出産報告はどうする?文例やタイミングは?SNSやメールでもいい?

長い妊娠期間と出産を経て待望の赤ちゃんが生まれると、今度はお世話で大変な毎日がやってきます。忙しくバタバタとしているなかでも、忘れてはいけないのが出産報告。でも、どのタイミングでどのようにすべきなのか、迷うママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いつ・誰に・どうやって報告するのか、LINEやSNSで簡略化していいものなのか、はがきやメールで使えるおすすめの文例などについてもご紹介します。

出産報告はいつ誰にする?正しい順番は?

赤ちゃん 足

出産報告は知らせるタイミングが大切です。両親や兄弟姉妹への報告が遅れると心配をかけてしまうので、赤ちゃんが生まれたらすぐにパパに電話で知らせてもらうようにしましょう。親しい友人にも、産後すぐに出産報告ができるといいでしょう。

職場の上司や同僚には、出生届を申請するときなど、できるだけ早いタイミングで連絡しましょう。職場に早く報告しておくことで、出産関係の手当や書類の準備がスムーズに進められます。

一方、あまり親しくない友人や遠い親戚には、急いで報告することはありません。むしろ、早めに知らせるとお祝いの催促をされたと感じる人もいるかもしれないので、ある程度時間をおいて報告するといいでしょう。

ただし、「この人には報告をしてほしい」という希望が両親にあるかもしれないので、優先的に報告しなければいけない人がいるかどうかを妊娠中に確認しておくことも大切です。

一般的な出産報告の順番

  1. 1. 両親、兄弟姉妹、親しい友人
    2. 職場の上司や同僚、仲人
    3. おじ・おば、その他の親戚、それほど親しくない友人

妊娠中にママとパパで相談をして、連絡先のリストを作っておくと安心です。リストを活用すれば、誰から出産祝いをもらったのか、誰にお返しを贈ったかの管理もできます。ただし、お返しは地方ごとの慣習があるので、贈る前に両親に相談するのがおすすめです。

出産報告の方法は、SNSやメールでもOK?

スマホ パッド 電子機器 電磁波

最近では、FacebookやInstagramなどのSNSで出産報告をする人も増えてきましたよね。友人知人に一度に知らせることができて便利ですが、親しい友人や職場の上司やお世話になった方へは別途きちんとした形で報告するようにしましょう。

SNSではなく、個別に連絡することで、日頃の感謝の気持ちを直接伝えることができますよ。

報告する方法としては、親しい友人であれば個別のLINEやメールでも問題ありません。職場の上司や目上の方の場合は、はがきや口頭、メールのいずれかが無難です。

それほど親しくない人には、SNSで報告を済ませるだけでもいいですが、相手との関係や立場によっては年賀状や暑中見舞いのタイミングで報告してもいいでしょう。年末年始に出産の場合は、寒中見舞いでの報告でも大丈夫ですよ。

出産報告の文例!メール、はがきにはどう書けばいい?

手紙 ハート

出産報告には赤ちゃんの名前、生まれた月日、性別、生まれた後の赤ちゃんの様子など、もらった相手が知りたい情報を簡潔に入れるようにしましょう。ここでは、出産報告メール・はがきの文例をご紹介します。

友人への出産報告メール

(平成〇〇年)〇月〇日に、体重〇〇グラムの元気な男(女)の子を出産しました!


名前は〇〇です。


退院後落ち着いたら、顔を見に遊びにきてね。

職場への出産報告メール

妊娠中、出産ではいろいろとご迷惑をおかけしましたが、おかげさまで〇月〇日に元気な男(女)の子を出産いたしました。


名前は〇〇です。


しばらくはご迷惑をおかけいたしますが、これからもどうぞよろしくお願いします。また落ち着きましたら改めてご連絡させていただきます。

年賀状・はがき

謹んで新年のお慶びを申し上げます。


昨年〇月〇日に、我が家に新しい家族が加わり、楽しく賑やかな新年を迎えております。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。


本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

会社の上司や仲人への改まった寒中見舞い・暑中見舞いはがき

本格的な寒さ(暑さ)を迎えておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。


私事ではございますが、平成〇〇年〇月〇日に、我が家に男(女)児が誕生し、〇〇と名付けました。


(昨年同様、)親子ともども末長いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

出産報告は相手への気づかいも大切

子育て 仕事 両立 パソコン ママ 赤ちゃん

出産報告はおめでたい話ではありますが、相手によって受け取り方も様々です。よく状況をみて、慎重に行いましょう。

写真をたくさん添付したり、あまりに幸せをアピールしたりしてしまうと、子宝に恵まれない友人などには不快な思いをさせてしまうこともあります。ハッピーなオーラは自分の周囲だけにとどめ、出産報告は、あくまでもシンプルな報告にとどめるようにしましょう。

そのうえで、無事に出産できたことは周囲の支えもあったからだということも認識し、相手に日頃からの感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう