子供にジュースはいつから与えていい?与えるときの注意点は?

監修医師 歯科医師 茂山 久夫
茂山 久夫 九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。日本歯周病学会、J.A.C.D(The Japanese Academy of Compre... 監修記事一覧へ

子供の離乳食がはじまり、少しずつ固形物が食べられるようになり、母乳やミルク以外の飲みものも飲めるようになると、嗜好品としておやつを食べる機会も増えてきますよね。この時期にママやパパが気になるのは子供の虫歯ではないでしょうか。今回は、虫歯になりやすい食べものや、子供がジュースを飲んでもいい時期を含め、食べ方についてもご紹介します。

そもそも、虫歯になる原因は?

医療 歯 虫歯 虫歯菌 虫歯予防

そもそも虫歯は、虫歯菌と呼ばれるミュータンス連鎖球菌が原因です。虫歯菌は、歯に付いた食べかすに含まれる糖分を分解してプラークを増殖させ、その時に酸を発生させます。その酸が歯の表面を溶かす(脱灰)ことで、虫歯ができます(※1)。

日頃から歯をきれいな状態にしていれば、唾液中に含まれるカルシウムが脱灰した部分を再石灰化し、虫歯の抑制や歯を強化することができます。

つまり、糖分を多く含む食べ物を摂り続けたり、汚れを付着させたままでいたりすると、虫歯ができやすくなります。

子供の虫歯は、乳歯の時期からできると口内に虫歯菌が増殖し、平行して生えてくる永久歯にも影響を与えます(※1)。乳歯が生え始めた時点で、ママやパパが歯のケアを行ってあげましょう。

子供が虫歯になりやすい食べものや飲みものは?

グッズ 食事 お皿

子供が虫歯になりやすい食べものは、糖分(ショ糖、スクロース)を多く含むものです。

糖分は甘い洋菓子などに多く含まれますが、食事にも少なからず含まれています。甘いお菓子を食べていないからといって、歯磨きをしなくてもいいわけではありません。

ここでは、できれば控えたほうが良い、糖分を多く含む食べものや飲みものをご紹介します。

虫歯になりやすい食べもの

口の中に長く入り続ける飴やガム、粘着性のあるキャラメルやチョコは、あまり早い時期はおすすめできません。スナック系のお菓子も口の中でドロドロとした状態になり、歯のくぼみや隙間に入り込んで付着しやすくなります。

クッキーやクラッカーといった洋菓子も糖分が多いので控えたほうが良いですが、食べる場合は量に注意してください。

虫歯になりやすい飲みもの

野菜ジュースは体に良いように感じますが、成分表を見て糖分が少ないもの、入っていないものを選んでください。イオン飲料も、経口補水液(経口維持輸液)に比べて糖分が多く、日常の生活で飲み続けると虫歯になりやすくなります(※2)。

また、炭酸や酸味のある果汁は、大量に摂取すると「酸蝕症」といって、歯が溶けて神経が出てきてしまうことも(※3)。さらに、炭酸に糖分が多く含まれていれば、虫歯を招きやすい状態になります。

子供はいつからジュースを飲んでもいい?

オレンジジュース 飲み物

子供のジュースは、歯磨きが十分にできる時期を目安にしましょう。

厚生労働省によると、離乳食が始まる生後5~7ヶ月頃までは、母乳や粉ミルク以外の水分は特別に必要ではないとされています(※4)。

子供のジュースは、離乳食が始まる頃を目安にしつつ、飲ませるときは以下の注意点を参考にしてください(※3,4,5)。

ジュースを飲むときの注意点

・ダラダラ飲み続けない
・イオン水や経口補水液(経口維持輸液)は汗をかいたり発熱したときだけにする
・日常的に飲むものはお茶や水にする
・哺乳瓶で糖分が多いものを飲むと虫歯になりやすいので、離乳が進んだらスプーンやコップで飲む
・乳歯が1本でも生えていれば、ガーゼや歯ブラシでケアする

子供の虫歯は母乳や粉ミルクでもできるの?

母乳 授乳 母乳育児 赤ちゃん 新生児

子供の虫歯は、母乳や粉ミルクでもできることはありますが、母乳や粉ミルク自体に問題があるというより、飲み方が大きく影響します。

母乳や哺乳瓶による粉ミルクは、赤ちゃんの上の前歯に虫歯ができることが多く、これは乳首を吸うときに上唇と上顎、舌の間に乳首を挟むため、前歯付近に母乳やミルクが溜まりやすいことが原因のひとつです。

また、飲んだまま眠ると、母乳やミルクが口の中に溜まり続けてしまい、さらに唾液量が減る夜間に授乳すると、虫歯になりやすくなります(※1)。

母乳に関しては、ほかの食べものや飲みものに比べてプラークを作りにくい特徴があります。母乳だけを摂取している時期は過剰に心配する必要はありませんが、離乳食と平行する時期は、食べかすが歯に付着して虫歯になりやすいので注意しましょう。

子供が虫歯になりやすい食べものはママやパパが制限しよう

家族 パパ ママ 子供 両親 母 父 娘 食事

子供の虫歯を防ぐためには、しばらくはママやパパが食べ方や食べるものを気にかけてあげる必要があります。3歳未満の子供に対しては、ある程度、糖分の摂取を制限してあげることも大切ですよ(※1)。

砂糖にかわる代用糖として、キシリトール(糖アルコール)やパラチノース、オリゴ糖を使った食べものを選ぶのもいいですね。しかし、絶対に虫歯にならないというわけではありません。ケアを習慣にしながら、虫歯になりにくい工夫をしてあげるよう意識してみてください。

虫歯にならないためにも、食べものや飲みものに気をつけながら、歯医者でフッ化物を塗布するといった虫歯の予防処置も習慣にしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう