赤ちゃんとドライブ!車で出かけるときのポイントと注意点は?

赤ちゃんを連れて初めて長距離をドライブするときは、「途中で赤ちゃんがグズったらどうしよう」「車の中でうんちしたらどうしよう」と不安になりますよね。そもそも、赤ちゃんはいつからドライブをしてもいいのか疑問に感じているママも多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃん連れのドライブはいつからできるのか、赤ちゃんと一緒にドライブするときのポイントや注意点をまとめました。

赤ちゃんとのドライブはいつから?

赤ちゃん 車 ドライブ チャイルドシート ぬいぐるみ 

新生児向けのチャイルドシートを正しく取り付ければ、新生児から車に乗せることができますが、月齢の低いうちは長時間のドライブはおすすめできません。

首がすわる前の赤ちゃんは、長い時間同じ姿勢でチャイルドシートに座ると体に負担がかかってしまいます。また、車の中は密室で普段とは違う環境なので、不快に感じることも。

生後6ヶ月頃までは、できれば長時間のドライブは避けたいところですが、帰省や旅行でどうしても車で長距離移動をしなくてはいけないときは、赤ちゃんの体調をこまめにチェックして、頻繁に休憩を取るようにしましょう。

車内でおむつ替えや授乳ができるぶん、ついつい続けて車を走らせてしまうかもしれませんが、意識的に休憩を取り、その時間におむつ替えや授乳をするのがおすすめです。

赤ちゃん連れでドライブをするときのポイントは?

赤ちゃん ママ 車 ドライブ チャイルドシート

 

ルートや道路の込み具合を確認しておく

事前に目的地までのルートをしっかりと確認しておきましょう。到着までのだいたいの時間がわかると、おむつ替えや授乳の予定も立てやすくなります。

高速道路を使う場合は、赤ちゃんが急にグズっても車を止めることができないので、出発する前に渋滞予想をチェックしておきましょう。渋滞地点を把握できていれば、渋滞している道路を回避したり、途中で寄り道をして時間をつぶしたりすることができます。

パパと協力して準備する

家族で出かけるときは、ママとパパとで時間差を設けて準備をすると、スムーズに進みます。どちらかが赤ちゃんと遊んだりおむつ替えをしたりして、その間にもうひとりが荷物の準備をしていれば、赤ちゃんがご機嫌なうちにドライブに出発できますよ。

寝ている時間に移動する

車の中は閉ざされている空間なので、ストレスが溜まってしまい、普段の外出時にグズらない赤ちゃんでさえギャン泣きしてしまうことも。ドライブの途中で赤ちゃんが眠れるように、昼寝をする時間帯にあわせて出発するのもおすすめです。

寝てしまったからといって放っておくのではなく、汗をかいていないか、おむつ替えが必要ではないか、こまめにチェックするようにしましょう。

赤ちゃん連れのドライブにおすすめのグッズは?

赤ちゃんと一緒にドライブをするときは、シートに取り付けられるテーブルやバスケットを準備しておくと、ミルクを作るときに便利です。また、車の中でおむつ替えをした時のために、おむつ処理用の消臭ポーチを常備しておくと、消臭対策として活躍しますよ。

エールべべ ソフトリアテーブル

要出典 エールベベ ソフトリアテーブル
出典: ailebebe.jp

運転席や助手席のヘッドレストに取り付けて使うテーブル。マグやペットボトル、ベビーフード、ウェットティッシュが置けるサイズで、ミルク作りにも便利です。使わないときは、さっと折りたたむことができ、場所をとらないのも嬉しいですね。

税込価格
1,830円

ポーチェ 消臭おむつポーチ

ポーチェ 消臭 おむつ ポーチ
出典: www.pouche.co.jp

抗菌防臭効果のある生地を使った消臭おむつポーチ。Lサイズの使用済みおむつが3枚入る大きさなので、長時間のドライブのときも安心です。

取り出し口が大きく開くので出し入れが簡単で、おむつだけでなく汚れた服を入れることもできますよ。

税込価格
2,298円
全10色

赤ちゃんと一緒にドライブするときの注意点は?

はてな 疑問 クエスチョン 空 雲 なぜ

ドライブでお出かけをするのは楽しいことですが、赤ちゃんを連れてドライブするときは、赤ちゃんの体調を第一優先に考えて、万全の準備をしてから出かけましょう。

休憩は頻繁に

まだ体力のない赤ちゃんは、車に乗っているだけで疲れてしまうものです。「2時間おきに1回、30分の休憩」もしくは「1時間おきに1回、15分の休憩」をとり、赤ちゃんが定期的に外気に触れられるようにしてあげましょう。

グズっているときも、外の空気を吸って気分転換すれば、ご機嫌になるはずですよ。

時間に余裕を持つ

ドライブの途中に赤ちゃんが泣き出したり、チャイルドシートに座るのを嫌がったりしたときは、どうしても車を止めなくてはならないことも。

目的地までにかかる予想の時間よりも時間ほど余裕を持って家を出るようにすると、急にグズったときも車を止めて落ち着いて対応することができますよ。

目的地や通過地点の情報を調べておく

赤ちゃんは、ドライブや旅行といった普段とは違う環境に置かれると、熱を出したり、体調を崩したりすることがあります。万が一のことを考えて、目的地に小児科があるかどうか、通過地点に休憩できる場所があるかどうかといったことを調べておきましょう。

おむつや粉ミルクが足りなくなったときに備えて、ドライブの途中や宿泊先の近くにベビー用品を買える店があるか調べておくと、安心ですよ。

しっかり準備をして赤ちゃんと一緒にドライブを楽しもう

家族 ドライブ 赤ちゃん 車

赤ちゃんと一緒にドライブをするときは、前もって準備をしておくことが大切です。初めての長距離ドライブは、ママやパパも緊張してしまうものですが、できるだけ気持ちに余裕をもって、赤ちゃんが快適に車に乗れる環境を作ってあげましょう。

ドライブを楽しみながら、家族で素敵な思い出が作れるといいですね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう