5歳でおねしょが続く原因は?どんな対策が必要?病院へ行く目安は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

子供が5歳になっておねしょをしていると、「いつまで続くのかな」と、不安に感じることもありますよね。子供の成長には個人差があるので、5歳でおねしょをする子もいます。しかしおねしょの頻度が高い場合は、対策をする必要があることもあります。今回は、5歳でおねしょが続く原因や、どんな対策が必要か、病院へ行く目安なども含めてご説明します。

5歳でもおねしょをするの?

男の子 考える

子供は、5歳でもおねしょをすることがあります。子供のトイレに関する成長は個人差が大きく、6歳くらいまでみられることも少なくありません。

幼少期のおねしょは、成長過程でみられる生理的な現象であることがほとんどです。昼間の排尿リズムが確立していない時期であれば、過剰に心配する必要はありません。

しかし5歳くらいになると、おねしょをする頻度や状態によっては、泌尿器科に相談した方が良いこともあります。これから紹介する内容を参考に、子供の様子を見てあげましょう。

5歳でおねしょが続く原因は?

疑問 クエスチョン

小さな子供のおねしょが続く原因は、膀胱が未発達であることや、排泄コントロールが未熟であること、尿を濃くするホルモンの働きが不十分などがあります(※1)。

これらは体が成長するとともに自然と解決されるため、おねしょも自然と治っていくのが一般的です。

しかし、5歳を過ぎてもおねしょが続く場合は、「夜尿症」である可能性も考えられます。

夜尿症は、おねしょと良く似ていて、夜の寝ている間におしっこを漏らしてしまう病気のことです。「5歳を過ぎても、週に2回以上の頻度で、少なくとも3ヶ月以上おねしょが続く」場合、夜尿症と診断されます(※2)。

夜尿症は、これまでに説明したおねしょの原因や、先天的な泌尿器科の疾患、尿意で目を覚ますことができない覚醒障害など、いくつかの原因が複合して起こるのが特徴です。

5歳のおねしょは病院へ行くべき?

病院 受付

5歳でおねしょが続き、夜尿症が疑われたとしても、夜尿症は成長とともに自然と治ることがほとんどなので、しばらくは様子を見ても良いでしょう。

しかし、夜間だけでなく昼間にも、突然の尿意でトイレに間に合わず、おしっこを漏らしてしまう状態が頻繁にみられるようであれば、「先天性の泌尿器科疾患」「過活動膀胱」である可能性もあります(※2)。

その場合、治療が必要なこともあるため、一度泌尿器科に相談してみるといいでしょう。

5歳のおねしょはどうすれば治る?

おねしょ 夜尿症 子供 おしっこ

5歳のおねしょはある程度しょうがない部分もありますが、早くおねしょから卒業するためには、生活習慣を見直したり、子供の心のケアをしたりすることが大切です。

以下を参考に、できることから実践してみてください。

生活習慣の見直し

・ 規則正しい生活を心がける
・ 必要以上の水分や塩分の摂取は控える
・ 寝る前にトイレに行く

生活習慣の見直しは、夜尿症の治療のひとつでもあります。

ただし、夏場などは夜間に大量に汗をかきます。水分を無理して控えすぎるのではなく、過剰な摂取を控えるようにしてくださいね。

また、夜間の決まった時間に子供を起こすのはおすすめできません。睡眠時間が削られることで、日中の活動に支障をきたすこともあるからです。

上記のように、寝る前に対策をしておきましょう。

子供の心のケア

・ おねしょをしても怒らない、責めない
・ 周りの子と比べない
・ 成功したら褒める

おねしょが続くことで、子供自身が悩んでいることもあります。照れ隠しでふざけている子も、内心は落ち込んでいるかもしれません。

そのため、おねしょをしても怒ったり責めたりせず、「次はがんばってみようか」と、前向きな声かけをしてあげてください。そして、成功した日はたっぷり褒めてあげることも大切ですよ。

5歳のおねしょ対策は?

電球 発見 注意

5歳でおねしょが続くと、夜中に布団や服を片付けたり、ぐずる子供を再び寝かしつけたりと、ママやパパの負担が増えてしまいます。

ママやパパが楽になるよう、下記のような対策をしてみるのもおすすめです。

おねしょ対策

・ おねしょパンツやズボンを活用する
・ おねしょ用の防水シーツを敷布団にかけておく
・ 着替えのパジャマを用意しておく
・ 濡れた布団の応急処置グッズを置いておく
・ 夜だけおむつをつける

夜におむつをつけるのを嫌がる場合は、通常のパンツと同じような柄でありながら、吸水性が高くて消臭効果のある、「おねしょパンツ」を活用してみてください。

また、おねしょが直接敷布団に染みてしまったときのために、水分を吸収する厚手のバスタオルと消臭スプレーを準備しておきましょう。

翌朝に洗濯するまでの応急処置として、おすすめですよ。

5歳のおねしょは子供の気持ちに寄り添って

親子 母 娘 女の子 笑顔

3~4歳くらいまではあまり気にならなかったおねしょも、5歳になると気になり始めるママやパパも多いようです。「もうすぐ小学生だけど大丈夫かな」と、成長スピードに不安を感じることもあるかもしれません。

しかし子供の成長には個人差があるので、おねしょが治る時期もそれぞれ違います。周りの子と比べず、我が子の気持ちに寄り添ってあげましょう。

5歳頃は、自我が芽生える時期でもあります。赤ちゃんの頃と違って、子供なりにプライドも持っているので、気持ちに寄り添ってあげることがとても大切です。

おねしょの状況をしっかりみつつ、病院へ行く必要があれば子供にも優しく説明してあげるなど、家族で協力して、おねしょと向き合っていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう