40代の妊娠確率は?不妊治療の成功率やリスクも教えて!

ここ数年、晩婚化が進むにつれて高齢出産の割合も増加しています。医療技術が発達し、健康に気を使う人が増えたことで30代・40代の女性は体年齢が若く、高齢出産が可能になっていると感じるかもしれません。しかし、20代や30代前半に比べると高齢出産には様々なリスクがあるのは事実です。今回は、40代の妊娠について、自然妊娠の可能性や不妊治療の確率、それに伴うリスクなどをまとめました。

40代になっても妊娠できる?

女性 おなか ハート 妊娠

女性の社会進出も進み、40代に差し掛かってから妊娠を希望する夫婦も増えてきました。2014年度の厚生労働省のデータによると、女性が40〜45歳で生まれた赤ちゃんの数は49,606人になります。他の年代での出生数は下降傾向なのに対して、40歳以上では年々出生数が増加しています(※1)。

ただ、40代でも妊娠が可能であるとはいえ、妊娠確率が高いとはいえません。もし子供が欲しいのであれば、自然妊娠だけでなく早い段階で不妊治療を検討するのがおすすめです。

40代の妊娠は高齢出産になるの?

カップル 夫婦 中年 熟年

40代でも妊娠はできますし、実際にその数も増えています。ただ、妊娠率の低さや、妊娠によって様々なリスクも発生するため、正しい治療を行うためにも産婦人科等では高齢出産として扱われます。

日本産科婦人科学会の定義では、高齢出産を「35歳以上の女性による出産」としていますが、国際産婦人科連合(FIGO)は「35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦」を高齢出産と定義しています。いずれにせよ、40代の出産は高齢出産に該当し、実際に35歳を境に流産や胎児の先天性異常のリスクが高まるため注意が必要です。

40代で自然妊娠する確率は?

年齢別の自然妊娠率(6ヶ月間)

年を重ねるにつれて、女性が自然妊娠できる確率は減少していきます。

上のグラフは、6ヶ月間でどれだけ妊娠できるか、という累積自然妊娠率を年齢別に表したものです(※2)。これによると、34歳以上で妊娠を経験していない女性は特に、自然妊娠率が低いことがわかります。

また、自然妊娠ができるかどうかについては病気の有無や喫煙・飲酒といった生活習慣、日頃のストレスなどの影響もあり、こうした影響が蓄積されている場合には年齢に関係なく自然妊娠の確率はさらに低下します。

40代になると妊娠・出産しにくくなるのはなぜ?

お腹 妊婦 妊娠 クエスチョン はてな ?

40代に関わらずですが、高齢になると女性の卵子も老化して受精しづらくなることが、妊娠しにくくなる主な原因です。男性側の精子も老化・劣化することがわかっています。

卵子の老化

女性は生まれた段階で卵子に成長する原始卵胞の数が決まっています。また、年齢が上がるにつれてこの卵細胞も老化し、若返ることはありません。年齢が上がるにつれて、遺伝子や染色体にも異常が起こりやすく、受精もしにくくなってしまいます。

精子の老化

年齢を重ねると精液の量や精子の数が減少し、精子の運動率も低下します。精子の老化・劣化が始まる年齢には個人差がありますが、35〜40歳頃には始まると考えてください。

40代の妊娠・出産に伴うリスクは?

年齢別の自然流産率

30代後半以降の女性が妊娠した場合は、母体と胎児それぞれのリスクが高まります。

たとえば、25~34歳の流産率は約10%のところ、35~39歳は約20%、40歳を超えると40%以上になります(※3)。また母体側では妊娠高血圧症候群の発症率が急激に上昇します(※3)。

高齢出産だからといって全員が危険にさらされるわけではありませんが、リスクを伴う可能性が高いといえます。

40代で妊娠するのに不妊治療は必要?

顕微授精 受精 顕微鏡 体外受精 不妊治療 卵子

一般的に、不妊症とは、妊娠を希望する男女が避妊することなく性生活を送っていて1年以上妊娠しない状態を指します。40代のカップルでは不妊症になる可能性が高く、晩婚であれば結婚と同時に不妊治療を始める人も増えています。1日でも早く不妊治療を始めたほうが妊娠率が高いといえるからです。

不妊治療にも、排卵日と性交渉のタイミングをあわせる「タイミング法」や、卵子と精子の受精や着床を人工的にサポートする「人工授精」「体外受精」などがあります。さらに、受精が難しいときには、顕微鏡下で直接卵子に精子を注入する「顕微受精」もあります。

不妊の症状や年齢などを見ながら治療方法を決めるのが一般的ですが、特に35歳以上の女性の場合は、タイミング法や人工授精をせずに初めから妊娠率の高い体外受精や顕微受精が選択されることもあります。

40代の体外受精の妊娠率は?長期化しやすい?

年齢別の生殖補助医療(ART)の成績

体外受精など、生殖補助医療(ART)を利用した妊娠においても、年齢を重ねるにつれて成功率は減少します。

30代前半までは35〜40%あった胚移植による妊娠率は、35歳以降で減少を始め、40歳で24.5%、45歳では6.5%になります(※4)。妊娠できたとしても、無事に出産までたどり着くとは限らないので、赤ちゃんが無事に生まれる生産率はさらに低くなります。

そのため、40代での不妊治療には時間とお金が多くかかります。自治体によっては不妊治療の助成金を受け取ることができますが、支給される対象年齢や回数に上限があるので、不妊治療を受ける前にしっかり確認しておきましょう。費用のことも調べた上で、事前に不妊治療のやめどきをパートナーと話し合っておくことも重要です。

40代の妊娠確率を上げる方法は?

女性 健康 食事 野菜

40代でも妊娠している夫婦にいえることは、見た目から若く見られることが多いということです。自然妊娠や不妊治療での妊娠率を高めるためにも、できるだけ妊娠しやすい体作りが大切です。特に、卵子の質など老化や生殖機能の低下を遅らせるために、日々の生活習慣の見直しを行いましょう。

栄養バランスのとれた食事

ホルモンバランスを整え、生殖機能を活性化するには栄養バランスのとれた食事が重要です。過度なダイエットや偏った食生活では、妊娠しにくい体質になってしまいます。野菜中心のメニューにしながら、肉、魚、炭水化物などバランス良く摂りましょう。

適度な運動

妊娠しやすい体をめざすためには、体の血行を良くすることや、過剰なストレスを発散することも大切です。適度な運動やリラックする時間を積極的に取るなどして、体の調子を整えていきましょう。

良質な睡眠

特に睡眠時に分泌される「メラトニン」という睡眠ホルモンは、女性の傷んだ細胞を修復して卵子を酸化から守るとされています。睡眠の質を高め、メラトニンの分泌を活性化することで卵子の質を高めていきましょう。

禁煙や禁酒

タバコは血管の収縮や冷えを引き起こします。そのため、卵巣や子宮の冷えにつながり、生理不順の原因になります。受動喫煙も影響があるので、パートナーにも協力してもらいましょう。

また、アルコールも活性酸素を増やすので、老化の原因になります。妊活中は飲酒の量はできるだけ減らしていきたいですね。

40代で妊娠したいと思ったらできるだけ早く不妊治療を

不妊治療 男女 カップル 夫婦 医師 相談 受診 病院 カウンセリング

自然妊娠であっても不妊治療を受けるにしても、年齢が上がるごとに妊娠する確率が下がってしまいます。そのため、少しでも若いうちから対処しておくことが肝心です。30代後半、40代で妊娠を望む場合には、できるだけ早く不妊治療を行っている産婦人科やクリニックなどで専門医に相談することをおすすめします。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう