生理痛が重いと妊娠しにくいって本当?不妊解消のための対策は?

「生理痛が重いと妊娠しにくい」という話を耳にしたことがある女性もいるかもしれませんが、それは本当なのでしょうか?生理痛で毎月つらい思いをするだけでも大変なのに、妊娠しにくいとなると不安になってしまいますよね。そこで今回は、生理痛が重い原因と不妊との関係性、妊娠に向けて体質を改善する方法をご説明します。

生理と妊娠との関係は?

疑問 クエスチョン

まず、生理のメカニズムについて簡単につかんでおきましょう。

女性の体内では、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンが分泌されることで、生理周期が作り出されています。

エストロゲンの作用で子宮内膜が厚くなったあと、卵巣から排卵が起こり、プロゲステロンの働きで子宮内膜の厚い状態が維持されます。このサイクルの中で、卵子と精子が出会って受精し、受精卵が子宮内膜に着床すれば「妊娠」となります。

妊娠が成立しなかった場合は、不要となった子宮内膜が剥がれ落ちて、経血として体外に排出されます。これが「生理(月経)」です。

毎月規則正しいサイクルで生理があるということは、女性ホルモンが正常に分泌されている証拠なので、妊娠するための体の準備はできていると考えられます。

生理痛が重い原因は?

腹痛

生理のときに感じる痛みの強さには個人差があり、症状も様々です。下腹部痛や腹痛のほか、頭痛や腰痛、下痢、吐き気や体のだるさなどを併発する人もいます。

生理痛が起きる原因は、まだよくわかっていない部分も多いですが、痛みが強い場合、次のような原因があると考えられています。

プロスタグランジンの分泌が多い

生理痛が重い女性は、そうでない女性よりも血液中の「プロスタグランジン」の濃度が高いことがわかっています(※1)。

プロスタグランジンとは、子宮内膜で作られるホルモンで、子宮内膜が剥がれてスムーズに排出されるのを助ける働きをします。しかし、分泌量が多すぎると子宮の過度な収縮につながり、ひどい腹痛や頭痛、嘔吐などの原因になります(※1)。

プロスタグランジンの分泌量がなぜ人によって異なるかは明らかになっていませんが、プロスタグランジンの合成を抑制する非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を使うと子宮収縮が弱まり、生理痛がやわらぐことはわかっています(※1)。

子宮口がせまい

年齢が若かったり、出産の経験がなかったりする女性は、子宮の出口がせまく、経血がスムーズに排出されないことで、生理痛がひどくなる傾向があります。

生理痛の強さのピークは20~25歳ともいわれ、30歳を過ぎたり、妊娠・出産を経験したりすると、生理痛が軽くなることもよくあります(※1)。

冷えにより血行が悪くなっている

体が冷えて血液の巡りが悪くなっていると、経血がスムーズに排出されないため、プロスタグランジンが過剰に分泌され、生理痛が増してしまうことがあります。

そもそも生理中はプロスタグランジンの作用で血管が収縮し、血行不良になりやすいので、お腹まわりや下半身を冷やさないよう気をつける必要があります。

そのほか、ストレスや運動不足、不規則な生活により、自律神経やホルモンバランスが乱れることも冷えにつながりますよ。

生理痛が重いと妊娠しにくい?不妊になる?

ルーペ 本

生理痛の重さと不妊に直接的な関係はなく、生理痛が重いからといって、必ず妊娠しにくいわけではありません。

ただし、次に挙げるとおり、重い生理痛を引き起こしている原因によっては不妊につながる恐れもあるので、一度婦人科を受診することをおすすめします。

ホルモンバランスの乱れ

女性の体はデリケートで、ちょっとした環境の変化や体調によって、簡単にホルモンバランスが崩れてしまうもの。

一時的にアンバランスになっているだけであれば心配しすぎる必要はありませんが、適切な対処をしないまま放置してしまうと、卵胞が育たない、排卵がうまく起こらない、子宮内膜に着床しにくいといった状態に陥り、不妊につながります。

婦人科系の病気

あまりに生理痛がひどかったり、生理が来るたびに痛みが強くなったりする場合、「子宮内膜症」や「子宮腺筋症」などの病気が隠れている可能性もあります(※2)。

どちらも、子宮内膜に似た組織が、子宮の内側以外のところで増殖し、炎症を起こす病気で、排卵や受精卵の着床に影響を与えるため、不妊の原因になります(※2)。

重い生理痛を和らげて、不妊を防ぐには?

診察

重い生理痛の原因が子宮内膜症などの婦人科系疾患である場合、症状を改善するには適切な治療を受ける必要があります。病院を受診し、医師の指示にしたがって治療を行いましょう。

特に病気ではないものの、ホルモンバランスの乱れや冷えによって生理痛がひどくなっていると考えられる場合は、生活習慣を少しずつ改善していきましょう。

妊活の基本ともいえますが、栄養バランスのとれた食事・適度な運動・質の良い睡眠を心がけることが大切です。特に生理中は、ひざ掛けを使う、冷たい飲み物を飲まない、湯船にゆっくり浸かるなどして、体を冷やさないよう気をつけてくださいね。

普段の生活のなかでこのような工夫をしてみても、なかなか生理痛が軽くならない場合は、婦人科でピルや漢方薬を処方してもらうのも一つの方法です。

重い生理痛で、妊娠しにくくなる前に

女性 ストレッチ 運動

「生理痛はみんなつらいもの」と考えている女性も多いと思いますが、生理痛の原因として考えられるものを取り除き、適切な対処をすることで、もっと快適に過ごせる可能性はあります。つらいときは、ひとりで我慢しないでくださいね。

重い生理痛の背景に、不妊につながる要因が隠れていることもありうるので、まずは一度、婦人科の医師に相談してみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう