産後の胃痛、原因はストレスかも?対処法は?授乳中の胃薬はNG?

監修医師 産婦人科医 城 伶史
城 伶史 日本産婦人科専門医。2008年東北大学医学部卒。初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。現在は... 監修記事一覧へ

産後のママは、お産の疲れが取れる間もなく子育てで大忙し。赤ちゃんのお世話に追われる一方で、心と体のトラブルに悩まされているママも少なくありません。なかには、「なんとなく胃が痛いな…」と気になりつつも、やり過ごしている人もいるのではないでしょうか。今回は、産後の胃痛の原因として考えられることと、痛みをやわらげる方法、授乳中に胃薬を飲んでもいいのかどうかをご説明します。

産後に胃痛が起きる原因は?

胃痛 女性 腹痛 日本人

一般的に、胃痛の原因として考えられるのは次の3つです。

● ストレスによる自律神経の乱れ
● 食べすぎ・飲みすぎ・刺激物による胃の炎症
● ピロリ菌などの細菌感染

産後のママに胃痛が見られる場合、多くは育児ストレスによるものと考えられます。

出産を機に生活スタイルが180度変わるうえに、授乳やおむつ替えで睡眠不足になっていたり、「赤ちゃんをちゃんと育てなければ」と無意識のうちにプレッシャーを感じていたりと、ストレスが知らず知らずのうちに溜まっているのかもしれません。

過度なストレスがあると、胃腸の働きをコントロールしている自律神経が乱れ、胃酸が過剰に分泌されることで、胃の粘膜が傷ついて炎症を起こし、胃痛につながることがあるのです。

産後の胃痛はストレスを把握するところから

赤ちゃん

胃痛の強さには個人差があり、キリキリした軽い痛みで済むこともあれば、キューッと胃が締めつけられるような強い痛みで動けず、赤ちゃんを抱っこすることはおろか、食事や睡眠をとることさえ難しいこともあります。

胃痛は前述のとおり精神的な要因も大きいので、まずは自分がストレスを感じている状況を客観的に見つめることで、気持ちが落ち着き、症状が和らぐこともありますよ。

育児ストレスの例

● 睡眠不足など身体的・精神的負担が大きい
● 夫の仕事が忙しく、ワンオペ育児がつらい
● 自分の育児の方法に自信が持てない
● 赤ちゃんと過ごす時間が長く、孤独を感じる
● 両親や義両親からあれこれ口出しされる
● 産後の体型や身だしなみに気を使う余裕がない

こうしたストレスがあることを自覚したうえで、そんななかでも頑張っている自分をきちんと認めてあげましょう。

そのうえで、自分がどんなことを負担に感じているのか、旦那さんや信頼できる友人などに話してみると、具体的な解決策を考えることができるかもしれません。

周りに頼れる状況ではないときは、専門家のカウンセリングを受けたり、心療内科を受診したりするのも一つの方法ですよ。

産後の胃痛がつらいときの対処法は?

皿 プレート フォーク スプーン 食事 野菜

胃痛の原因と考えられるストレスを把握し、できるだけ取り除くと同時に、弱っている胃をいたわることも大切です。次のとおり食事の方法を工夫してみてくださいね。

消化にいいものを食べる

胃痛があるときは、温かくて消化にいいものを食べるようにしましょう。例えば、おかゆや雑炊、しっかり煮込んだうどん、にゅうめんなどがおすすめです。

調理するときに、食材を細かく切っておくのも、胃腸への負担軽減につながります。

よく噛んで食べる

育児で忙しいと、食べ物をあまり噛まずに飲みこんで、パッと食事を終えてしまうことも多いかもしれません。

しかし、十分な唾液を分泌し、胃の負担を軽減するためにも、よく噛んで食べるようにしましょう。咀嚼することで満腹感が得られるので、食べすぎを防止することもできますよ。

食後は少し休む

食べた直後にお風呂に入ったり、体を忙しく動かしたりしてしまうと、消化に必要な血液が胃腸に流れにくくなってしまいます。食後は最低でも30分は休むようにしてくださいね。

授乳中に胃痛…薬を飲んでもいいの?

女性 薬

産後の胃痛があまりにひどいと、薬に頼りたくなることも。でも、授乳しているときに薬を飲むと、成分が母乳に混ざってしまうのでは…と心配になりますよね。

実際のところ、ママが薬を飲むと、ほとんどの薬の成分が母乳に移行するものの、その量は非常に少なく、赤ちゃんへの影響は小さいといわれています(※1)。

「授乳中に服用しても問題ない」と説明書などに明記されている市販の胃薬には、「太田胃散」や「ビオフェルミン健胃消化薬錠」などがあります(※2,3)。

ほかの市販薬のなかには、授乳中の服用を避けた方が良いとされるものもあるので、まずはかかりつけの医師や薬剤師に相談のうえ、できるだけ安全に飲める胃薬を選ぶようにしてくださいね。

産後に胃痛が続く場合は病院へ

医師 女性 日本人

産後の胃痛の原因のほとんどは、育児を中心とした様々なストレスだと考えられます。ストレスを自覚している人もいれば、そうでない人もいるかもしれません。

いずれにしても、痛みがあるということは体がSOSのサインを出しているということなので、ママひとりで無理していないか、食生活が乱れていないかなど見直してみてくださいね。

食事の仕方を工夫してみたり、胃薬を飲んだりしても胃痛が治まらない場合は、ピロリ菌が原因で胃炎や胃潰瘍を起こしている可能性もあるので、できるだけ早く病院を受診しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう