さは以下のようになります(※1)。

子宮底長の平均値

● 妊娠5ヶ月(16~19週):15cm
● 妊娠6ヶ月(20~23週):21cm
● 妊娠7ヶ月(24~27週):24cm
● 妊娠8ヶ月(28~31週):27cm
● 妊娠9ヶ月(32~35週):30cm
● 妊娠10ヶ月(36~39週):33cm

「臨月の子宮底長は突然ぐんと長くなるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、臨月でも33cmが平均の長さです。臨月は出産が間近に迫ってきていて、赤ちゃんが下に降りてくるので、子宮底長が短くなるケースもあります。

子宮底長が短い・長いときのリスクは?

オリジナル 日本人 妊婦 お腹

平均と比べて子宮底長が「短い」「長い」と診断されたら、どんなリスクがあるのでしょうか?短い場合と長い場合のリスクをそれぞれご紹介します。

子宮底長が短い

子宮底が短いときに考えられるのが、胎児が小さい「未熟児」や発育が遅れている「胎児発育不全」、羊水が少なすぎる「羊水過少」などです。赤ちゃんの発育がうまくいっていない可能性があるといえます。

子宮底長が長い

子宮底長が長い場合は、子宮や胎児が平均よりも大きくなっている可能性があります。具体的には羊水が多すぎる「羊水過多症」、赤ちゃんが発育しすぎる「巨大児」などがあります。また、前置胎盤や逆子の場合も子宮底長が長くなる傾向があります。

子宮底長が短い・長いと診断されたら?

オリジナル 日本人 妊婦 胸

妊婦健診で子宮底長を測って「短い」「長い」と指摘されたら不安になってしまいますよね。しかし、子宮底長は子宮の成長度合いから赤ちゃんの状態や羊水量を推測するものです。

実際にお腹の赤ちゃんの発育が遅れていたり、巨大児になっていたりするかどうかは、超音波検査でさらに詳しく調べられます。

妊婦健診では子宮底長の測定と超音波検査はセットで行われるので、超音波検査で特別な異常を指摘されたのでなければ、子宮底長の長さが適正値ではないからと行って過度に心配する必要はありません。

子宮底長は目安と考えよう

グッズ ハート 聴診器

子宮底長は測り方によって誤差があったり、個人でも違いがあったりするので、あまり意味がないのではと思う人もいるかもしれません。しかし、なかには数値が正常値とかけ離れることで、異常に早く気づくきっかけになることもあります。

正常値とどれくらい違った場合に注意が必要なのかは判断が難しいですが、定期的に妊婦健診を受けておくことが大切です。

妊婦健診では、子宮底長の長さだけで一喜一憂せず、そのほかの検査数値とあわせて自分の体の状態をチェックしてください。医師から問題ないといわれているのであれば気にし過ぎる必要はありませんが、子宮底長の平均値を知っておいて気になることがあれば妊婦健診のときに解消するようにしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう