里帰り出産の準備!荷物はどうする?必要な持ち物リストを紹介!

里帰り出産を選ぶと、実の父母や兄弟姉妹が近くにいるので、いざというときも安心で、出産後の赤ちゃんのお世話を手伝ってもらうこともできます。しかし、出産前後に必要なものを持っていかなくてはいけないので準備が大変です。自宅と実家との距離があればあるほど、荷物がかさばってしまいがちですよね。今回は、里帰り出産の準備をするときのポイントや実家に帰るときに必要な持ち物などについてご紹介します。

里帰り出産の準備はいつから始める?

カレンダー 時期

里帰り出産では、妊娠30~35週頃を目安に実家に帰ることが多いので、妊娠28週頃までに荷物の準備をしておくといいでしょう。

自宅近くで出産をして、その後で赤ちゃんを連れて里帰りする場合は、出産予定日の1ヶ月前頃までに準備をしておくと、予定日より早く生まれた場合も安心ですよ。

里帰り出産の荷物を準備するポイントは?

妊婦 出産準備

里帰り出産に向けて荷物を準備するときに注意したいポイントは次の通りです。

滞在期間に合わせたものを準備

実家にどれくらい滞在するかによって、必要なものが変わってきます。産後1ヶ月を過ぎたら自宅に戻るママは、実家にいる間に外出することは少ないので、ベビー服やママの洋服は少なめで大丈夫です。

産後2ヶ月目以降も実家に滞在する場合は、ママの服を多めに持っていくほか、赤ちゃんの成長に合わせた服も揃えておくようにしましょう。また、滞在期間中に気候が大きく変わることもあるので、衣類は次の季節を見越して準備していきましょう。

用途や使用時期ごとに分ける

里帰り出産に向けて準備をするときは、ママが使うものと赤ちゃんが使うものを分けてパッキングしましょう。さらに、出産前・入院中・退院後、それぞれの時期で使うものを分けておくと、実家に着いたときに荷物が整理しやすいですよ。

実家とこまめに連絡をとる

実家の両親も、娘の里帰り出産に向けて、いろいろな準備をすすめているはずです。特に母親は、自分が出産したときのことを思い出しながら、こんなものが必要だろうと、ベビー用品やマタニティウェアを揃えていることもあります。

反対に、きっと実家で準備してくれているだろうと考えていたものが、いざ帰ってみると準備されていないかもしれません。

里帰りをする数週間前からは、実家にこまめに連絡をして、あるものとないものを確認しておきましょう。

荷物の運び方を決めておく

実家までの距離や移動手段によって、荷物の運び方が変わってきます。旦那さんや父母に実家まで車で送ってもらえるときは、荷物を詰めたバッグやトランクを持っていくことができますが、1人で電車や飛行機に乗って移動するときは、事前に宅配便で送るなどの工夫が必要です。

里帰り出産の持ち物リストは?

チェック リスト 黒板

それでは、実際に里帰りするときにはどのような持ち物が必要なのでしょうか。以下に主な持ち物をリストアップしたので、参考にしてくださいね。

ママが使うもの

出産前や退院後に実家で使用

□ マタニティウェア(授乳服としても使えるものを選ぶと便利)
□ 産前産後用の下着
□ パジャマ
□ 化粧品

健診や入退院時の手続きに必須

□ 母子手帳
□ 診察券
□ 健康保険証
□ 印鑑

陣痛・分娩中や入院中にあると便利

□ 前開きのパジャマ
□ 産褥ショーツ
□ 産褥ナプキン
□ 薄手のカーディガンやガウン
□ スリッパ
□ タオル
□ 歯みがきセット
□ 洗面用具
□ メガネやコンタクトレンズ(普段使用している場合)
□ デジタルカメラ・ビデオカメラ

赤ちゃんが使うもの

□ 短肌着:3~5枚
□ 長肌着:1~3枚
□ コンビ肌着:2~3枚
□ ツーウェイオール:2~3枚
□ ガーゼハンカチ
□ 哺乳瓶

赤ちゃんが生まれたら色々な服を着せてあげたい、と思うかもしれませんが、ベビー服は基本的なものだけを持っていけば大丈夫。おしゃれをさせてあげるのは、実家から自宅に戻り、外出ができるようになってからにしましょう。

里帰り出産で準備しなくていいものは?

お風呂

里帰り出産に必要な持ち物は、実家に着いてから買い揃えることも可能です。おむつやおしりふき、粉ミルクといった消耗品や、ママが使うシャンプーや歯ブラシのような日用品は、実家に着いてから準備するといいかもしれません。

実家に連絡をして、近くにベビー用品を購入できる場所があるかどうか確認しておくと安心です。実家近くにお店がない場合は、ネットストアや通販を利用すると便利ですよ。

また入院中の持ち物については、出産する病院で用意されていることもあるので、里帰り後の妊婦健診で医師や助産師に聞いておきましょう。

里帰り出産でベビーベッドは準備しておくべき?

グッズ ベッド 睡眠

実家にベビーベッドを用意するかどうか迷っている妊婦さんも多いですよね。ベビーベッドには柵がついているので、ママがちょっと部屋を離れるときも安心して赤ちゃんを寝かせることができます。

一方で、里帰り出産では、誰かしらが赤ちゃんの面倒を見ることができるので、ベビーベッドがなくても問題ないという意見も聞かれます。ベビーベッドは場所をとるので、父母ともよく相談して準備するかどうかを決めてくださいね。

実家にベビ一ベッドを置く場合は、レンタルがおすすめです。里帰りが終わったら返却することができ、必要があれば使用期間を延長することもできますよ。

里帰り出産の準備は早めにしよう

里帰り 妊婦 荷物 キャリーバッグ

里帰り出産の準備を始めると、あれもこれもとついつい詰め込んで、荷物がかさばってしまいがちです。実家の近くで準備できるものは、里帰り後に揃えるようにしましょう。

赤ちゃんグッズは、どのくらい使うのか、どんなタイプが肌にあっているのかなど、出産してからでないと分からないこともあります。準備するものは、必要最低限に留めておくこともポイントです。

せっかくの里帰り出産なので、両親の力も借りながら早めの準備をして、安心して出産に臨めるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう