ジュニアシートを助手席に乗せると違反?何歳からOK?

子供とお出かけする際、車があると行動範囲が広がって楽しいですよね。でも、子供が「助手席に乗りたい!」と言い出して困ったことはありませんか?そんなとき、ジュニアシートを使えば助手席に乗せてもいいのでしょうか。今回は、ジュニアシートを助手席に乗せてもいいのか、法律違反ではないか、いつからなら乗れるのかなどをご紹介します。

ジュニアシートとは?チャイルドシートとは違う?

ルール 決まり ノート

道路交通法により、6歳未満の乳幼児を乗せて車を運転するときは、チャイルドシートなどの補助椅子に座らせることが義務付けられています(※1)。

しかし、子供が成長してくるとチャイルドシートに座るのを嫌がることがありますよね。そんなときに使われるのがジュニアシートです。

ジュニアシートは、チャイルドシートが窮屈になった子供向けに作られた補助椅子で、子供の成長に合わせて調整しながら使えるのが特徴です。背もたれつきのタイプや、お尻の下の座席部分だけのブースターシートと呼ばれるタイプ、成長に合わせて背もたれが取り外せ、ブースターシートになるタイプなどがあります。

対象は、体重15〜36kg、身長100〜140cmくらいの子供で、3〜4歳頃になったらチャイルドシートから乗り換える場合が多いようです。

ただし、対象年齢やサイズなどはメーカーによっても異なるので、購入前にしっかり確認してくださいね。

ジュニアシートは何歳まで必要なの?

チャイルドシート ジュニアシート 後部座席 子ども

ジュニアシートに何歳まで乗せるべきかについてですが、法律上は6歳以上になれば着用義務はありません(※1)。

しかし、車のシートベルトは身長が140cm以上の体型を想定して設計されているので、6歳を過ぎても体格が小さい子供はシートベルトだけでは危険です(※2)。そのため、6歳以上になっても、身長が140cmを超えるまではジュニアシートが必要になります。

ほとんどのジュニアシートは10歳前後まで使うことができるので、子供の体格に合わせて使用するようにしてくださいね。

ジュニアシートで子供を助手席に乗せるのは法律違反?

記号 注意 手

子供が助手席に乗りたがったとき、ジュニアシートを使って座らせてもいいのか悩んだ経験がある人も多いと思います。実は道路交通法では、チャイルドシートやジュニアシートを設置する場所についての規定がありません。

つまり、ジュニアシートを助手席に設置しても法律違反にはならず、取り締まりの対象にならないということです。

しかし、法律上は問題ないとしても、助手席に子供を乗せることには危険な面もあるのであまりおすすめできません。詳しくは次の章でご説明します。

ジュニアシートで子供を助手席に乗せないほうがいい理由は?

危険 看板 テープ 注意

子供を助手席に乗せることをおすすめしない理由はいくつかあります。たとえジュニアシートを使うとしても、以下の危険性を考えて子供を助手席に座らせるのは控えたほうが安心です。

エアバックが子供にとって危険

助手席の前面に装着されているエアバックは、あくまでも標準的な体格の大人を守ることを想定して作られています。そのため、助手席のエアバックが開いた場合、子供の年齢によっては衝撃に耐えられない可能性があります。

ジュニアシートの取扱説明書を確認すると、「やむを得ず助手席に取り付ける場合は、座席を一番後ろまで移動(スライド)させて、エアバックが作動した際の影響ができるだけ少なくなるように」などと注意書きを掲載していることが多いようです。

運転時に集中できなくなる

後部座席よりも視界が広い助手席だと、子供がぐずりにくいということはありますよね。しかし、眠い、排泄したいといった理由でぐずったり泣き出したりすると、子供の状態が気になって運転への集中力がなくなります。

その結果、事故を起こしやすくなる可能性があります。

事故による助手席での死亡件数が少なくない

平成26年までは、衝突などの事故が発生した場合、助手席は後部座席よりも死亡者数が多いというデータがありました(※3)。

平成28年の統計ではその順位は入れ替わったものの、1年間で150人以上の死者を出しており、決して事故が少ないとは言えません(※3)。

理由としては、追突されるなどで車のコントロールを失ったときに、障害物が多い道路の左側(助手席側)に突っ込んでしまうケースや、右折時に対向車線の車が助手席側に突っ込むケースが多いことなどが挙げられます。

ジュニアシートでも助手席は控えた方が安全

家族 パパ ママ 子供 手

法律上、6歳以上になればチャイルドシートを使わず助手席に乗せることはできます。ただし、身長が140cmを超えるまでは安全性を考えて、ジュニアシートを使って後部座席に座らせてあげたいですね。

ドライブ中は子供の安全を守ることが最優先。法律だけではなく、メーカーの注意書きなどもよく読んで安全面を考えましょう。家族を守る安全運転で、素敵なドライブを楽しんでくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう