マイコプラズマ肺炎で熱が下がらない!熱なしの場合もある?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

子供がかかりやすいマイコプラズマ肺炎は、なかなか咳が治まらない病気です。しかし咳以外にも、発熱や鼻水、発疹など、さまざまな症状があらわれます。今回はマイコプラズマ肺炎にかかったときの発熱について、どのくらい続くのか、熱が出ないこともあるのか、高熱が下がらないときの対処法などをご紹介します。

マイコプラズマ肺炎とは?発熱するの?

子供 発熱 高熱 風邪

マイコプラズマ肺炎は、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染しておこるマイコプラズマ感染症のうち、肺に炎症が起こった状態のことを言います。

マイコプラズマ肺炎は14歳以下がかかることが多く、患者の約80%がこの年代です(※1)。特に5~9歳が最も多く感染しています。

飛沫感染や接触感染により肺炎マイコプラズマに感染すると、2~3週間という比較的長い潜伏期間を経て、発熱や頭痛、全身のだるさなどの症状があらわれます(※1)。子供の場合は、鼻水や鼻づまりも見られます。

その後「コンコン」という乾いた咳が出始め、次第にひどくなっていきます。気道が狭くなるため、呼吸時にヒューヒュー・ゼイゼイと音がすることもあります。

咳は3~4週間続き、その間、声のかすれ、発疹、腹痛などが起こることもあります(※1)。

最初にあらわれる症状は他の感染症と似ており、マイコプラズマ肺炎であることを判別することは難しいのが実情です。

しかし熱がなかなか下がらなかったり、咳がひどくなったりしたときには、マイコプラズマ肺炎が疑われます。その場合は、迅速診断キットなどを使用して検査を行うこともあります(※1)。

マイコプラズマ肺炎で熱なしや微熱、高熱になることもある?

先生 医師 病院 はてな ?

前述したとおり、マイコプラズマ肺炎は、一般的に発熱することが多い病気です。高熱がなかなか下がらないこともあります。

一方、同じマイコプラズマ感染症のなかでも、炎症が肺まで及ばず軽度の場合は、症状が比較的軽くなります。その場合は、熱が上がらないことや、微熱で済むこともあります。

マイコプラズマ肺炎で高熱が下がらないときは解熱剤を使える?

子供 布団 風邪 薬

マイコプラズマ肺炎は、抗生物質を適切に使用することにより、治癒を早めることができます。

そのためマイコプラズマ肺炎で高熱が下がらないときは、一時的に熱を下げることしかできない解熱剤を使用するよりも、病原体である細菌に直接効く抗生物質を使用した方が、効果が見込めます。

抗生物質は「マクロライド系」と呼ばれるものが第一の選択肢とされているものの、マクロライド系に対して耐性がある細菌が増えているため、それ以外の種類の抗生物質を使用することもあります(※1)。

マクロライド系に対する耐性がない細菌による発症の場合は、マクロライド系抗生物質を使用することにより、約80%が2~3日後に解熱します(※2)。

また、マイコプラズマ肺炎で7日以上発熱が続き、医師が必要と判断した場合には、ステロイドの全身投与が検討されることもあります(※2)。

マイコプラズマ肺炎の高熱は違う病気のサインかも?

赤ちゃん 歯磨き ポイント 電球 ひらめき

マイコプラズマ肺炎は、発熱が最初の症状としてみられることが多い病気です。

しかしそのような病気は他にもあるため、発熱が始まった段階ではマイコプラズマ肺炎かどうかの判断は難しいものです。初期の症状が似ていて、間違える可能性がある病気は以下の通りです。

インフルエンザ

例年12月~翌3月までに流行することが多く、38度以上の高熱や頭痛、全身のだるさから発症します(※3)。普通の風邪と同じように、鼻水や喉の痛み、咳なども見られます。

ただしマイコプラズマ肺炎と異なり、咳だけが長引いたり、咳がだんだんとひどくなったりすることはありません。

RSウイルス感染症

鼻水から始まり、続いて38~39度の熱や咳が起こります(※4)。初めてかかった乳幼児のうち、25~40%は細気管支炎や肺炎の兆候があり、入院して経過を観察することもあります。

RSウイルスは子供から大人まで感染するものの、特に0歳児と1歳児が重症化しやすい病気です(※4)。母親から受け継いだ抗体が残っているとされる、生後6ヶ月未満の赤ちゃんにも感染します。

マイコプラズマ肺炎は熱が下がったら安心?

子供 咳 熱 病気 風邪

マイコプラズマ肺炎は、熱が下がったあとに咳がひどくなっていくこともよくあり、解熱したからといって安心することはできません。

また病原体である肺炎マイコプラズマは、症状があらわれる2~8日前から発症後4~6週間以上までの長期にわたり、咳や鼻水と共に体外に排出されます(※5)。

排出のピークは発症直後から1週間で、それ以外の期間は周囲の人にうつす可能性は高くないものの、解熱後の咳にも感染力があるということは覚えておきましょう。

マイコプラズマ肺炎は高熱や長引く熱に注意

ママ 子供 娘 女の子 親子

マイコプラズマ肺炎は咳が主症状のように思われがちですが、実は発熱にも注意が必要です。高熱が続くと体力が失われ、食欲もなくなり、脱水気味になってしまうこともあります。

また発熱が続いた場合は、マイコプラズマ肺炎が長引いているサインかもしれません。

前述のとおり、マイコプラズマ肺炎は発症したてで判断することが難しい病気なので、一度病院を受診したあとでも、気になる症状が見られたら再度病院で診てもらってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう